The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨夜放送のの「SHERLOCK3」、面白かったですね!
BBC、ありがとう。
前半は妄想ネタをすべて実写してくれたようなエピソードがてんこもりで、BBCと制作サイドの芸人根性みたいな本気に少し引きました。
引いたシーン・・・シャーロックと宿敵モリアーティの(敢えて自粛)
ここまでやるんだー。NHKもがんばって。

ご覧になっていない方のためにちょこっと説明しますと、このドラマはシャーロックホームズの現代版で、シャーロックは俺様な天才的頭脳を持つ鬼畜、ジョン・ワトソンはそんな鬼畜に振り回される善良な一市民、でもシャーロックが(友人として、あくまでも友人として)好き、という設定になっています。
シャーロックは原作よりも人間性が乏しく、人の気持ちというものがほとんど理解できません。
一方、ジョンのほうはとことん優しく、変人扱いされるシャーロックの気持ちすら理解します。
ケンカしつつ、次々と事件を解決していく2人を生暖かい目で見守るアパートのオーナー、ハドソン夫人。
なんだかんだとシャーロックに好意を寄せるレストレード刑事。
社会不適合者の危なっかしい弟を見守る国家権力の権化、シャーロックの兄マイクロフト。
まともな人間がまったく出てこないステキなドラマです。

ここから内容のネタバレになりますので、ご注意くださいませ。


シーズン2のラストで、宿敵モリアーティとの戦いが一応決着するのですが、その代償は大きく、ジョンの目の前でシャーロックが建物の屋上から飛び降り、死亡してしまいます。
シャーロックはモリアーティからジョンを始めとする親しい人の命と引き替えに、自ら死ぬことを脅迫されていました。
屋上で相まみえたモリアーティは言います。
自分の部下たちがジョンたちをライフルで狙っている。救いたいのなら死ねと。
部下たちは自分の命令しか聞かない。狙撃をやめさせるには自分が命令するか、シャーロックが死ぬしかない。
そしてモリアーティは銃を口にくわえて自殺してしまうのでした。
もはやジョンたちの命を救うには、シャーロックの死を持ってしか手段がなくなったわけです。
追い詰められたシャーロックは、屋上から飛び降りようと端に立ちます。
そこへジョンがクルマで駆けつけ、屋上にいるシャーロックを発見。
ジョンが見上げながら必死で止めようと叫ぶ中、シャーロックは身を投げ、地面に落下、死体となってしまうのでした。
半狂乱のジョン。
数日後(数週間だったかも)、魂の抜けたジョンとハドソンさんがシャーロックの墓参りをしています。
そんな2人を、なんとシャーロックが陰から見守っているではありませんか!
あれ、シャーロック死んだはずじゃあ?
なぜ? どうして?
なぜなんだ~~~~ッッ!! という最大のナゾを残したままシーズン2エンド。

昨日から始まったシーズン3は、死亡確認されたはずのシャーロックがなぜ生きていたのかという謎解きが明かされるという期待もあり、ファン大注目となっていたのでありました。

てっきりシリアスな内容かと思ったらとんでもない、もうネタてんこもりのお笑い路線でスタートです。
話は2年後からスタート。
シャーロックは相変わらずの無神経ぶりで、自分が生きていることを2年間まったくジョンに知らせず、そのことに一切後ろめたさも申し訳なさも感じていませんでした。
まぁいろいろな事情があって2年間経ってしまったのですが、いざ再会しようというとき、自分が実は生きていたことをジョンは「喜ぶに決まっている」と決めてかかっているところが単純すぎます。
で、この再会が、最悪すぎる再会となって、シャーロックはジョンからボコにされていました。
ジョンはもっと殴ってよかったと思う。

シャーロックはなぜ助かったのか。
シャーロックを蛇蝎のごとく嫌っていた元鑑識、今では贖罪の意識からロンドン1のシャーロキアンと成り果てたアンダーソン率いるシャーロックおたくがそれぞれの推理を展開していきまして、これがハンパなかったです。
この推理ネタと再会ボコりネタで30分持たせるところが、さすがはモンティパイソンとシェイクスピアを生んだ国といったところでしょうか。
後半はやや強引な展開でしたが、この回はシャーロックとジョンのコンビ復活を祝うジュビリーな回ということで、すべてノープロブレム。

ところで、キャストの中で私は兄のマイクロフトが好きなのですが、マイクロフトが凄すぎるということがよくわかった回でもありました。
1番ひどい人はマイクロフトかもしれない。

この放送のあと、この回と対になる「シャーロック・ホームズの冒険」の「空き家の怪事件」の再放送もあり、しっかり堪能させていただきました。
ジェレミー・ブレッドのホームズは何度見てもいいですね。


そういえば、東京のタワレコ渋谷店で、「SHERLOCK」のドールハウスを展示中とか。

こちら

いいなぁ(´;ω;`)
もしタワレコ渋谷店に行かれる方は、よろしければ私のぶんまで特設コーナーを楽しんできてくださいませ・・・

なんだか本当にどうでもいい書き込みに成り果てました。
すみません・・・

以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(T.T)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月19日
「武蔵・・・だと?」に1拍手
「先を越されました」に2拍手

3拍手を頂戴いたしました。
お心遣い、とてもうれしいです(T.T)

昔のCMは、CMの幅を超えて、クリエーターの作品として問いかけるものが今よりもあったように感じます。
これは私が年を取って懐古趣味に走っただけではないと思うのですが・・・

大相撲、盛り上がってきましたね!
少し前から考えると夢のような盛り上がりです。
そして願わくば日本人の横綱が誕生しますように。


ここからは頂戴したコメントへの御礼でございます。

まつやま様
豊真将がお好きとは、おお、腹心の友よ・・・༼✷ɷ✷༽
豊真将の所作は見ていて清々しいですね。ああ、嬉しいです。
栃乃和歌、今の春日野親方ですね。
今場所、出羽海親方に変わって、勝負審判を務められましたね。
まつやまさんたら、ほんとに渋いというか、玄人好みですね~。
まつやまさんがご贔屓の霧島、陸奥親方は勝負審判ではなくなったので、
あまりTVで姿を見られなくなりました。残念。
部屋から生え抜きの関取が誕生するといいですね~。
こうして相撲を話題にできるなんて、幸せを噛みしめています(´;д;`)
サントリーのCM、よかったですよね。
今はクルマのCMががんばっている印象があります。
久しぶりにサントリーのCMを見て、レコードを持っていたマーク・ゴールデンバーグのCDが欲しくなってしまいました。
花子とアンですが、美輪さまのナレーションが、ご長寿に悉く不評です。
同じ妖怪同士、同族嫌悪でしょうか。
あ、シャーロックご覧になりましたか?
面白かったですね~~~(。◠‿◠。)♡


拍手、ありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1575-ae908367

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。