The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

呂宋助左衛門が登場しました!
登場する前の夕日をご覧になったでしょうか。
「黄金の日日」のOPへのリスペクトというかオマージュ(同じ意味か)ですよね(´;ω;`)

いろいろ書きたいことがあるのですが、刀ミュの感想を書いていたらHP/MPを激しく消耗してしまったので、明日以降に書こうと思っています。
あ、サブタイトルの「受難」は英訳するとパッション。
キリスト教に縁が深い言葉で、欧米で受難というとキリストの受難を意味することが多いです。
パッションは和訳すると情熱ですが、原語ではキリストの受難と同語です。
つまり情熱とは命を賭けることを意味します。そういう覚悟を持って挑むことがパッション、情熱です。
キリスト教の絵画が出てきたので、きっと受難とはキリスト教の受難の意味も込めたのかもしれませんね。
なかなか重いサブタイトルだなと思いながら見ていました。
うーむ、なんだか偉そうです、ご気分を害した方がおられたらすみません。


以前にも貼り付けましたが、もう一度「黄金の日日」のOPを貼っておきます。
しつこい性格なのであります。

THE 夕日!



黄金の日日といえばこのOPなのであります。
確か呂宋島であるフィリピンの夕日だったような。
大河のスタッフがフィリピンへロケに行った際、あまりに綺麗な夕日だったのでとりあえず撮影しとけと撮っておいたら、それがOPに使われてしまったのではなかっただろうか。
大河史上、最もお手軽なOPかもしれない。
それにしてもインパクトありますよね。
これでGO! となった昔のスタッフの肝っ玉と感性が素晴らしい。
変にこざかしい技術でいじっていないところがいいな。

いや~、助左と再会できて感無量でした。
本当に嬉しかった(´;ω;`)
三谷幸喜、ありがとう。
NHKもありがとうありがとうありがとう。

日を改めて感想を書ければと思います。
では股。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1869-1b54e732

| ホーム |