The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記





作品のことを知ってからずっと見たかった映画『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』をやっと見ることができました。
これはDVDを予約して購入いたしました。
1人の登山家を救出するために集結した登山家12人を取材したノンフィクションのロードムービーです。


少し内容を紹介いたしますと・・・

“キラー・マウンテン(死の山)”と呼ばれるアンナプルナ。
世界で最も危険な山として知られ、登山者の5人に2人が命を落としている・・・。

ヒマラヤ山脈のアンナプルナ南壁は、世界で最も危険なルートと言われ、
山頂まで8,000mの道程の中、標高7,500m地点で7キロも続く尾根を横断しなければならない。
2008年5月、スペインのベテラン登山家イナキ・オチョア・デ・オルツァは、
頂上に向かう途上で高山病に襲われるという危機的な状況に陥り、同行者のホリアがSOSを発した。
その報を受けた世界10カ国の12人の登山家たちは、
自らの死をも覚悟するほどの危険な場所への救出活動に出向いたのだった・・・。(DVDパッケージより)


2013年10月にアンナプルナ南壁単独登頂に成功したスイスの登山家ウーリー・ステックは、自らの登山プランを断念してまで参加した。
ほかにも2014年ピオレドール賞審査員に選ばれたロシアの登山家デニス・ウルブコ、
さらには2013年5月にエベレストで亡くなった、ロシアを代表する登山家アレクセイ・ボロトフなど、
数多くの世界的に有名な登山家たちが躊躇なくアンナプルナへ向かったのだ。(Amazonの説明より)




8,000メートル級の山といえば、地球上でも最も過酷な場所のひとつだと思うのですが、そういう極限状態の中にあっても失われない人間性を持つ人間が、この作品に出てきます。
登山家たちは皆、物静かで、いっさい誇示せず、どんな難事もなんでもない素振りで淡々と物事に当たる人たちでした。

「自分が見せ掛けではない真の男だからだ」と話す言葉が、自慢に聞こえずに、素直にすっと入ってくるのは、この登山家が人間というもの、自分というもの、山を含めた自然というものを謙虚な姿勢で知り尽くしているからなのだろうなと思います。

救出に向かった登山家の1人で、遭難したイナキがいる第4キャンプへ辿り着いたウーリーは、普通3、4日掛かるところを1日で到着しています。
しかも彼とイナキは数回しか会っていないのに、駆けつけるのです。(イナキのほうも、数回しか会っていないウーリーのことをきちんと覚えていました)

山をやっている人を少し知っているのですが、彼らは一様に身軽でした。無駄なものを持っていない。物でも、精神面でも。
そして物事の本質をきちんと捉えていて、生きていく上で必要なこと、ものを正確に知っていました。
知恵と知識が驚くほど豊富でした。
なにしろ自然相手ですから、当たり前といえば当たり前なのですが。
皆、本をよく読んでいました。
誰かが救助を求めれば、本当に誰であろうと駆けつけるんですね。

映画に出てくる登山家たちは全員、自分にできることをしただけだと語ります。
「友人が窮地に陥れば、彼を助けるために出来る限りの努力をするだろう」と当たり前のように話したあとで、ただ彼らは英雄のようだった、と、他の登山家たちを褒めるのです。
すると名前を挙げられた登山家たちも「僕は英雄じゃない」と否定し、他の登山家たちこそ英雄だと賞賛するのですね。
世界10カ国から集まった登山家たちは、それぞれの国で、同じように謙虚に語り、相手を尊敬する言葉を発していました。

彼らが語る言葉はどれも素晴らしいものばかりです。

「(自分たちの行動を)美談だとは思わない。そんなつもりで参加した者は1人もいない。状況を打開するため最善の方法を見つけようとしただけだ」

(イナキを三日三晩看病したホリア)
「僕は英雄なんかじゃない。友人と一緒にいただけだ。そうしない奴がいたら最低だと思う」

「ただ助けたかっただけだ。なぜなら   人間だからだ。助け合ってこそ人は生きられる。それだけだ」

「自分はどうやって困難を乗り越えられるか。どうやって途中で引き返さすことなく頂上まで辿り着けるか。どうやって人と繋がれるか。どうやって厳しい局面で親友と親友のままでいられるか」 

鑑賞する前に、アンナプルナについて少し知識を入れておいた方が見やすいと思われますが、とても素晴らしい映画ですので、ぜひご覧になってみてください。


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(*´ω`*)

 
 
 
 
 
6月1日
「結局あのモツ鍋は何だったのか」の記事に1拍手を頂戴しました。

太古の記事を読んでくださったばかりか、拍手をくださいまして、本当に感激しております。
「うなぎ犬」・・・じゃない「うなぎ鬼」は今も思い出したくない小説です。
そして愚母は相変わらず話の先回りをして、腰を折ってくれます。
どうしてやろうか・・・

拍手、嬉しかったです(´;ω;`)
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1609-706314ac

| ホーム |