The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

とても期待していた真田丸が始まりました!
御覧になった方は、どのような感想を持たれたでしょうか。
私はとても面白く、興奮しながら見ていました。

その昔、NHKのドラマ「真田太平記」の記憶がうっすらありまして、大傑作と刻印されているので、まずOPで草刈正雄と榎木孝明、両名の名前を見ただけで感無量になりました。
草刈正雄はご存じのとおり真田太平記で幸村を、榎木孝明は従兄弟筋の樋口角平衛を演じていたのであります。
いつか大好きな真田信之(幸村の兄)を演じたタクシードライバーが出ないものかと、もの凄く期待しているのですが…。

そのOP、これよかったですね。
色彩にまず感動しました。あの独特の臨場感。まるでゲームの映像みたいでしたよ! リアルなフィクションといった光景でした。
なんといますか、リアルなんだけど、何百年の時代の隔たりが感じられるというのか、天正の時代そのものを、甦らせるのではなくて、そのものを撮ってきたみたいな感じというのでしょうか、そんなものをあの落ち着いた色調から感じていました。

壁が何種類か出てきましたが、これは題字を担当した方のものなのでしょうか。
これもいろいろなことを象徴しているみたいで、壁をこれほど見入ることは初めてでした。

そしてOPラストの突撃シーンは圧巻のひと言です。
あれは何度でも見返したいシーンです。
どこのゲームかと思うくらいのド迫力でした! レッツパーリィ!!!!!!
なんか判断基準がゲームというのがアレですが、まぁ気にしないで…(´;ω;`)
あの赤備えの真田軍団の突撃は、あのシーンを見られただけでもよかったと思えるシーンでした。

ドラマのほうはといいますと、草刈正雄がとにかくよかった。
時々、丹波哲郎と重なって見えてしまいました。
丹波哲郎は真田太平記のとき、父・昌幸、つまり今草刈正雄が演じている役をやっていて、圧巻だったのですが、第1回を見た限りでは何度か被って見えていました。
ただ草刈正雄のほうが軽妙洒脱で、軽々と世の中を渡っていきそうな印象です。
「武田は滅びるぞ」
これ最高でしたな。

昌幸に滅ぶと予言された武田家が今回のメインだったわけですが、武田を通して、戦国がどいうい時代かを見事に描いていたのではないでしょうか。
生き残るため、家を存続させるためなら手段をえらばない、必死に時勢を見極めていた時代とでもいうのでしょうか。
敗者に寄り添う脚本家らしく、三谷幸喜は武田勝頼を悲劇の将として描きましたね。
たしか新田次郎も同じように悲劇の将として描いていたはず。
勝頼はバカ殿の印象がありますが、長篠の戦いで信玄の時代からの有能な武将がほとんど討ち死にしてしまったという悲しい事情があったらしい。
今回の勝頼は、りっぱな側面をきちんと描いて、その悲劇っぷりを際立たせていました。
最後、ぬっくんに裏切られたときの勝頼が痛々しすぎて見ていられなかった。
殿様ひとりがりっぱでも、この時代は生き残れなかったのですね。
ただ、こうして描いたことで勝頼も浮かばれたのではないでしょうか。
合掌。

1回目のラスト付近で群像劇っぽいシーンになっていたので、これからさまざまな武将たちが入り組む戦国時代をとても面白く描いてくれそうで、2回目以降が楽しみになってきました。
今回は大好きな江雪斎が出るらしいので、今から待機しています。

というわけで、大変楽しませていただきました!
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼です。
遅くなりまして、申し訳ございません(´;ω;`)

 
 
 
 
 
 
 
 
1月4日 1拍手

1月7日 2拍手

1月8日 2拍手

1月9日 2拍手

1月11日 1拍手

1月12日 3拍手

拍手をありがとうございました(´ノω;`)
御礼が遅くなりまして、大変失礼いたしました。お許しくださいませ。
そして記事の詳細が追跡不能となっております・・・。重ね重ね申し訳ありません。
ほとんどがゲームの発狂記事に頂戴している模様です。
あのような記事におつきあいくださったばかりか、拍手までくださいまして、
大感謝、大感激でございます(´;ω;`)
これからもがんばって発狂していこうと思います! ッシャアアア!!!


ここからは頂戴いたしましたコメントへの御礼でございます。


瀬名 晶様
せにゃさま、いつもありがとうございます。
源氏兄弟、素晴らしすぎます・・・
兄者はおっとり系。ふんわりしていて、けれど戦うときは一転凄味を増すというお約束(レσ◡σレ)
弟は、もうかわいすぎです。アニジャー、アニジャーと連呼し、兄者に名前を忘れられては泣いています(vメ⌓˂)・゚
ただのブラコンかと思いきや、こちらも刀を持つと源氏を背負って戦ったときの雄壮な姿が甦る・・・といったぐあいでした。
そして明石なのですが、彼はチャラ男というより、魂の底からやる気がない刀剣です。やる気の無さを関西弁でどうでもよさそうに語り倒してくださいます。という、とてもステキなキャラでございます。
私は1番親近感があるかもしれなくてよ・・・
せにゃ様もぜひ! 歴史や日本刀などにもお詳しいから、楽しめると思います。
そちらの寒さはいかがでしょうか。お風邪など召しませんように。


まつやま様
お陰様でなんとか源氏兄弟をお迎えしました!
あまりに突っ走りすぎて、ようやく復活することができました・・・
年は取りたくないもの・・・。゚(゚´Д`゚)゚
今、福岡でへし切長谷部と日本号の展示をしているのですね。
黒田家は本当に素晴らしいし、九州の大名家の偉大さをしみじみ感じています。
まつやまさま、いつも本当にありがとうございます!


皆さま、ありがとうございました。
いつも励ましてくださって感謝しております。
心から御礼申し上げます(´Д⊂ヽ

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1723-60368507

| ホーム |