The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上杉軍が鞭聲粛粛として夜、千曲川を渡っていきましたね。
いや~、なんともいえない複雑な気持ちで画面を見ていました。
なんだかんだとチーム武田への思い入れがしこたまあるので、ああ無情といった感じで、勘助のカウントダウンを見守っていたのでした。

別働隊が出陣していったところは、結構感無量になりました。
こいつらが駆けつけたときが勘助の最期とはいえ、「おまいら、一刻でも早く妻女山から戻ってきてくれ」と祈りながら、私も別働隊を送り出したのであります。

それにしても上杉軍は強いですね。
ガックンと拳さんが勘助の命を取るとわかってはいたものの、こうして実際見てみると、ああ非情といった感じでございます。

来週、勘助は散るのか・・・
予告のラストを見ただけで胸がいっぱいになってしまいました。
すごい表情でしたよね。
どんな最期を演じているのか見てみたい反面、勘助の最期など見たくないという気持ちが半分・・・
別に勘助の最期が見たくてこの1年間見続けてきたわけではないずら(TДT)
でも見届けなければずら(TДT)
いったいどんな演出になっているのでしょう。

そういえば海津城・最期の晩餐で大熊?でしたっけ、上杉家のノリについていけず武田家の家臣になった武将(大橋吾郎さん。好きだわ~)が、二人の武将に酒を勧めていましたよね。
この二人が作曲家の千住明さんと題字を書いた書家の柿沼康二さんだと思うのですが、どうなのでしょう。
違っていたらすみません。

魔子さまは最終回で「あっ」とおどろく登場をするとかで、そちらも激しく気になります。
摩利支天にでもなってくれるのか。
それともご主人も出てきて百物語でも語ってくれるのか。
とても楽しみです。

信繁と諸角については、語り尽くせないです。
ただただ合掌です。

合戦シーン、よかったですね。
今までほとんど馬と人が怒濤のように走る合戦シーンがなかったので、きっと最後の川中島で爆発させるんだろなと予想していたら、どうやらその通りみたいでした。
なかなかの迫力と、臨場感のある合戦シーンに感動していました。
今回は武田の騎馬隊があまり出てこなかったこともあり(棒道を疾走する騎馬武者とか)ちと物足りない思いをしていたので。
予算とかいろいろあるのでしょうが、もう少し武田の騎馬軍団を見たかったです。
来週は壮絶な合戦シーンになりそうなので、不謹慎ですが密かに楽しみにしています。


「わが御屋形様は日輪の如く・・・」
これ1回目に語られたセリフですね。
そして千葉ちゃんとの思い出のシーンともども、じ~んとなりました。

そうそう、来週は信玄と謙信の一騎打ちもありますね。
ガックンが大変かっこいいらしいです。
大河の歴史に刻まれるかっこよさだそうです。うひょひょ。

風林火山もあと1回。
今週もたくさんの感動をありがとうありがとうありがとう!!!
魔子さま素晴らしかったですね~。
一瞬にして画面をホラーに転換させていました。
それにしてもこの「おふく」という人物造詣と登場の意味は?
あまりに独自の宇宙を構築していて、演出の意図がまったくわかりませんでした。
魔子さまのほかにも心霊現象があったりと、戦国絵巻なのに一粒で二度おいしいってやつですね。
実に奥が深いです、風林火山。
それにしても魔子さまはさすがの役作り。手を出すタイミングなんか絶妙でしたよね~。
上手いなぁ~と震えながらも感動していました。

今回は御屋形さまと駒井の語らいがとてもよかったです。
実際に亀と高橋さんも仲良しで、今回のようなことを撮影の合間やご飯を食べているときに話していたとステラかHPか何かで目にしたことがあります。
1年という長い撮影期間があったからこその、心情のこもった感動的なシーンだったなと少々じわ~としながら見ていました。

リツ殿も健気でした。
三条夫人もよかったですね。池脇千鶴さんは本当に演技派にならしゃいました。三条夫人のあとに萩乃が続いていないのがなんとも寂しかったです。

で、勘助ですが、不吉なことがいろいろ起こって、ダメ押しで由布姫まで化けて引き留めに出たのだから、川中島には行くなとTVに向かって言いたかったです。
もうリツが待つこの館には帰れないんだよと。
だから出陣するのはヤメロとメールしてやりたかったです。
あんなに賢くしぶとい勘助が、と思うと切なさ爆発であります。

