The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記




尊敬するまつやま様から頂戴した拍手コメントに、マンガ「イノサン」について触れてあったので、紹介しないわけにはいきますまい、というわけで、ご紹介。
「イノサン」の登場人物である、シャルル=アンリ・サンソンについての著作です。ほぼ原作といっていい本。
サンソンはフランス革命時代に実在した死刑執行人です。

今回のご紹介は、絶対読んではいけない本のご紹介でございます。
この本は読まないほうがいい。
べつにサンソンとその一族についての話がどうのではなく、
途中に出てくる、例の処刑の場面が、
あああああああああああああああ
ほんっっっとにマジやめて。
この数年、読まなきゃよかったベスト5に入る本です(血涙)
なぜここまでする必要があったのだフランス人。
この一族はスゲェと思いますが、そんなことは本当にどうでもい。

では、どこが読まないほうがいいのかというと、それは読めばわかる。




「イノサン」3巻

この巻に例のシーンが出てくるらしい。
絶対読まない。誓った。


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます~(´;ω;`)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月8日 1拍手

4月9日 1拍手

「もうイヤ」、「うっかりゲッツ」にそれぞれ1拍手頂戴いたしました。
ありがとうございます(>ω<、)
進撃のクリアファイルは辛うじて踏みとどまっています。
駄菓子菓子、エレンとミカサも欲しくなってきています・・・


ここからは頂戴しましたコメントへの御礼でございます。

まつやま様
今日の記事、突然お名前を出してしまって申し訳ありませんでした(>ω<、)
銘菓ひよこ、そうなのですよね! 
私も東京のお土産で戴いたことが何度かあります(*´ω`*)
福岡は博多のお菓子なのですよね。
あの完璧なフォルムがかわいくて、いつもしばらく鑑賞してからいただいています。
それにしても、まつやまさまのひよこの召し上がり方、凄まじか~。
ここまで堪能するとは、さすがです!!
そしてお弁当とゾンビ映画・・・
わたくし、ますますまつやまさまを尊敬いたしました。すごか~
さて「イノサン」。
そんなわけで読んでいないのでした。
好きな漫画家さんなので1度手を出そうとしたのですが、未だに読むことができておりません・・・
「死刑執行人サンソン」で降参したので、書店で表紙を見る度にあの八つ裂きの場面が甦って目を逸らしています。
マンガだとどんなことになっているのか・・・
いっそ3巻だけ飛ばして読むべきか・・・
ところで、戴いたBD、とても楽しませていただいております。何度も見ています。
レミゼのCDも繰り返し聴いています!
いつか心ゆくまでレミゼについて語り合いたいものです(´;ω;`)


拍手とコメント、大変嬉しゅうございました。
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1962-ad021811

| ホーム |