The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
毎日暑いですね。
一瞬にして夏になったようです。

夏といえば、花火です!

毎年、こちらの長岡で開催される花火大会のチケットが3日から発売になりました。
新潟では長岡の花火大会というと、とても有名な花火大会です。
三尺玉が打ち上がることでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
もしご存じでしたら、とても嬉しいです(*´ω`*)

今日はその長岡花火について紹介させてくださいませ。

以前にも少し書いたことがあるのですが、長岡の花火は長岡まつりの行事として行われるものでして、毎年8月2日と3日の夜に打ち上げられます。
それは長岡まつりが、昭和20年8月1日の夜に起こった長岡空襲の慰霊と鎮魂に端を発しているからなのでした。
もっとも花火大会は戦争とは関係なく明治から打ち上げられていたそうです。
2005年からは中越地震からの復興を祈願しても打ち上げられるようになりました。

花火はまず前夜祭の8月1日、空襲が始まった22時30分に、「慰霊の花火」3発が打ち上げられます。
白菊という、真っ白な花火です。
夜空に真っ白な花火が3発だけ静かに打ち上げられる様は、空に菊の花を手向けているようなのだそうです。

そして2日、3日と盛大な花火が信濃川の河川敷で1時間近く打ち上げられます。
川と橋を利用して上げる花火大会なので、横のスケールがムダにでかく、花火によっては視界に収まりきらないものもあるのでした。
ベスビア火山から命名されたベスビアス大スターマインなる、やたら大げさな花火も上がりますよ。(有名らしい)

長岡といえば三尺玉が有名です。
1日に2発上がみたいです。
この三尺玉が上がるときに、空襲警報のサイレンが鳴るのでした。
一時、サイレンを鳴らしていた消防署が引っ越してしまってサイレンが鳴らない時期があったらしいのですが、やはり三尺玉にはサイレンだろうというわけで復活したと聞きました。

長岡という土地は盆地のため気候が厳しく、豪雪地帯でもあります。
そして、痛ましい歴史を繰り返してきた土地です。
幕末の戊辰戦争で町を破壊され(そのため長岡では河井継之助の人気はあまりない。米百俵の小林虎三郎のほうが人気)、太平洋戦争では模擬原爆を落とされ、空襲に遭い、中越地震があり、たびたび水害に見舞われ、不況の波もかぶり、毎年のように開催が危ぶまれつつ、雪国のド根性と意地で花火を打ち上げ続けてきました。
特に2004年は水害、中越地震、豪雪が立て続けに起こり、さすがの長岡も花火どころではないだろうなぁと思っていたら、その翌年、それは見事な花火を打ち上げて復興の狼煙を上げたのでした。

一応、秋田の大曲、茨城の土浦とともに日本三大花火のひとつに加えさせてもらっていて、ありがたい限りです(T.T)
大曲や土浦と違うところは、この2つが競技大会であることに対して、長岡は鎮魂と復興の花火というところでしょうか。
もちろん隅田川や諏訪湖など、長岡よりすばらしい花火大会はたくさんあると思うのですが、この長岡の花火は、なぜか「泣ける」といわれています。
2009年の花火を見上げて涙した人の中に、大林宣彦監督がいて、それから2年後に「この空の花」という映画ができました。
この映画がきっかけで、花火と長岡のことを知ってくださった方がけっこういらっしゃったそうで、花火大会の観客も増えたたそうです。

今年は開催側もはりきっていて、客席を4万人近く増やすらしい。
大丈夫なのかな・・・


それでは、長岡花火からいくつかご紹介。
よろしければご覧になってください(*´・ω・`)ノ


まずは「天地人花火」。
大河ドラマ記念ってやつ?
全国のヒトビトが忘れても長岡と上中越のやつらだけは未来永劫盛り上がり続けるのだった・・・
音楽と花火の一体感が見事です。




次は「『この空の花』花火」。
映画「この空の花」を記念して打ち上げられました。
とにかく色がキレイ。
お花の宝石が撒かれているみたいです。
夜空がお花畑になったよう。
綺麗で綺麗で、涙が出てくる。
音楽が聴き取りにくいのですが、映画のメインテーマが遣われています。
作曲は久石譲氏。

まずは8月2日の花火を・・・



こちらは8月3日。微妙に違います。
映像はこちらのほうがクリアです。




そして、復興祈願花火「フェニックス」。
中越地震、水害からの復興祈願花火です。
2㎞の横一列に渡って上がる花火は圧巻のひと言です。
この花火は平原綾香さんの「ジュピター」が流れる中、打ち上げられます。
この曲は、中越地震のとき、避難している人たちの心の支えになった曲なのでした。
だからフェニックスには必ず「ジュピター」が流されるのであります。
もしできましたら、この花火だけは見ていただけるとありがたいです(T.T)
何度も何度も上がり続ける花火は、まるで踏みつけられても踏みつけられても立ち上がるこの土地の姿のようでもあり、なぜだかわからないけど勇気づけられ、問答無用で圧倒され、感動を強要させられるようなド迫力で、夜空を埋め尽くすのでした。
それにしても三尺玉とか四尺玉とかレルヒさんとか、上中越ってムダにデカイのが好きよね・・・
(新潟市は下越で、上越も中越も感覚的に他県)




しつこくてすみません。
こちらは2009年バージョン。
どれだけフェニックスのスケールがバカデカイがよくわかる動画。
もう1度感動したい方に。(大きなお世話ですみません)



チケットは抽選販売で、申込期間は3日~12日まで。
詳しくはコチラ
興味のある方はぜひ・・・

なんだか長岡の観光課の回し者みたいな内容になりました。
すみませんすみません(>ω<、)


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(T.T)

 
 
 
 
 
 
6月3日
「あなた方の行く先に」の記事に1拍手頂戴いたしました。

昔の記事を読んでくださって、感激しています(T.T)
この記事にある小説は、2作とも今でも好きな作品なので、余計嬉しい拍手でした。
こういう拍手を戴くと、またがんばって感想を書こうかなという勇気が湧いてきます。

ほんとうに嬉しかったです!
心から感謝いたします。
ありがとうございました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1580-2eb73a5d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。