The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

おお・・・

世界女王様、ユーリ!!!の第10回、視聴してしまった模様。


世界女王様の公式ツイッタ↓




グランプリファイナルが迫っているから、終わってから見るんだろうなと思ったら、さすが女王様、キメてきたな・・・
この画像は、勇利から右手の薬指に指輪を嵌めてもらったヴィクトルが、今度は勇利に指輪を嵌めてあげるシーンです。
またよりによってピンポイントなところを攻めるのな。

ちなみに作中では、グランプリファイナル前日の出来事として描かれています。
そう、まさに今! 現実そのもの!

ファイナルを翌日に控え、不安でいてもたってもいられなくなった勇利は、公式練習が終わったあと、珍しくヴィクトルを観光に誘います。
今まで試合前に観光などほとんどしませんでした。
それほど勇利の精神は不安定になっていたわけです。
開催地はバルセローナ!
ヴィクトルは世界大会5連覇とかしていて、ジュニアの頃から世界大会などで優勝しまくっているので、世界の主要都市はほぼ訪れたであろう人物です。
バルセロナの案内もお手の物。
二人は手をつないで仲良く観光しまくるのでした。デートかな?
で、ちょっとしたハプニングのあと、クリスマスマーケットを歩きます。
すでに夕闇が迫り、少し気まずくなるようなことがあって、でも二人は離れずに言葉少なにクリスマスマーケットを見て歩いているわけです。
ヴィクトルはいろいろショッピングを楽しんだのですが、勇利はほとんど買い物をしていません。
買いたいものがないというより、買いたいものがよくわからず、探しているといった雰囲気です。
すると、「ここに入りたい!」と勢いよく飛び込んでいったのがジュエリーショップでありました。
今まで世話になったヴィクトルになにか感謝の気持ちを形で表したいと思っており、「これしか考えられない」と購入したのがペアの結婚指輪。
ツッコミはなしだ。
このシーンをよーく見ると、勇利がお買い上げになった伝票が映るのですが、そこには、
Pink Gold Wedding Ring
とプリントされていたのであります。
ひとつ約10万円×2コ。分割でした。
勇利が恥ずかしさと戦いながら指輪を買っている姿を、後ろでふるふるしながら惚けたように眺めるヴィクトル。
で、バルセロナの有名なサンタ・エウラリア大聖堂の前で指輪の交換となるのでありました。
長い説明だったな・・・

このシーン、賛美歌が流れる静かないいシーンだったのよ・・・
息が止まったけど。

このあと、ふとしたことから、ファイナルに出場する選手がなぜか街のお店に集まり、一緒に夕食を食べるのですが、そのとき色気ダダ漏れのクリスという選手が、ヴィクトルと勇利がペアリングをしていることに気づきます。
「その指輪どうしたの?」と訊かれ、答えに詰まる勇利。
すると勇利と仲良しのピチットくんが「ハッ」と察し、店中に「ぼくの親友が結婚しまた!!」と大声でアナウンスするのでありました。
居合わせた人々から万雷の拍手を受ける2人・・・

このとき、誰もホモだとかゲイだとか同性婚だとかいう発言がなくて、みんな「おめでとう」とか「へ~」という反応をさせていたのがもの凄く感動的でした。
性別とか関係なく、男女の結婚話とまったく同じ反応をさせていたところに、なぜこの作品が好きなのか納得した次第。
「ハァ?」と理解不能な表情をしたキャラもいましたが、それは男性同士という嫌悪感ではなく、この2人ついにそこまで行ったのかという驚愕みたいな反応でありました。
この作品は性別とか取っ払って、1人の人間が、1人の人間を想い、焦がれ、それが愛だと知るということを素直に気持ちよくストレートにどーんと描いているのです。
男とか女とか、そんなこだわりなんかポイッと捨てて、誰かを好きになったのなら、何かを好きになったのなら、全力でそれを肯定するというスタンスで描かれています。
そこがとても好きです。
BLとは違う、誰に憧れて、焦がれて、近づいて一緒に時間を過ごしていく中で、どうしようもなく離れられない相手だと気づき、恋だと気づく間もないくらい相手のことを思う気持ちでいっぱいになり、それが愛なのだと知る、その相手が男だとか女だとかは問題ではない、その人のすべてをひっくるめて好きでし愛しているから、みたいな愛の形がとどどーーーーーーんと炸裂しているのであります。

原作の久保先生が10回の放送がニコ生であったあとだったかな、
「この作品を現実の皆さんがどのように思われても、この作品の世界の中では絶対に何かを好きになることで差別されたりはしないです。その世界だけは絶対に守ります。」
というツイートをされていて、大感動しました(´;ω;`)
いい作品だなぁとしみじみ思った。
プラトンがいたら嗚咽したんじゃなかろうか。

で、そのヴィクトルと勇利ですが、疑似恋愛かもナーと心配していたら、公式HPのあらすじに、

「ヴィクトルとの愛の光を指に宿した勇利は、グランプリファイナルの金メダルを目指す!
選ばれし6人の戦士達がショートプログラムで火花を散らす…!!!」

と書いてあったから、疑似ではなかったらしい。
なんか・・・すごいや。ハラショー。


まずい、なんだか激しく語ってしまいましたが、「ユーリ!!! on ICE」は本格的なフィギュアスケートのアニメであると同時に、愛がテーマのアニメでもあるのでありました。
もう・・・最高だよ・・・

そんなアニメに激しくはまっている世界女王様、グランプリファイナルがんばっていただきたいものです。
思い出し笑いとか出ないといいけど、ちょっと心配だわ。

そうそう、フィギュアスケートの世界ではゲイはスタンダードですわ。
羽生くんがソチで金メダル取ったときの振り付け師たちはほぼゲイだったしオーサーも有名だし、ジョニーもいるし、グランプリファイナルに出ている美しいリッポンもカミングアウトしているし、ごくごく自然な現象なのよ、ウフ。

そんなわけで、女子SPも楽しみです。
知子ちゃんはもちろん応援しますが、世界女王様も全力で応援しようと思います。


たぶんまたユーリ!!!のことを書くと思いますが、どうかスルーなさってください・・・
もうどうしようもないんだ・・・
私は悪い魔女・・・
ぜひヴィクトルの乳首について書きたい・・・


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12月9日 2拍手
どちらも「はあっはあっはあっ」に頂戴いたしました。

お陰様でなんとか6万玉集めることができました。
疾風怒濤の日々でした。
玉集めのために早起きしていました・・・
これからユーリ!!!の話題も多くなると思いますが、どうか目をつぶっていただけるとありがたいです(´;ω;`)

拍手、とても嬉しかったです!!
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1919-1350fdd7

| ホーム |