The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

清盛の感想の前に、戴いた拍手への御礼を・・・

いつもありがとうございます(´;ω;`)

清盛の感想はまた後日・・・
最終回の予告に圧倒されました。
壇ノ浦と弁慶の仁王立ち。
諸行無常ってやつですね。

そして昨日のゴッシー、よかったな(T.T)
翔太くん、素晴らしかった。
誰よりも複雑で、単純な思いを抱えていたのかもしれないな、と想像させる後白河でした。

ではまた後日。
ああ、清盛が終わってしまう。
終わらないで~で~で~~~(´ノω;`)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12月10日 7拍手

12月14日 3拍手

12月15日 1拍手 

12月16日 7拍手

12月17日 2拍手

このように拍手を頂戴いたしました。
記事は、「冒険の始まり」「子鹿よ」「拍手御礼」「清盛48回」「清盛47回」「暗いのじゃ」などに戴いております。(申し訳ありません、1部データが追跡不能になってしまい、詳細がわからなくなってしまいました。伏してお詫び申し上げます)

ホビット、映画評などでは今イチみたいなので(しょぼん)、もし「なんじゃこりゃあ!」という感想をお持ちになられましたら、まことに申し訳ありません(´ω`。)
拍手御礼や「暗いのじゃ」のような記事にまで拍手をくださって、逆にこちらのほうが御礼の拍手を100回くらいしたいです。
さて、清盛も遂にあと1回で終わりとなりました。
とにかく最終回が見たくてたまりません。
「八重の桜」、清盛に圧倒されたまま見ることになりそうな予感・・・
ゴーみたいな作品になっていないことを祈るのみだす(T.T)
パンピ、ひどいですよねヽ(*´∀`)ノ
これ子供に見せたらどうなるのかな。クスッ。

皆さま、ありがとうございました。


ここからは頂戴したコメントへの御礼でございます。


まつやま様
まつやまさまもホビットをご覧になったのですね!
原作と違ってトーリンがやたら若く格好いいので、びっくりでした。
私は瀬田貞二訳で読みまして、その中ではトーリンの一人称=わし、語尾=じゃ(~するのじゃ)だったので、まさかあのような武闘派になっているとは・・・
そしてキーリみたいなイケメンもご用意とは、ピージャク、わかってますよね!
ありがとうピージャク!
ちなみにトーリン役の俳優さんはなかなかのイケメンで、身長が190㎝あるそうですね。
映画だとドワーフなのでちっちゃいのに、実は大男だったという・・・
そしてホビットを見ている間中、アラゴルンの面影を探しているバカ女がここに・・・
指輪のアラゴルンは本当にかっこよかったですよね。
ボロミアもよかった。
指輪の3部のラストは私も大感動しました。
ホビット4人にすべての人が跪くシーンでは、私も泣きながら跪きたかったです。
今でもフロドを見る度にじわっときます。
ですからホビットの冒頭は、実は少し泣いてしまいました。
すみません、指輪の話になると止まらなくなってしまいます(T.T)
清盛、いよいよ最終回ですね!
予告を見ただけで胸が痛みました。
どんなラストになるのか・・・
また感想など交換させていただければ嬉しいです(´ω`*)


皆さま、この度もありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1506-c78709e0

| ホーム |