The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

アニメ「ジョーカー・ゲーム」を見ました。
面白かったです。

大変失礼ながら、小説のシリーズ1巻目を読んだときはそれほど面白いと感じなかったのですが、アニメはものすごく面白かった。
つまり私の頭は読解力が甚だ乏しいということがよーく認識できました まる

アニメは三輪士郎先生のキャラクターが素晴らしいのであった。(キャラクター原案を担当しておられます)
やっぱりキャラクターが動いて喋るっていいですね。

ジョーカー・ゲームについて内容を少し。

世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって、
スパイ養成部門“D機関”が秘密裏に設立される。
生え抜きの軍人を尊ぶ陸軍の風潮に反し、機関員として選ばれたのは、
東京や京都といった一般の大学を卒業し、
超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだ。
彼らは魔術師のごとき知略を持つ結城中佐のもと、爆薬や無電の扱い方、
自動車や飛行機の操縦法はもちろん、
スリや金庫破りの技に至るまで、
スパイ活動に必要なありとあらゆる技術を身につけ、任地へと旅立っていく。
「死ぬな、殺すな」――
目立たぬことを旨とするスパイにとって自決と殺人は
最悪の選択肢であるとするD機関は、
陸軍中枢部から猛反発を受けつつも、
味方を欺き、敵の裏をかき、世界中を暗躍する。
東京、上海、ロンドン……
世界各地で繰り広げられるインテリジェンス・ミステリー。
(TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』公式サイトより)



TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』公式サイトはこちら

D機関員は8名。
アニメはわざと似たような姿形にデザインされていて、誰が誰だか見分けがつかなくしてあります。
これはスパイという設定を明確にするためとか。
ゆえに。
最初はほとんどキャラの識別ができませんでした。
わかるのは結城中佐くらいだった・・・
とはいえ、各回に出てくる機関員はほぼひとりなので、見つづけているとだんだん見分けが付くようになるのでした。
それと、EDが個性炸裂の作画になっているので、ここで毎回復習していました。
EDはみんなそれぞれ絶体絶命というか、ヤバイ場面に陥っているようなので、素が出ているのかなと勝手に想像して楽しんでいます。

ストーリーはどの回もミステリー小説を読んでいるような面白さと緊迫感がありました。
D機関員たちがどうやって任務を遂行ていくのかも楽しいし、どんでん返し的なオチもアニメならではの演出が施されていて、小説とは違った見せ方に毎回ワクワクしていました。
ただアニメは1話の時間が限られているため、やや内容が説明不足の回もあったりするので、小説は読んだほうがいいかなぁと感じました。

キャラは田崎が好きですよ。
あと若いころの結城中佐。これは拷問したくなるわ。

拷問といえば、鉛筆一本でじゅうぶん拷問できることを、中野学校出身の元憲兵の方に教えていただきました。
とても親しくさせていただきまして、いろいろなお話を伺いました。
中野学校生はパネェというのが素直な感想です(´;ω;`)
また機会があれば改めて書くかもしれませんが、まぁすごい方でした。

アニメも舞台も続編を激しく希望。
秋に発売される舞台の円盤が今から楽しみです。

そして刀ステのチケットは悉く外れる・・・
やはり再演の円盤買って、優先申し込みすべきだったか。(当選率5割くらいだったらしい)
刀ミュ新作の情報もそろそろ解禁みたいなので、こちらもがんばって申し込みますよ(`・ω・´)
私の人生とは。
楽しいからまぁいいか。


以下は拍手御礼でございます。
いつもありがとうございます(*´ω`*)

 
 
 
 

 
 
 
 
 
5月9日 1拍手

「幼子は云々」の記事に頂戴いたしました。
こちらはコメントも戴いております。

というわけで、ここからは頂戴しましたコメントへの御礼でございます。


りくこさま
秀康のレクチャー、ありがとうございました!
お忙しい中、丁寧に教えてくださって、大感謝でございます。
わかりやすくて、とても面白かったです。
なるほど・・・大河ドラマにしたくなるお方ですね。
信康との兄弟愛は泣けますな・・・(´;ω;`)
きっとこの方、賢い人だったのでしょうね。
ここまで活躍が後世に伝わっているのに、殺されずにすんでいるから。
少し自分でも調べてみたくなりました。
刀ステの練習も始まったらしく、伊達組は仲良しみたいですね。
刀ステは政宗と小十郎も出るので、ほんとに伊達組勢揃いです。
チケット取れねぇわけだよ・・・
チケット取れなくても配信を心の支えに生き続けますよ・・・
とはいえ、やっぱり徳川家臣団はいいな~と思うのでありました。
戦力拡充はいかがですか。
日本号、お迎えできますよう祈っております。

りくちゃん、いつもお心遣いありがとうございます。
またお会いしたいものです。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1980-de857d64

| ホーム |