The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

君を夏の日にたとえようか。
いや、君の方がずっと美しく、おだやかだ。
荒々しい風は五月のいじらしい蕾をいじめるし、
なりよりも夏はあまりにあっけなく去っていく。
時に天なる瞳はあまりに暑く輝き、
かと思うとその黄金の顔はしばしば曇る。
どんなに美しいものもいつかその美をはぎ取られるのが宿命、
偶然によるか、自然の摂理によるかの違いはあっても。
でも、君の永遠の夏を色あせたりはさせない、
もちろん君の美しさはいつまでも君のものだ、
まして死神に君がその影の中でさまよっているなんて自慢話をさせてたまるか、
永遠の詩の中で君は時そのものへと熟しているのだから。
ひとが息をし、目がものを見るかぎり、
この詩は生き、君にいのちを与えつづける。


↑これは私が大好きな詩であります。

この詩に出てくる「君」とは、男性です。
詩を書いたのも、男性です。
そう、愛する女性の美しさを謳ったのではなく、
男が愛する男性の美しさを謳っているのであります。

作者は、シェイクスピア
これはシェイクスピアの有名なソネットです。
「君」は少年とも青年とも言われています。

私はこのソネットの存在を知ったときから、シェイクスピアが大好きになり、尊敬するようになりました。
素晴らしい・・・
シェイクスピア万歳!!!
私のホモの神!!!!!!
今の私にはつるが一期を賛美しているようにしか読めない。

シェイクスピアが生きていたら、きっと刀ステや刀ミュの脚本を書いてくれたと思うの。
三幕ものとかで、悲劇あり喜劇あり、もう大変、それはそれは素晴らしい舞台になっていたハズよ・・・!!
それこそ本当の意味の審神者がシェイクスピアの霊を降ろして、脚本書いてくださらないかしら。
頼むぜ・・・

てな妄想をしています。
こんなこと考えているからチケットが取れないのか。
でも止まらないの・・・(´ノω;`)

ちなみにご紹介したシェイクスピアの作品は、ソネット18番、戸所宏之 訳のものを引用いたしました。
シェイクスピア、たまらんですね。


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(´;ω;`)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月7日
「(◞‸◟)」に1拍手

7月8日
「マンカが描けたらいいのに」、「お芝居は~」、「ゲット!」、「(◞‸◟)」に1拍手ずつ頂戴致しました。

刀ミュ、秋の新作だけは行きたいのですが・・・(´;ω;`)
とりごえのゆうきくんとおごえのゆうきくんを何が何でも拝みたいのです。
あと他の3人もかなりレベルが高そうで、恐らくとうらぶの舞台化のなかでも、最もクオリティが高くなるのではとそれはそれは楽しみにしています。
まぁライビュがあると思うので、早くもそちらに望みを賭けていたりします・・・
とにかく大成功してほしいです。


ここからは頂戴したコメントへの御礼でございます。

りくこさま
りくちゃん、たくさんコメントありがとうございます~。
ところで、わたくし漫研の部長でしたか・・・(´・ω・`) 忘れていた。
ペンタブ買うか・・・
薬研について、いろいろ教えてくださってありがとうございます。
薬研についてわかっていることは、現在行方不明ということだけなんですよね。
しかし、りくちゃん、きよひちゃん、わたくしと3人ともカプも推しもバラバラ・゚・(ノω;`)・゚・
ぐれちゃんともバラバラなのか?
末法ですね・・・
金沢で展示の押形、面白いですね。本物なのでしょうか。きよひちゃんの感想を伺いたいものです。
刀ステの薬研は短刀なんだけど、しっかり歴史を刻んできた武器の貫禄があって、格好良かったです。
刀ミュ、チケットがんばります(>ω<、)
そして、新潟って三大ギャグ王国なんすか? 初めて聞きました。
新潟人ほどお笑いとは無縁の原人はいないと思うので、意外です。(新潟人は原人、アウストラロピテクスの一種である。進化の兆候は見られない。oh・・・)
ご長寿のお芝居は本当に想像を絶するので、今度また紹介しますね。すごいです、本当に。
そうそう、短刀たちは太刀よりも知識が豊富だと思います!
いち兄よりよっぽど大人の会話ができるはずです。短刀たちは長兄にいろいろ教えてやってほしいです。
鶴丸は墓には入れられていないと思うのですが(エジプトじゃあるまいし)、乱暴な奪われ方をされたことは確かなんだろうな~と思います。
貞泰の手に渡る前も主がいたわけですから、貞泰を主として認め、忠義を尽くすというより、ここで朽ちるのが自分の運命かと諦念みたいに受け入れはしたんじゃないかなと想像しています。
とはいえ付喪神の意識や思考はわからない。
ただあれだけの名刀ですから、自分の価値はじゅうぶんわかっていたと思うので、その自分を持ち主が他界したからと錆にするのか、という呆れはあったんじゃないでしょうか。
反面、ここで朽ちるならそれも運命かなと受け入れ態勢はできていただろうな~とか。
鶴丸は美術品として扱われていたっぽいですから、刀としては欲求不満な面もあったんじゃないかな~とか。
いろいろ想像しています。
宮内庁がうっかり御物を公開してくれないかなと期待しています。
刀ステ、ご覧になったらぜひ感想をお聞かせください!
ではでは、お仕事これから大変そうですが、お体くれぐれも大切にお過ごし下さいませ。


拍手、いつもありがとうございます(´;ω;`)
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1857-8db9f824

| ホーム |