FC2ブログ

The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回も面白かったです。
隠し田パイセンが2年連続でやってきて感涙でした・・・

吉之介さあが理想と現実のギャップに気づき始める回だったわけですが、奇をてらうわけでも新しい試みもなく、安定の定ベタなエピソードでまとめていました。
展開がわかりきっているので安心して見られて、安心して感動できた。

こういう、万民にわかりやすいエピソードをきっちり描くことができる、これが原作者と脚本家の力量なのだろうなと思いました。
史実を描くのではなく、その周辺をなぞった創作で、当時の様子、登場人物たちの性格などを想像させ理解させる。
あくまでドラマとして見せる。
さらに架空のエピソードで史実を語る。
そんな作品になっていくのかなと感じています。
篤姫に似たタイプかな?

林まりこ先生はなんだかんだと凄いストーリーテラーですから、それを中園さんが料理するわけなので、面白くないわけがないのでごわす。
好き嫌い、興味あるかないかは別としてですが。

今回のベタな展開が嫌みにならなかったのは、なんといってもケン・ワタナベの存在が大きいですね。
あとゴリさん。

謙さんが画面に映ると、雰囲気ががらりと変わります。
ピーンと糸が張ったみたいになって、せごどんが極上のドラマになる。
最後の方の、有馬と2人のシーン、景色の美しさも手伝って、なんともここちよいシーンでした。
ひとりの若者を暗黙のうちに待つシーン。
その若者が希望の象徴であることがわかっているので、見ているこちらがわの胸にも明るさが宿るようでした。

西田敏行さんの語りもいいですね。
慈愛あふれる語り口に、じ~んとしています。
翔ぶが如くのせごどんが、今のせごどんに語りかけているんですよね~。

鈴木亮平さんのせごどんはとても魅力的で応援したくなります。
とはいえ、彼がどういう人生を辿っていくのかわかっているので、ドラマの中の彼が明るい好人物であればあるほど、そのさきに仄暗い悲劇が見え隠れするようで、そこがたまらなくいい。
やはり悲劇は光あふれる幸福な空間でこそ語られるべき・・・

というわけで、来週も楽しみです。
なんだったら来週が最終回でもいい。
直虎の続編が見たい。

今回も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!


以下は拍手御礼でございます。
いつもありがとうございます٩(ˊᗜˋ*)و

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月13日 1拍手

1月15日 1拍手

どちらも「なぜ小田原…2」に頂きました。
そして、どちらもコメントを頂戴いたしましたので、御礼はそちらで・・・


というわけで、コメントへの御礼でございます。


なつみ様
コメント、ちゃんと受けとらせて頂いております。
システムがおかしかったようでご迷惑おかけしました。
『目で見る刀の教科書展』すごく面白そうですね!
さすがにそちらは文化面でも素晴らしいなぁといつもため息モードです。
今無性にそちらの博物館に飛んで行きたいです…(´;ω;`)
また今年も叶わなかったので、来年こそは行きたいものです!!
なつみさん、いつもありがとうございます。


りくこ様
インテいかがでしたか? 盛況だったみたいですね。
そして花丸ご覧になりましたでしょうか!
ばみたそ…(>ω<、)
三周年記念のセリフも前向きな言葉で、思わずじわっとなってしまいました。
はっ! 刀ミュの役者さんたちの三周年記念の跪座写真、ご覧になったでしょうか。
わたくしPCの前で発狂しました。


お二人ともありがとうございました。
大尊敬するお二人に励ましていただいて、本当にうれしかったです。
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/2015-69afd191

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。