The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

ツイッターで「タイトル回収」か゜トレンド入りしていました。

というわけで、タイトル回収したあとにOP、しかもSE入りって、もう半泣きになるほど格好良かったですね(´;ω;`)
ここから、ここから真田丸の物語が始まるのですね!!

とはいえ、負けるんですよねぇ・・・
信繁、内記、作兵衛、この三人は同じ日に亡くなる。つまり討ち死するんだなぁと思うと、なんとも言われないものがこみ上げてきます。
真田丸で誇らしげにしているシーンを見ていると、こういう輝いているところをしつかり描くから、その死が何倍にも胸に迫るんだよなぁとか、なんで負けてしまったのかなぁとか、今回は豊臣側の勝利でいんじゃね? とか、早くも万感胸に迫るモードになっています。

今回は真田丸で盛り上がりましたが、このあと徳川の見事なしたたかさが炸裂していくわけなので、豊臣のほうに観じよう移入している身としては、ちと見続けるのがツライです。
もう次回が最終回でいいと思うの・・・

ところで豊臣のスパイですが、有楽斎か大野治長のどちらかだと思うのですが、誰なんだろう。
大野治長は徳川と結びつきがあるんですよね。
単純に考えると、有楽斎なのですが、うーむ。(有楽斎は、東京の有楽町の語源となりました。有楽斎の家、有楽ヶ原があったことから有楽町となったらしい)
家康へのお手紙には「お」と書かれてあった気がいたします。違っている気がぎゅんぎゅんしますが。
いったい誰なのでしょうね。
大野治長だとおもしろいんだけどな。
秀頼の除名嘆願のために情報を流し続けていた、みたいなことだとグッときます。

後藤又兵衛はしゃべらないほうがよろしいですね。
あんなに声が高い又兵衛初めて。
大河史上、もっとも声が高い又兵衛。
前回の三谷作品「新選組!」では、大河史上もっとも声が高い勝海舟が登場していまたしから、今回は又兵衛にその役が回ってきたと考えればよろしいのか。

さて毛利勝永。
格好いいのですが、それよりも頼むからあなたの部下っつーか家臣つーか手勢つーか兵を鍛錬して、合図が出るまで絶対出陣しないように固く固く固く固く言いきかせ、命令を徹底させろと叫びたい。
この方が映るたびに、こんなところに出なくていいから、兵たちの統制を取ってくれお願いと画面に向かって拝んでいます。
この方の兵が勝手に出陣してしまったために豊臣負けたのね・・・
まだ間に合う。
手下どもをなんとかしてくれ(;´・ω・)
と、祈っています。クゥゥ

まさか大河で男闘呼組と一世風靡セピアが拝めるとは。
あとは渡瀬恒彦が出てくれればいうことないのですが。

クランクアップのとき、最終回がバレるからと、確か写真などNGだった気がします。
いったいどんな最終回なのでしょうね・・・
残りもあとほんの数回となってきて、最終回が楽しみであり、寂しくもあり・・・
来年なんだったらまた再放送してくれてもいいのよ・・・
なんて思ってしまいます。

今回はラストでもう叫んでしまうほど感動させていただきました。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!!!!!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1903-a3c64ab9

| ホーム |