The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

この前の沼田城ですが、北条が滅んだのちに真田へ戻ってきます。
信幸が入ります。
史実ですと、出浦昌相が沼田に行き、家老として信幸に仕えています。
出浦はずっと信幸の片腕として辣腕を振るい、天寿を全うしています。

沼田城は渡さん! とダダわこねていたYAZAWAは、北条氏滅亡後、無事沼田に戻ります。
信幸と一緒に城に入ったのかはよく分かりませんが、とりあえず天寿を全うしました。

息子の三十郎は父と一緒に沼田領へ戻り、その後、信幸に仕えます。
信幸が松代に移った際も従い、天寿を全う。一族は代々、松代の筆頭家老を務めます。
ちなみに松代城とは、海津城のことです。
あの春日信達が城代を務めていた城です。春日信達は、昌幸パパと信尹叔父上が調略して殺した、あのいい人です。
歴史は巡るのであります。

そうそう、昌幸パパに仕える真田家重臣、高梨内記ですが、この人はずっとパパと信繁に仕え続けます。
九度山にも従って行きます。パパが亡くなったあとも九度山に残ります。(他の家臣たちはパパが亡くなると出ていった者が多かった)
その後、信繁にずっと付き従い、信繁と共に夏の陣で討ち死にします。
ドラマではどんな最期が描かれるのでしょうか。

あと、名胡桃城が落ちたときの城将、鈴木主水が出てきました。
討ち死に? したとの報告を受けたとき、昌幸以下、その死を悼んでいました。
通説は、二の丸の守りを任せていた、妻の弟(諸説あり)である中山九郎兵衛が(この名も諸説あり)北条と通じていて、虚言で主水を城から出し、その隙に北条軍を率いれてしまった。
YAZAWAが援軍として駆けつけたが時すでに遅く、城の守りは固められていた。
責任を感じた主水は、降伏すると偽って沼田へ行き、九郎兵衛と差し違えようとしたものの失敗し、沼田のテラで切腹して果てた、というものです。
ただこれは史料には出てこない話らしく、そのせいか真田丸では具体的な言及は避け、とはいう有名なエピソードなので、主水の死を悼むだけに止めておいたものと思われます。

大体こんなところでしょうか。
出浦さんなどは夏の陣で壮絶な討ち死にをしそうな感じですが、意外と兄上についていて安泰だったのですね。
佐助は散りそうですが。

次回の忍城攻めは本当に楽しみです!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(´;ω;`)


 
 
 
 
 
 
 
 
 6月8日
「なぜくだらない~(´;ω;`)」の記事に1拍手をいただきました。
本当にありがとうございます!
コメツキバッタ状態です。
もっと精進ます(>ω<、)

大感謝です。
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1817-4c0a5877

| ホーム |