The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

また一週間空いてしいました・・・
秋の新ドラマばかり見ていたせいです・・・
情けないちや・・・
ドラマはとりあえず医龍と相棒を見続ける予定。あとER。
医龍はどんどんお笑い路線が濃くなってきて祝着至極。
そんなことはどうでもいいか。

さて龍馬伝ですが、今週はなんといっても土方が初めて喋ったことにまず感動。
セリフを与えてくれてグラッツェ。
このままずっと喋らない役どころかと思っていました。
もっといろいろ喋ってほしい・・・
泰造は喋らないほうがいいでごあんど。
ほんとに喋らなくていい。
新選組は出るたびにレベルが下がっていくような気がする。
まぁ近藤、土方、沖田がそろって市内巡回なんてことはありえないから、龍馬伝の新選組はファンタジーなんですけどね。
でも頼むから泰造はもう喋るな。

泰造といえば、及川ミッチーの大久保が登場しました。
W大久保が拝めた回ですね。
泰造の大久保はよかったですよね。
そして今回の及川ミッチーもなかなかよかったのでは。
才気走る切れ者という面がよく出ていたし、薩摩隼人ぶりも出ていて、とても新鮮でした。
西郷より思い切り年下に見えるのはご愛敬でごわす。

登場といえば、パックンマックンのマックンが出ていました。
来週パックンも出ますね。
ちゃんとコンビで出すあたり、気遣いのキャスティングです。

そして籐吉が出てしまいました!
龍馬、中岡、籐吉という近江屋トリオが揃ったシーンに、なにかもう感極まるものを感じてしまいました。
それにしても籐吉が三拍子の久保とは、龍馬伝のキャスティングは奥が深すぎます。

その3人で演じられた船中八策のシーンは、とても感動しました。
まさか船中八策で目をしょぼしょぼさせるなんて思ってもみなかったことです。
今までのエピソードをすくい上げ、結びつけた演出に思わずじわっとなってしまいました。
懐かしいシーンが次々と甦り、第1回目のエピソードがきちんと活かされているところにも激しく感動。
なかでも「武市さん」と龍馬がいうたびに感動センサーが激しく反応して、涙腺を即座に決壊してくれました。
それと横井樟南をきちんと出してくれたことにも感動です。
よかったよかった。

このシーン、なんといっても中岡演じる大地の子がよかったですよね。
表情がいちいちよかった。
やっぱり華がある役者さんだと感じました。
感情の起伏の見せ方がとにかくいいです。
ラスト付近の、龍馬に対して不穏で剣呑な感情が萌芽する表情などは、そのままずっと見ていたいほどだった。
あの横顔だけで、龍馬は危険人物になり、そのためいつかは排除する側に回るかもしれないという中岡の暗い予感みたいなものが瞬時に伝わってくるという、磁場を作り出すような演技だなぁと感動しています。
これから中岡がどういうスタンスで龍馬と関わっていくのか、非常に興味深いです。

中岡慎太郎といえば、彼の「涙を抱えて沈黙すべし」という言葉が胸にグッときて、とても好きな言葉であります。
土佐勤王党の志士たちが大勢粛清されたときの言葉だそうで、「もう耐えられねぇ、ガマン限界MAX!」というときなど、何度となくこの言葉に励まされました。
この言葉だけで、中岡慎太郎っていいなぁと思うんですよね。
史料を紐解くと、ほんとにイイ奴(T.T)という人物だったらしい。
龍馬伝ではダークですが、可能なら大地の子でいい人verの中岡も拝んでみたいです。

薩土同盟のシーンも見応えがありましたね。
それぞれの思惑が水面下で交差していて、特に西郷を中心とする薩摩側の雰囲気がたまらなかったです。
一見、鷹揚なんだけれど、何を画策しているのかしていないのかまったくわからないという、したたかな雰囲気が好き。
薩摩にしろ長州にしろ関ヶ原以降の恨み辛みをずっと飽きもせず抱いてきたわけで、その恨みを何が何でも晴らそうてしているのですね。
龍馬は新しい日本を作るために頑張っていますが、薩長は復讐のために頑張っているので、スタートラインが違うのであります。
そういうことが加速度的に際立ってくる演出で、暗殺の黒幕がいろいろと描かれてきていますね。
今週のラストに映った人物は誰でも黒幕になる可能性があるみたいな描かれ方で、見ていてゾクゾクしました。
司馬遼太郎先生は薩摩が黒幕だろうとおっしゃっていましたが、龍馬伝ではどうカタをつけるのでしょうか。