ガックンのほうは、こちらはこちらで相変わらず独自の宇宙を構築していましたが、今週はかっこよかったですよね。
衣装が洋の東西、時空までも超えたものをお召しでしたが、似合っているからよし。
家臣の皆さまは誰も突っ込まなかったのだろうか。
写真集、早く買わないとだわ。

鬼美濃は助かっていてよかったです。

そうそう、海津城から見えた上杉軍、これは感動しました。
夜の闇の中、松明を手に行軍していくシーン。
このシーン、よかったですよね~。ロマンだ~。

来週からいよいよ合戦が始まります。
早くも信繁が(TДT)となってしまうのでしょうか。最終回まで引っぱるかと思ったのですが。
どんな映像を見せてくれるのか、今から楽しみです。
あと2回、気合い入れて拝まなければ。
今週も感動をありがとうありがとうありがとう!!
ヒイィィィィィィィィィ――――ッ!!

予告ですべてがフッ飛んでしまい申した!!

なにあの妖怪。
砂かけババア?


と思ったら緑魔子さまでした。

夫君の石橋レンジと百物語系のCDをお出しになっている方ですよね。

つか、怖すぎるし(TДT)
それまで「上杉がんがれ!」「いよいよチーム武田も進軍か」と盛り上がっていたのに、突然なぜ呪い系。・゚・(ノД`)・゚・。
どうしてジャパニーズ・ホラー。

あの緑魔子さまは怖かったずら~。
TVの前でまじで凍り付いてしまいました。
風林火山紀行が始まっても動けませんでした。

最終回へ向けて20何年ぶりに大物女優が大河出演と聞いていてワクワクしていたのですが、それが魔子さま?
あの勘助・晴信・ガックンのクリーチャー3人組にぶつけて対等に勝負できるキャラを用意したということなのか。
それはそれで十分対抗できていると思われますが、来週、あれらが画面に入れ替わり立ち替わり現れるかと思うと、ほとんど妖怪大戦争を見ている気分になるのでは・・・
すごいラスボスを召喚したものですNHK。
いやもうほんとに怖かったです。

魔子さまのショックからなかなか抜け切れませんが、今週もまるでガックンと上杉軍のための回みたいでしたね。
先週から引き続き、「軍神誕生 前後編」みたいでした。

>ガックンは「じあい」を手にいれた!
>ガックンの知力が100上がった!
>ガックンの精神力が100上がった!
>ガックンの体力が100上がった!
>ガックンの力が100上がった!
>ガックンの勘違いが100上がった!
>ガックンの自惚れが100上がった!

こんな回だったような気がします。
いいのだろうか。
上杉サイドにこんなに時間を割いてくれなくても。
ひたすら恐縮しています。

さて、勘助と香坂弾正のやり取りはよかったですね。
香坂がちゃんと勘助の考えを理解していたところが感動的でした。
これから始まる川中島の戦いで、最後の最後にこの香坂軍が駆けつけて(馬場、飯富軍とともに)武田軍は負けずにすんだわけで、勘助が戦場で香坂軍の軍旗を見るのはすでに満身創痍となり虫の息となっていた時となるのでしょう。(香坂軍は勘助の命令で別働隊となっていた)
そう考えると、今日の二人のやり取りが真に胸に染みこんだのでありました。

大衆演劇親子のデュオ舞いもようございました。
意味不明でしたが。
どうせだったら女形で舞ってくれたらよかったのに。

伝兵衛と葉月には生き残って幸せになってもらいたいなと思いました。
平蔵は、うーん、いったいこの男の存在意義はなんだったのでしょうか。
わからん。

まーしかしガックンでした。
ブーツがまぶしかった。
川中島仕様の鎧もかっこよかったです。
そうそう、写真集が発売されるんですよね。
タイトルは確か「龍が如く」。違うか。まあだいたいこんなタイトルだったような気がします。
もちろん買いますよ。
最後の演説のとき振り回していた長い刀ですが、あれは確かどこかの神社に奉納されてあるものを元に作ったような気がします。

川中島で霧に濡れ細った馬上のガックンが相当かっこいいらしいので楽しみです。
寂しくもありますが。(その姿が拝めるのはたぶん最終回だと思うので)

魔子さまや杏姉ちゃん出すんだったらHydeを出してくれればよかったのに、なんて密かに思ってしまいました。

来週からいよいよ三連戦ですね。
気合い入れてみなけければです。
今日もいろいろ本当にいろいろ楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとう!!!



