The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

申し訳ありません、八重の桜の感想は明日以降UPとなりそうです。
今週もうっかり半沢直樹を見てしまったら、HP/MPを使い切ってしまった模様・・・


今回の八重の桜を見ながら、なぜ大蔵の桜にしなかったのかと疑問を持つようになりもした。
山川浩(大蔵)と山川家を主役にしたほうが会津をしっかり描けたのでは?
八重だと途中から京都が舞台になって、京都の復興を描くことになるし、実際に美形で優秀な山川兄弟のほうが絵的にも話的にも華やかになったのではなかろうか。おいはそう思う。

ストーリーも何やら昼ドラの様相を呈してきた模様。
時栄さんは確か不倫して子供を産み、八重に叩き出されるハズ。
恐ろしか。

感動しながらも俗世間のあれやこれやに胸が騒ぐ回でございました。

みねちゃんがいろいろな意味で可哀相でした。
大人って汚い! なんて叫ばれそう・・・
ほんとに、ごめんなんしょですね。

ではまたのちほど。
拍手への御礼も日を改めさせていただければと思います。
お許し下さい(´ω`。)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1548-478b6adf

| ホーム |