後藤さまは今週もご活躍で何より。
船中八策を濡らしたりグチャグチャにしたあげく「字が汚い、清書」と龍馬のせいにしたりとステキすぎる。閣下と呼びたいくらいだ。

容堂は歯痛。糖尿からくる歯槽膿漏やら虫歯やらに悩まされていたので、それかと。
ふ・・・こういうどうでもいい史実をさり気なく入れてくれるところが憎いわね。

グラバーの背後霊が代わりました。
そのお陰で倒産して弥太郎の部下に成り下がるのですね。
やはり商売に情を持ち込むべきではないということか。
とはいえ、感動的なセリフに胸が熱くなりましたよ。
加えてグラバーの友人が語った言葉も、現代にも通じる痛烈なメッセージでしたよね。なかなか面白かった。
先週はお龍、今週はグラバーと、キモのような言葉が散りばめられてきて、感動しながらも、ああもうラストなんだなと寂しさも感じています。

龍馬がまた魅力的になっていました。
茫洋とした中にも貫禄と凄味が出てきて、どんどん龍馬に見えてきます。
この龍馬を見ていると、ああ、本当に志し半ばで倒れたんだなということがひしひしと伝わってくるのでした。
どういう最後になるのか、見たいような見たくないような。

来週は「雨の逃亡者」でしたか。雨の訪問者か・・・
その次は「龍馬の休日」でしたか。ローマの休日ね・・・
素晴らしい。こういうことは積極的にすべきだ。
もっと早くやればよかったのに。

というわけで今週もたくさん楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!



拍手を頂戴しております。
脊髄反射で書いたようなブログに、ありがたい限りです。
御礼を申し上げるべきところ、只今ガス欠になってしまいまして(TДT)
大変申し訳ありませんが、明日改めて御礼をさせていただければと思います。
お許しください・・・

アキラが登場しました!
しかも首巻き装備!!
こういう茶目っ気が今回の大河のいいところですよねっ。
や、さすがの貫禄で、とにかく素敵でした。
ベテランの演技って素晴らしいなぁと改めて感じ入った次第。
若手の熱い、技術という小手先に走りがちな演技も良いのですが、重力を発生させる存在感はベテランならではの味です。
ハゲタカのアキラも流石の存在感でしたし、龍馬伝でもそれほど出演死せ感が長かったわけではないのに、しっかり印象に残っているあたりがすごいと感動中。
「志乃でいいんだよ」とかいうセリフを言ってくれたらもっとよかった。

とても有名ないろは丸事件でしたが、これって日本初の海難当たり屋事件なわけです。
途中からアキラ率いる紀州藩の面々が気の毒に思えてきて仕方ありませんでした。
チャラい連中だとなめてかかっていたらとんでもなくて、ケツの毛までむしり取ろうとする(失礼)893まがいの(度々失礼)連中だった、みたいな感じでしたよね。
紀州藩、お気の毒・・・
なんでも後から賠償金8万数千両を7万両にしてくれと泣いて頼んだらしい。
自分たちの無灯火航行を棚上げして賠償金を水増し請求とは、まっこと恐ろしい連中ぜよ。
真っ昼間に黒い覆面して襲いかかる気にもなろうってものですろう。
海援隊の船だけには当たらないでおこうと肝に銘じた今回でした。

談判の龍馬は凄味が出てきてよかったです。
龍馬が切れ者に見えてきましたよ!
最終回へ向けて、龍馬のメタモルフォーゼにもターボが掛かってきた模様ですけど、もう少し前の段階から今の姿を拝みたかったかもです。
もっと早く頭脳キレキレの龍馬に会いたかったです・・・
今回の龍馬は剃刀のように追いつめていって笑顔で斬るといった様子で、それがとてもさまになっていました。
それと福山は声がいいですね。
これほど格好いい人なのだから、底知れない思考と人間的魅力をもっとガンガン出していってもよかったんじゃないかなと素人考えで思います。
ものすごく絵になったと思うんですよね。
ただ今回の龍馬は格好よかった。
あと一ヶ月と少しでお別れかと思うと淋しいのひとことですわい。

