The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

刀ステのライビュを鑑賞してまいりました。
義伝 暁の独眼竜というサブタイトルの通り、伊達が中心の物語で、ゲームの回想にある「九曜と竹雀のえにし」の元となった伊達家と細川家の縁を織り交ぜた、1人の戦国武将の見果てぬ夢を軸とした物語でありました。

てなわけで、このたびもネタバレ全開で感想を書きますので、どうかご注意下さいませ







この舞台、刀ミュのみほとせと結構被っています。
刀ミュは家康の一生を見守る物語だったのに対し、刀ステは伊達政宗。
政宗の一生に寄り添うというわけではなく、なんというか、「政宗の野望」につき合わされ、振りまわされた刀剣男士たちといった内容でした。

ラスト、家康と政宗の臨終を看取るのも同じ。

前作の本能寺も阿津賀志山と被る部分が多く、この度も似たような展開で、なかなか興味深かったです。


まず歴史上の人物キャストが素晴らしかった!
伊達政宗、片倉小十郎、細川忠興の3人です。
政宗がよかった。
とても艶っぽい政宗だった。
貫禄はないものの、若かりし日の野望と情熱が具現化したような人物でした。

おもしろかったのが片倉小十郎景綱。
ご存じの通り、政宗の守り役として幼少の頃から付き従った智将にして軍師。
秀吉がその知謀と人物に惚れて大名に召し抱えようとしましたが、政宗への忠義を選び、秀吉がまた惚れ直したという人物。
小十郎のイメージというと怜悧なエリートというイメェジなのですが、刀ステの小十郎は毛皮羽織った猛者でした。
こんな小十郎初めて。
そういう史実があるのかな?
わからんが、どちらかというと伊達成実のイメージです。
伊達成実は智の小十郎に対し、武の成実と呼ばれていた人物で、はじめ成実かと思いました。
笛も吹かなかったし。
なぜあのような小十郎像にしたのかナゾ。
小十郎に、成実や鬼庭左月などを英霊合体させたのでしょうか。


細川忠興もまったくのステレオタイプで、三斎が好きなわたくしとしては、始め「ちがうだらふ、さうぢゃあないだらふ」と胸のなかで血涙を流していましたが、「茶の道にも精通している云々」みたいなセリフがあったから、まぁよし。

忠興は気の短い暴れん坊というわかりやすい人物像にしておきながら、それだけではなく、物語が進むにつれて情の深さや優しさ、世の中を客観視できる冷静な人物として描いていき、それをきっちりと観客に伝えていく役者さんの演技力がここちよかったです。

小十郎はすべて見通しながら、なおも愚直なまでに政宗に従うさまに涙が出ました。
阿津賀志山の弁慶に通ずるところがありますね。

物語の舞台は関ヶ原をはさんで前後していきます。
関ヶ原の前、政宗は「天下を取りたい」という諦めた夢を甦らせており、そこに負の領域がつけいる隙が生まれてしまいます。
魔道に堕ちようとも、誰を手に掛けようとも天下を獲ろうと関ヶ原に参陣する政宗。
小十郎、そして忠興は何度も身を挺して政宗を諫めますが、政宗は聞き入れません。
政宗が進もうとしている道は明らかに破滅が待っているであろうと知りつつも、小十郎は愚直なまでに政宗に付き従っていきます。

いちばんの忠臣ぶりといいますか、政宗に仕える姿で泣かされたのが、死してなお魂魄になっても政宗のもとに仕えていた場面です。
政宗の臨終に場面で、すでに他界したはずの小十郎が枕元に控えているのですね。
床に就き、もう余命幾ばくもない政宗。
そこに忠興が見舞いに訪れます。
小十郎は忠興に礼を言いますが、忠興は小十郎にひと言も声を掛けません。
見えていないから。
ここは少し気づきにくい場面ですが、よくよく考えると「あああああーーーーーッッ」と感動が怒涛のように襲ってくる大名場面。

政宗がなぜ天下を取ろうとしたのか。
幼い頃の「右目潰し」の逸話が出てきます。
疱瘡で右目が見えなくなり、その右目が盛り上がってきたため政宗は気に病む。
見かねた小十郎が切腹覚悟で、その右目では敵に見つかりやすいからと、小刀で右目を潰した、またはえぐり出したというやつです。(史実かどうかはわからぬ)
小十郎が右目をえぐり出したときから、小十郎は政宗の右目になった。
その右目に、自分が取った天下を見せてやりたかったのだ。
だからおまえがいなくては何のための天下取りなのだ。
政宗は小十郎にこう語るのです。確か。
ここはこの舞台のキモのひとつなのでは。
なんかもう刀剣乱舞の枠を超えて、ひたすら戦国者として感動しました。

