The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

秀吉が無事、昇天なさいました。

今回は秀吉のセリフ、

「佐吉を支えてやってくれ。淋しい男でな」

これに尽きます。
こんなことを言われたら、もうこの人に忠義を尽くそうと思ってしまう。
たとえ自分のことではなくても、こんなふうに自分の家臣を思う殿様だったら、命を捧げようと思うのではないじゃろか。
このときの信繁の表情がまたよかったですね(´;ω;`)

ただ、こういうことを言われると、のちのち縛られますよね。
忠義だ恩義だと、枷になってしまいます。
枷にするかしないかは個人によって分かれるところで、これから関ヶ原へ向けて武将たちがどう動いていくのか、真田丸ではどういう解釈で攻めるのかしらと楽しみです。

史実だと出浦殿はあそこで死なないはずなのだが・・・
ただドラマですし、どうなるのでしょう。
次回、何ごともなかったように復活していたら笑う。
信幸、大大大大大大大大好きなのですが、今回は殺りたくなった。
おまえが斬られろとか一瞬思ってしまいましたわ。(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに出浦殿が斬った忠勝の槍は、蜻蛉切ではないとのこと。
よかったですねん。

そして金吾・・・
これは、どういう過程で金吾が三成たちを裏切るのか、大変期待が持てます。
しかし金吾・・・
こういう素でしてはいけないことを平気でやっちゃうヤツいるよな。
と思ったら、ご長寿の皆さまだったじゃんよヽ(*´∀`)ノ
いやー、ロウソク、素晴らしいシーンでした。
出浦殿は家康より金吾へ出撃すべきだったと思いました。

今回も楽しませて頂きました!
いつにも増して短くて申し訳ありません。
オリンピック、早くも盛り上がってますね!
秀吉の小日向さんがもう拝めないと思うと淋しいです。
貫禄の演技で、毎回見入っては堪能していました。
真田丸は久しぶりに俳優さんたちの演技をガチで楽しめるドラマになっていますよね。
島左近も出るそうで、さらに盛り上がってきそうです。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月6日 1拍手
「鎮魂とオリンピックと」に頂戴いたしました。

夏は戦争のことをどうしても考えてしまいますね。
南方戦線で戦った人たちはどんなに暑かったろうなぁ、とか。
今もオリンピックどころできない人ちがいるわけですから、日本は平和になってよかったとしみじみ感じています。
こんなふうにブログを書いて、読んでくださって拍手をいただいて、本当に幸せです。
何かの形でお返しできればいいのですが。

拍手、ありがとうございました(´;ω;`)
とてもうれしいです。
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1886-e05e1302

| ホーム |