弥太郎は・・・五月蝿かった。

小曽根やお慶、グラバーなど、商人のしたたかさが快感でした。
ああいった豪商を味方につけた龍馬もしたたか。
紀州との駆け引きは逆転裁判みたいで面白かったです。

龍馬は本当に魅力的になってきたと思います。
ラスト数回でガガガッとターボが掛かるというこの演出は禁じ手みたいなものですよね。
最高に魅力的になったところで殺されるという演出でしょうから、たまらないです。
来週はいよいよ船中八策ですね。
予告を見る限りだと、深みがあるいいシーンに仕上がっているようで、また格好いい龍馬が拝めそうな予感。
「竜馬がゆく」では後藤さまに語って聞かせているという場面として描かれていて、これがまた無類の格好よさがある場面です。
このときの竜馬の風情というか口調がたまらんのです。
はたしてドラマではどう描かれるのか、とても楽しみにしています。

そんなこんなで今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(T.T)

まずは言い訳・・・
のっけからみっともない限りであります。
もっと早く書く予定でいたのですが、今週はドラマティックなことが起こって(悪い意味でだ!! ご長寿ゲラウッ)予定がバタバタと狂い、加えてわたくしの老化による体力精神力の持続性ダウンと相まって、激しく遅くなってしまいました。
もったいなさ過ぎる拍手を頂戴していたにも関わらず、その御礼までもが今日になってしまいましたこと、幾重にもお詫び申し上げます。
人として、という言葉が羆のようにのし掛かる今日この頃・・・


さて。
福山龍馬がクランクアップしたそうで、こちらまで感無量になりました。
同時に、もう終わるのかという寂しさが湧き起こってしまいます。
今年の大河はあっという間に終盤になったという印象です。
昨年は「まーだやってんけー」(新潟弁・まだやっているのですかの意)とイライラしたものですが、龍馬伝はまだ半年くらいしか経っていない気がします。

暗殺犯のキャストはまだ発表されていないみたいですね。
個人的には北大路欣也を希望。
龍馬が龍馬を斬る、みたいな。
(以前の大河「竜馬がゆく」で竜馬役だったのが北大路欣也)
カイくんでもいいかな。
なんだったら十三人で取り囲んでもよし。
佐藤健くんが剣心になって斬ってもよし。(マンガでは斉藤一だったので、オダジョーでもよし)
長友がバックから上がってきて刺してもよし。
ブラックホースは重太郎先生でしょうかね。妹・佐那の復讐でドシュッ!


そんなこんなで41回ですが、木戸(桂)さんの表情が胸に残っています。
晋作の部屋にいたときの、晋作を気遣う視線と、龍馬が来てからの諦念さを滲ませた目を伏せている表情とか、龍馬と2人きりのときの運命を呪うかのような無念さを激情として迸らせたときなど、抗いたくてもあらがえない、やり切れなさが滲み出た佇まいが、晋作の慟哭より印象的でした。
もちろん龍馬の演技も感情が震えて、とてもよかったです。

龍馬伝では龍馬と木戸の倒幕に対する考えを対称的にして、それが元で木戸が龍馬暗殺を指示した人物かもしれない、という方向に持っていくのですね。
されに付随して、木戸と同じ開戦派の中岡慎太郎も、龍馬との考えの違いから暗殺を指示した黒幕候補の1人にカウントするのでしょう。
あとは薩摩と、土佐。幕府側もそれに加わるはず。
この黒幕は誰だミステリー、今のところまったく盛り上がっていないので、これからラストへ向けてどう演出していくのかが最終局面の見所のひとつといったところか。

前回、中岡慎太郎が出なさすぎると書きましたが、きっと「マークスの山」が忙しかったのでしょうね~。
忙しいことは結構ですが、本当にスケジウル調整で出番が少なかったとしたら、ちょっと悲しい。
大人の事情ってヤだなぁ(T.T)
でも「マークス」は大変期待しています。
大地の子の合田とグロケンの義兄というのは激しく疑問ですが。

お龍がこの作品のキモのようなセリフを話していましたね。
死は終わりではなく始まりであり、魂は次へと受け継がれていく、といったような内容でした。
けっこう胸に沁みました。
このセリフはまた出てくるのでしょうか。

