The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

昨日のテレビで睡眠不足に加えて、今日はがっつり働いて疲れているため、刀ステの話でも書こうと思います。(この前振り必要なのか)

昨日、演出兼脚本の方が、信長の存在というものは、刀剣だったり光秀だったり、それぞれの信長像があるものの、突き詰めていくとおぼろげで、それぞれの刀剣たちの関わりがとても虚ろである、だから虚伝というタイトルをつけたと語っていました。(舞台のタイトルは「虚伝 燃ゆる本能寺」)

刀ミュのほうは明確な敵というものが存在するのですが、刀ステの敵は一応倒す相手である時間遡行軍は出てくるものの、敵を倒すことが目的の物語ではなかったところが面白いなぁと思いました。

殺陣が素晴らしかったですが、実は会話劇でもあったというところもいいなぁと。(私の勝手な想像だが)
思い出すシーンは先日も書いたように、三日月とまんばちゃんのシーンと、あと織田組が意見を戦わせたりするシーン。相手と会話しながら、胸中、自問自答しているんだろうなと察せられるところがいい。

何度か書いたかもしれませんが、結局、信長とは何者だったのかという問いに結論を出さなかったのがよかったです。
舞台に信長が現れるシーンで、逆光になっていて表情さえわからず、炎の中におぼろに浮かび上がるだけという演出が、まさに虚伝というタイトルを表していたということでしょうか。
含みを持たせてあるから、いろいろ想像できて楽しいです。

信長というあまりに大きな存在に、な信長の死後なお振り回されつづける織田組の話だったわけでありますが、最後、宗三が笑えるようになって本当によかった。

もう少しがっつりとした会話劇でもよかったのではと思った。
本能寺だから、シェイクスピアとかギリシア悲劇調のドラマチックな本能寺の変という演出が見たかったかもです。
照明が素晴らしかったので、つい、いろいろ想像してしまいます。

やっぱりシェイクスピアは天才ですよね。ホモだしな~。

それにしても、まんばちゃんの美しさといったらないな。
あと、はせべがやたら印象に残っている。前にも書きましたが。
三日月はいろいろ書いたから自粛するとして、まんばちゃんとはせべはよかった。
はせべが一部の隙もなく、長谷部を演じていたところがすごかった。
素はあんなにかわいいのに、まったく顔つきが違うところがすごかー。

まんばちゃんは台詞の捉え方が知的だなーと思った。
きっと本をけっこう読んでいる人だろうなーとか。

今夜この2人は映画館デートだったらしいので、よきかなよきかな。
遊戯王の予定が時間間違えてズートピアって、女子以上にかわいいな。
あと光忠・・・
部屋暗くして、アロマキャンドル灯して音楽を楽しむのが好きって、そんなのツイートしてどうしろと・・・
愛してしまうじゃないか・・・
この3人が好きかもなー。
舞台でも目立っていたので、これからどんどん活躍していってほしいです。

いけません、だんだん朦朧として、理性が働かなくなってきてヤヴァイ状態なのでこれにてドロン。

そうそう、ディスグーニーのSSSという舞台がめちゃくちゃ面白そうです。
こちら
チケットですか・・・この世は地獄です・・・取れやしねェ(>ω<、)

そうそうそう、舞台といば、こち亀の舞台がすごそうですね。
ムダなところに力を入れているそのスタンス、嫌いじゃない。


それでは、股!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月7日 2拍手
「40階」と「ああああああ」の記事に、それぞれ1拍手ずつ頂戴いたしました。

取るに足らない記事にいつも拍手をくださいまして、本当にうれしいです(´;ω;`)
ありがとうございます!

大阪城イベントは今までで1番敵が強いです・・・
別にトライしなくてもいい気がするのですが、挑まれればつい受けて立ってしまうという・・・
今も再び大阪城です・・・

昨日の深夜、思わず刀ステ特集など見てしまったため、睡眠不足になっています。
何をやっているのかと情けなくなります・・・
いつになったら正気に戻るのか。


拍手、感激でした(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)
心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1814-6ca6b547

| ホーム |