The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記





映画「オーケストラ!」を鑑賞しました~(´º∀º`)
前から見たい作品で、やっと見ることができました。
なかなか面白かったです。

以下、内容を少し。

主人公アンドレイは、ボリショイ劇場で清掃員として働く冴えない中年男です。
このアンドレイ、実はボリショイ交響楽団の主席指揮者で、天才とまで言われていました。
とくにチャイコフスキーに定評のあるマエストロでした。
今から30年前の1980年代。旧ソ連のブレジネフ政権の時代。
アンドレイは反対政府主義者として吊し上げられ、指揮者の座を奪われ、オーケストラからも追われ、以後30年間ずっと自分が在籍していたオケのあるボリショイ劇場の清掃員をやらされていたのでした。

アンドレイが告発された理由は、当時のユダヤ人排斥制作に従わなかったためです。
オーケストラには多くの優秀なユダヤ人演奏家がいたからでした。

鬱屈した日々を過ごしていたある日、支配人の部屋を掃除していたときに1枚のFAXが受信されます。
FAXはパリの劇場からでした。
予定していたオケが急遽キャンセルしてきたため、代わりにパリへ来て演奏してくれないか、というものです。
部屋にいるのはアンドレイ1人。

アンドレイはFAXを隠匿し、自分と同じように30年前オケを追放された仲間を集め、ボリショイ交響楽団としてパリへ乗りこむ計画を立てます。
演奏する曲は決めていました。
チャイコフスキーのバンオリン協奏曲ニ長調。
ソリストは、若手の有名なパリ在住のバイオリニスト、アンヌ=マリー・ジャケ。
アンドレイにとってこの2つは絶対に譲れないものでした。

アンドレイは昔の仲間、サーシャとともにメンバーを集めていきます。
追放されたメンバーは誰もが破格の奇人変人でフリーダム。
あまりに変人だから追放されたのではと思う人々です。
さらにモスクワからパリへ行くパスポートもない、資金もない、ステージ衣装どころか靴もない、
第一、演奏する楽器がない。
楽器は30年のあいだに売り払った人が大勢だったのね・・・
さらに練習する気もない。
ないないづくしの般若心経です。

はたして彼らはパリまで辿り着けるのでしょうか。
つか演奏できるスキルをまだ持っているのでしょうか。
偽物のオケだと気づかれないのでしょうか。
そしてそして、アンドレイはなぜチャイコンとアンヌ=マリーを選んだのでしょうか???

というストーリーです。

旧ソの時代背景など重いエピソードが中心にあるにも関わらず、この作品は大半がコメディなのでした。
ストーリーの展開すらコメディとして進んでいきます。
しかも実にバカバカしいエピソードがあったりして、楽しいです。

とはいえ、そのコメディ部分でしっかりイデオロギー批判している作品でもあります。
こういうところがヨーロッパ的ですよね。
ですからコメディシーンもエスプリが効いているのでした。

ドタバタ劇の様相を呈して、語られるエピソードは次第にシリアスになっていき、怒濤のクライマックスを迎えます。
ラストで謎がすべて解け、感動のフィナーレとなるのでした。

ややご都合主義でおおざっぱなラストになっているのですが、そんなことは些細なことで、大きな感動が待っていました。
ここで見ている側が、映画の中の登場人物たちと感情がシンクロするのですよね。
このシンクロによる感動が、もう問答無用の感動の波となって見ている側を襲うのです。
なぜかわからないけれど、涙が出るのであります。
時代による理不尽さだったり、後悔だったり、尊敬だったり、絶えることのない愛情だったり、音楽の素晴らしさだったり、それこそ30年という時間が凝縮されて、あふれだす。いいラストでした(´;ω;`)
余韻のある終わり方もよかったです。

オーケストラと音楽がテーマでもありますが、全編音楽尽くしというわけではありません。
ところが見終わってみると、やはりオーケストラと音楽が強く印象に残っています。
音楽についてはあまり書くとネタバレになるのでパスしますが、ラストがよかったです。

アンヌ=マリー役のメラニー・ロランがただただ美しい・・・

派手さはないし、大感動作かといったらそうでもないのですが、深みのある佳作だと思いました。
見てヨカッタです。





ああああっと、一応お伝えしますね・・・
ちょこっとユーリ!!!の小話をふたつばかり書いてしまいました・・・
書かないつもりだったのに、書きたくなってしまったのでした・・・
せっかく書いたので、よせばいいのに支部に上げたという、ちょっと分不相応なことをしてしまいました。
只今、反省中。
もう少し上手くなりたかった。もはや過去形。どうしたら上手くなるのか。教えてハイネル。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1959-71fafb59

| ホーム |