晋作の海辺の慟哭シーンは、私の目には些かセンチメンタルに映りました。
多くが幼い精神しか持たない現代人の死生観で描かれていたような気がしないでもない。
演技も映像も素晴らしかったので、ドラマとして感動したことはしたのですが、はたして晋作はああいうなまの怒声を発する人物だったのだろうかということも考えてしまいます。
そして感動しつつも、晋作が1人で波にざふざぶしているので、介護する人間はどうした、ヘルパーを頼まなかったのか、家から海までどのくらい離れているのか介護タクシーで来たのか側に誰かついているのかとか、やっぱりしなくてもいい心配をしていました。
いや、しますよね普通。
ドラマの病人シーンは、どう考えても寿命を縮めるシーンばかりなので、精神衛生上よろしくありません。


「苦しいという言葉だけは
 どんなことがあっても
 言わないでおこうじゃないか」


この高杉晋作の言葉はいいですね。
晋作が言う言葉だからこそ、ずしんと胸に響くものがあります。

叶うことなら松田優作の高杉晋作を見てみたかったです。
同じ長州出身ですし。
なんにせよ伊勢谷晋作は格好よかったです。
享年28歳。ため息が出ますね。合掌。

次回からアキラが出ますね。楽しみです。
ハゲタカファミリーで出ていないのは柴田恭兵と松田龍平か。
2人そろって暗殺犯として出てきたら笑うしかない。
あと数回で終わるなんて信じられないです。
龍馬伝だけ2年かけてほしかった・・・

そんなこんなで今回も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(TДT)




昨日のうちにUPする予定だったのですが、気がつくとPCの前からサマーランドへ幽体離脱しておりました・・・
ご長寿を身近に感じる今日この頃・・・
昨夜、覗いてくださった方がおられましたら、大変失礼いたしました。



さて龍馬伝。
冒頭で海援隊が結成されました。
暮れなずむ町の光と影の中、今も聞こえるあのお袋の声、「のどごしツルツルッ」ですね。
鉄矢を隊士の中に潜り込ませてあげればよかったのに・・・
やはり龍馬といえば海援隊ですから、なんだか爽快感を感じました。
といっても昇天へのカウントダウン真っ最中なので、嬉しさと寂しさが半々なのでありました。

さっそく弥太郎が文句をタレながらも辣腕をふるっていましたね。
そしていろは丸を調達してしまいました。
海援隊といえばいろは丸ですので、来週のいろは丸事件が楽しみです。
岡本信人さんが出ていましたね。
贅沢な配役だ~。
まさか龍馬伝で、渡る世間の鬼の1人を拝めることができるとは。
岡本信人さんはライフスタイルも含めて大好きな俳優さんなので、心が沸きたちました。

後藤さまvs長崎奉行・朝比奈さまは面白かったですね。
長崎奉行といえば悪徳奉行の代名詞みたいなものですが、ARBはなかなか善戦しているのでは~。
カメレオンがかわいい・・・
後藤さまは敵だとどうしようもない輩ですが、味方に回るとこれほど頼もしい人物もなかろうもんといったステータスが大変よろしい。
青木崇高さんはやっぱりいいですね~。
この人のイメージは「繋がれた明日」というNHKのドラマの印象が強烈です。
重いテーマのドラマで、見ているのが苦しくなるほど辛く、人間のさまざまな面を突きつけてくるドラマでした。
このドラマで仮出所した青年の役で主演をしていたのですが、真摯すぎるほど真摯に青年役を演じていた印象があるので、「ちりとてちん」を見たときは驚愕でした・・・
この龍馬伝では嫌われ役を、まぁ見事に演じられていて、民放の「ブザービート」みたいなグダグダなドラマにはもう出ないでけろ、とか願っちまいます。
後藤さまは一般的にはこれから大政奉還に向けて、政治の舞台で活躍する人なのですが、龍馬伝ではどういうふうに歴史をねじ曲げて描くのか、興味があります。