今週からオープニングに新たな感動が加わり(コッペパンとかアンパンとか)、最終回へ向けて俄然盛り上がって来ました。
といいたいところですが、ガックンが暴走して盛り下げてくださいました。
あくまで、私的にですが。
再来週から川中島3連発で、3連発目は最終回だというのに、こんなことでいいのでしょうか。
まさかここへきて杏姉ちゃん(ばーい純情きらり)に会おうとは。
ガックンは杏姉ちゃんに一目惚れした模様ですが、なぜこういう展開に?
まあ成田の息子に一目惚れするよりはいいのか。
いいことにしよう。
きっと来週になれば今週の意味が腑に落ちるはずでありましょう。
しかしミョ~な小田原攻めでしたね。
とりあえずガックンの女王様プレイが拝めたからよしとするか。ピシピシ!

勘助と香坂弾正のやりとりはよかったですね。
自らの策によって敗れると言うのか、みたいなセリフのくだりは、第4回の川中島の戦いを暗に示していて、この先に待ち受ける運命の仄暗さを感じてしまうものでした。
勘助は香坂にリツを娶らせるつもりなのでしょうね。
ああ、最終回が近づいているんですね~。
どうしよう~。
チーム武田は最終回の準備に入っているというのに、越後方面が・・・(;´д`)
もっと緊迫感出そうよ、みんな(TДT)
それはそれとして、ゆくゆくは上杉と北条は同盟を結ぶので、そこらへんなども来週に描かれるのか、ちと興味があります。

今週はあれでございますね、
「勘助。川中島に城が欲しい」
という冒頭のシーンでございます。
主従の無意味な目のアップ。あれはなんだったのでしょうか。
池上遼一のマンガかと思っちゃいました。
それとガックンのムチが心にのこりました・・・

来週はいよいよ複線の張り終えの回となりますね。
どんなふうに川中島へとなだれ込むのか、興味深いです。
風林火山もあと4回。
早いものですね。
あと1年くらい続けてほしいです。

今週もいろいろ楽しめました。ありがとうありがとうありがとう!!!!
桶狭間でした。
大抵の戦国ものだと合戦現場からのリポートがほとんどの中、今回は舞台裏というか、諜略サイド、傍観サイド、情報として受ける側などから描かれていて面白かったです。
現場からのリポートより臨場感が感じられたのは、それぞれの登場人物と舞台、背景をしっかり描いていたからでありましょう。

何といっても藤村志保さんがよかったな~と思います。
勘助との駆け引きや、毅然と采配をふるう姿も素晴らしかったですが、最後のシーンで、義元の首桶を胸に抱いて母親に戻って涙を流す姿がとても心に残っています。
今川家はひとまずこれで表舞台から去るものと思われますが、寿桂尼の姿をもっと見ていたいと思うのでありました。
雪斎が生きていたら・・・と想像させる演出も心憎かったです。

相変わらず緒方拳さんは凄味があって、何を考えているかわからないところがいい・・・。
どうしてこんな凄い人があの景虎の家臣に収まっているのか、ちょっとしたホラーを見ている感じです。
いいのか、ほんとに・・・。

平蔵はどうなるのでしょう。
こいつの行き着く先もちと心配。
ヒサ殿と子供たちと、平和に暮らしていほしいです。

今週の勘助は特に腹黒さ全開でありましたね。
主役なのに「お主もワルよのう」と引いてしまいそうになりました。
それもこれも御屋形様暗殺へのリベンジのためです。
御屋形様に何かあると勘助は狂犬になる、と。
愛って奥深いわ~。

来週はガックンの北条攻めらしいですが、これ、落とせずに撤退するんですよね。確か。
予告を見ると、妙なパフォーマンスしてましたが、ちょっと心配ですよ。
まだまだ自己陶酔を極めて周りを振り回すのかしら。敵味方関係なく。
面白いからいいけど。
というわけで来週も楽しみです。

先週と今週はドラマとして大変見応えがありました。
表情ひとつひとつに見入ってしまいました。
面白かった!
NHK、今日も感動をありがとうありがとうありがとう!!