で、身罷ろうとしている政宗の枕元に、小十郎が控えているのです。
寿命が尽きても、政宗の右目はずっと忠義を尽くしている。

このとき小十郎がもはやこの世にいない人間だとわからせる描写がないので、ややこしい。
もしかすると襟合わせが左前になっていのかな?
なっていたらブラボー。せめてこういう演出をしてほしい。
今週から始まる配信で確認しようと思います。

小十郎の生死がわからないと、正直、いつもの感動煽り演出なのですが、小十郎が亡くなっているとわかると、とたんにまったく別のシーンになって、感動倍率ドン! さらに倍!! となって底なしの感動に溺れるという・・・
とても不思議で温かな感動が湧き上がるシーンでした。

忠興に戻りますが、忠興のすごいところは、文化に精通している強みで情報網を確立させ、細川家を安泰へと導いたことです。
時代はインテリジェンスが重要になってくると見抜いた、知恵者なのです。
そこらへんを爪の先でもいいから追加してほしかった。

政宗にしても、ちょっと違うと(勝手に)感じた。
舞台の政宗は魅力的ではありましたが、最後の最後で少し違っていた気がする。
舞台では、関ヶ原を境に天下取りを諦めたという設定にしていましたが、政宗のたまらねぇところは、家康が幕府作っても天下取りを諦めていなかったところだと思うのですよ。
家康が他界したときも、「これってワンチャン!」と考えたとか。
スペインに東北あげますと勝手にプレゼンするところとか。
敵方の真田信繁の娘を引き取って片倉家に輿入れさせちゃったりとか。
夏の陣で、味方である東軍の神保家の鉄砲隊を、邪魔だからと全滅させちゃったりとか。
やりたい放題なのに、ちゃっかり幕府のNo2の地位を築くしたたかさとか。
ダークサイドへ堕ちるほど単純でもメンタル弱くもないと思うので、私にとってはこの作品は根底から合わなかったのでありますが、それでも大変面白かったです。
それもこれも、演じた役者さんたちの演技が、すごい熱量だったからであります。
圧倒的でした。
刀剣男士たちより印象に残りました。
この3人の舞台だったと感じました。それほど凄かった。
これでもうちょっと奥行きが出ていればなーとか考えてしまいました。

政宗、格好良かった。
でも、この人について行きたい、そこまでは思わなかった。(失礼)
みほとせの家康は、しみじみいい殿だなぁ(´;ω;`)と感じたのですが、なぜだろう。
政宗はべつに万人のために天下取りたいって人物には描いていないからではないのか。
小十郎に天下を見せたい、あと地元愛。
まるっきり伊達と領地しか見ていない政宗だったから、単なる恰好いいなだけで終わったのではなかろうか。
とするなら、十分すぎるほど刀ステの政宗像は伝わったことになるといえる。
ひたすら身内にしか愛を向けない政宗。
うーむ、やはり役者さんの演技はすごいということであります。
政宗を客観視できたのは初めてだなぁ。
それほど伊達と身内のことだけ考える政宗だったのだなぁと感動しています。

忠興ももう少しインテリ面を出してくれれば・・・
歌仙と伽羅ちゃんが掴まって、忠興の前に引き立てられる場面がありましたが、あるわけない。
きっと歌仙と忠興を合わせたい演出なんだろうなとか、ちょっと引きながら見ていたシーンが少々ありました。

このシーンもそうなのですが、ストーリー展開のため時代考証を脇へやって、悪く言えばご都合主義で作っているシーンを見ると、少し引っかかってしまいます。
仕方のないことなのかもしれませんが、安直すぎると引く。

べつに時代物ではないし、歴史ファンタジーみたいなフィクションだからいいのか。
年表がきちんと合っているだけでも良しとすべきなのだろう・・・
しかし実際の史実を踏まえた上での摺り合わせが時代物の醍醐味だと思うので、もう少し考証に力を入れてほしかった。

ただしつこいが、人間キャストよかったよ・・・

人間キャストだけで力尽きたので、刀剣男士についてはまた改めて。


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(*´ω`*)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月14日 1拍手

7月15日 1拍手

「達成」、「黒子のしくじり先生」に1拍手ずつ頂戴いたしました。

ライビュ見て参りました。
感想でも述べている通り、面白かったです。
しかし暑い日でした。
なにも新潟で1番暑い日にライビュしなくても・・・
劇場に着くまでが、まるで戦場でした(´;ω;`)

黒子の記事に拍手をありがとうございました。
黒子は今も大好きで、好きすぎてここで語れません。
語ると大変なことに。
今、舞台をやっていますよね。円盤買う予定です。
もう原作もアニメも新作は拝めないみたいですが、キセキが起こることを祈っているのでした。
最近は赤司さまにゾッコンLOVEです。
せめて舞台を続けてほしい・・・
来月は青峰の誕生日なので、密かにお祝いする予定です。


拍手、とても嬉しかったです。
お心遣い、身に沁みます(´;ω;`)
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1995-f9d0afb6

| ホーム |