高杉晋作が昇天を果たしました。
しかしどこから見ても、どんなショットも格好いい高杉晋作でした。
このスタッフで新選組に続いて「世に棲む日日」もドラマ化してくれないかなぁ。
そんなふうに願いたくなる伊勢谷晋作でありました。
伊勢谷友介には抗いがたい艶がありますよね。
白洲次郎のときも呆れるほど格好よかったですが、高杉晋作では着流しが創り出す艶めかしさと身軽さ、腹を括った凄味みたいな面を拝むことができてひたすら感動しています。
ただ「花神」を知っている身としては、中村雅俊の高杉が忘れがたく・・・
同様に、篠田三郎演じる吉田松陰が忘れられません。
これは松陰が降臨したとしか言い様のない松陰だったと言われたそうな。
花神は青春群像劇として、長州を中心とした幕末の志士たちをなかなかしっかり描いた作品だったような記憶があるので、龍馬伝でももう少しそれぞれの人物をしっかり描いてほしかったです。
映像は綺麗だけど重厚さがないのは、人物をきちんと描いていないからだと推察つかまつる。

晋作は天性のおまつり男だったらしいですね。
賑やかな街が大好きで、どんちゃん騒ぎが大好き。病がそうとう篤くなってからも、馴染みの店へ飲みにいこうとして籠を呼び、途中でやっぱりダメだと引き返したほどだったとか。
晋作を慕うお百姓たちとの最期の花見は、実際にあったエピソードなのかどうかはわかりませんが、事実であったとすれば感動的な出来事ですし、事実でなかったとしたら、晋作が喜びそうな、やりたかっただろうなと思える出来事で、脚本を含めたスタッフの思いというものが伝わってくる、どちらにしてもじ~んとなるシーンだったと思います。
感動しながらも、病人にそんなことさせちゃいかん! とか、誰か点滴! ストレプトマイシン投与! とかとか、寿命を縮めるたくさんの行為にイライラハラハラしながら心の中で叫んでいましたよ・・・

波打ち際に座り込むシーンで、頭が重そうに下がっている演技がリアルでした。
頭って重いんですよね。
それを痩せた体で支える姿が本当にリアルに感じました。
声もかすれ気味で、病身の演技は素晴らしかったです。
熱っぽさが感じられればもっとよかった。
龍馬との海辺のシーン、病人をそんなところへ連れ出しちゃいかんき! とハラハラしながらも、かの神回「遙かなるヌーヨーカ」の海のシーンと被って、涙腺がやばいことになっていました。
龍馬の父上を演じた児玉清さんの演技が思い出すだけでうるっとくるので、今回はその相乗効果でわたしの目の中にもしょぼい海が発生。
しょぼい海を決壊させながらも、「日本を頼みます」というセリフに少し萎えてしまいました。
ドラマ的に仕方のない展開だと理解しながら、ちょっと都合良すぎなセリフだとあたしは思ったワ。
ソウルメイトだから仕方ないのかもしれないけど、ここまで長州の志士を無視すると逆に不自然すぎて泣ける。
伊藤や聞多が出演している意味がまるでないではないか。
だったら狂介を出せばよかった。
それに彼らの根元に吉田松陰先生がいるのであって、松陰先生の「し」の字も喋らない晋作というのはいかがなものか。
あまりにソウルメイト設定を前に出しすぎて背景をスルーするから、ご都合主義ドラマになってしまう。
こういうことをすると、別に時代は幕末でなくても構わないドラマになる気がするのですが。
なぜ長州や薩摩をもっと描かなかったのか、とても不思議に思えます。
幕末の、若者たちが革命を起こす沸騰したような感覚があまり感じられないのは、わたしの感覚が鈍いからなのか。
亀山社中、海援隊のメンバーにしても、深く掘り下げた個別のエピソードが欲しかったです。
せっかく若手のいい俳優が出ているのに勿体ない!
お元の隠れ切支丹なんぞつまらないエピソード(失礼)を描くより、社中や長州を!(力のほうじゃないぜよ)
お龍より社中や長州を!
いやもっと中岡慎太郎を!

