The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

NHKドラマスペシャル「白洲次郎」オリジナル・サウンドトラックNHKドラマスペシャル「白洲次郎」オリジナル・サウンドトラック
(2009/05/20)
TVサントラ

商品詳細を見る

 
 

GWに「ハゲタカ」の再放送を見て感動を新たにしたと同時に、同じスタッフが制作した「白洲次郎」の素晴らしさにも再び浸っていました。
「白洲次郎」は音楽が独特なスタイリッシュさに縁取られていて、とても印象的でした。
どうもドラマをご覧になった方の多くが同じ感想だったらしく、急遽サントラの発売が決定したとのことで、わたしも辛抱たまらんと食いついて購入してしまいました。
で、さっそく聴いています。
このCDを買おうと思ったのは、2話で流れた挿入歌「しゃれこうべと大砲」が忘れがたかったからです。
農家の青年(次郎に農作業を教えた好青年)が、赤紙で招集され、やがて白い箱に入り、母親の胸に抱かれて帰郷してくるシーンと、エンディングに流れていた、静かな反戦歌です。
浜田真理子さんの美しい声で歌われるこの曲を聴いていると、ガラにもなくいろいろなことを考えてしまいます。
あの戦争はなんだったのだろうかとか、いろいろな紛争のこととか(特にボスニア)、実際戦争を体験している方たちと接しているからなのかもしれませんが。
ピアノの弾き語りだけで歌われていく曲ですが、だからこそ深く響いてくる何かがあるんだろうなぁと思います。

サントラ自体はジャズあり、ビートのきいたエレクトリックなものあり、オーケストラ風のものありと、颯爽とした楽曲が多かったです。
残念だったのは河上徹太郎が弾いていたベトベンの皇帝が入っていなかったことです。
ま~これはベトベンたし、ドラマ上の演出として使われた曲だから入っているほうがおかしいのですが、あそこは名シーンだっただけに残念(TДT)

たぶん「しゃれこうべと大砲」だけしか聴かなくなるような気がしますが、8月の放映までこのサントラを聴いてテンションを維持しようと思っています。

しかしどうしてこのドラマのスタッフで天地人を作ってくれなかったのだろうか。
バカン・・・(TДT)


以下は拍手御礼でございます。


 
 
 
 
日付ごとの御礼となります。どうかお許しください(TДT)

5月24日 3拍手いただきました。

5月25日 1拍手いただきました。

5月26日 1拍手いただきました。

5月27日 「ご長寿壮大」の記事へ2拍手いただきました。

そして、りくこさま、拍手とコメントをありがとうございました。
兼続はおっしゃる通り、天然に黒い子だと思います・・・
無意識のうちに黒いとは、兼続、恐ろしい子・・・!
幸村、楽しみですね。
デコポン、金縛りに遭ったみたいになって、訂正する余裕がありませんでした。
ご長寿伝説がまたひとつ誕生したわけです。
将軍様も手を叩いて喜んでくれると思うずら。


皆さま、本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます(TДT)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/935-4a417a2f

| ホーム |