そんな中岡慎太郎が久しぶりに登場しました。
あんまり久しぶりすぎて、忘れていた。
「ああ、いたんだ」みたいな。
薩長同盟は中岡慎太郎の働きのほうが大きいと思うのですが、見事にスルーしていて残念でした。
ドラマもあそこらへんは全体的に残念な出来だったし。
大地の子のスケジウルが確保できなかったのだろうか。
こちらも勿体ないです。
どんなにか魅力的な中岡が拝めたであろうか。
ただこれから常識的には中岡慎太郎が走り回るので少し期待。
しかしこれもすべて龍馬の手柄に偽造されたらイヤだなぁ。


はっ、くだらないことを欲望の赴くままに書き殴っていたら、ムダに長くなってしまいました。
まずい・・・
続きます。

やー、小曽根さまが「覚悟を決めました」というシーン、忠臣蔵の天野屋利兵衛を思い浮かべてしまいました。
わたしが1番好きな忠臣蔵(北大路欣也が大石のやつ)に、本田博太郎さんが片岡源五右衛門役で出ていたこともあり、ついだぶってしまいました。
ちなみに天野屋は丹波哲郎でした。
もう最高の天野屋でした。

忠臣蔵といえばキアヌ主演で忠臣蔵の映画を撮るそうで・・・
こちら
ニンジャも出るそうですよ。
吉良方のアサシンとして大石の命を狙い続けるらしい。
ま、昨年の天地なんとかとか今年の三味線無敵状態を体験した我々にとっては、こんなもの屁でもないわよね。


というわけで、清風亭でした。
龍馬と後藤さまのガチンコ勝負、緊迫感があってよかったです。
18分長回しの一発撮りだったそうです。
途中、龍馬が泣いていましたが、あれは一発撮りならではの化学反応だったのでしょう。
2人のやりとりが、とにかく見応えがありました。

後藤さま役の青木崇高さん、草々兄さんですね、この役のため体重を10㎏増やしたそうです。
どうりで貫禄があったわけですね。
それも内面を表しているかのような、厭らしい貫禄が出ていたのでは。
キレキレ寸前の演技は本当に素晴らしいと思いました。

龍馬も格好よかったです。
やっと龍馬に見えてきました・・・
このたびの龍馬は、龍馬以前に格好よすぎるという印象がまず先に出るので、かっこいいというもけっこう枷になるのかもしれぬと勝手に思ってしまいました。

上士を必死に止めている弥太郎にも感動です。
なんだかんだとギリギリのところで弥太郎は龍馬を助けようとするんですよね。
鼻水たらしながらの演技は相変わらず見入ってしまいます。

実際の清風亭の会談はもちろんドラマのような賑やかなものではなかった模様。
ただし、お元はいたらしい。
蒼井優ちゃんはいいですよね。
お元は可愛いという感じの芸妓なので、なかなかぴったりだと思います。

芸妓といえば、晋作の妾、おうのが出ていましたね。
おうのといえば秋吉久美子。
この人のおうのは芸術的でさえありました。
未だかつて秋吉久美子のおうの以上の芸妓を見たことはありゃしません。
そのくらい魅力的でしたよ。
ただ龍馬伝では晋作の愛妾まで手が回らないだろうと思っていたので、おうのを出してくれただけで嬉しかったです。
いや~感激しました(T.T)

話が逸れましたが、とにかく清風亭の会談はとても見応えがあったということで。

OPに武市先生と以蔵が回想シーンで出ると知り、どんなシーンかしらとドキドキしていたら、一番キツいシーンでしたイヤン(TДT)
もうちょっとソフトなシーンにしてほしかったかもよ・・・
武市先生のアレは何度見ても痛そうです・・・

慶喜が将軍にレベルアップしていましたが、もしかしなくても龍馬伝の慶喜って、実物と真逆にしているのでは?
わざとああいうキレキレ直情型の、慶喜と正反対のバカ殿に設定しているのではかなろうか。
ただ大政奉還を決意するシーンをどうするのかがとても気になります。
いつものようにマジ切れするのか、憑き物が落ちたように別人になるのか、とても気になるところです。
史実では、大政奉還を受け入れたことで龍馬は慶喜に大して感銘を受けたと伝えられています。うう~む。
龍馬伝の慶喜だと三日三晩暴れそうですけど・・・

来週は海援隊誕生みたいなサブタイトルだったのが、高杉晋作に取って代わられていましたねん。
視聴率が今ひとつらしく、もうなりふり構わなくなってきました。
がんばれ。
予告を見るとまたファンタジックなシーンがあるみたいで、楽しみ半分、いいのかという心配半分。
あの高杉晋作が、龍馬のことを思いながら昇天というのは、いくらドラマとはいえちょっとイヤかも~。
とはいえどういう最期になっているのか、今から感動する気マンマンで待とうと思います。

後藤さまと龍馬、よかったなということで。
今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。