The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

炎のランナー (アルティメット・エディション) [DVD]炎のランナー (アルティメット・エディション) [DVD]
(2008/10/24)
ベン・クロス、イアン・チャールソン 他

商品詳細を見る



ロンドン・オリンピックが終わりました。
たくさんの感動の中に、会場や開会式などで映画「炎のランナー」の音楽や映像が使われていたことがありました。

この映画をご覧になった方は多いのではないでしょうか。
そして、あのテーマ曲を聴いて、胸が熱くなった方もおられるのでは。
私も大好きな映画で、何度見たかわからないほどです。
オリンピックを舞台にした作品の音楽が、本物のオリンピックで流されるなんて、なんという感動。
今から30年くらい前の作品ですが、イギリスではずっと愛されてきたんだなぁということもわかって感激でした。

オリンピックでテーマ曲が流れるたび、「炎のランナー」の感動が甦り、閉幕したら見ようと楽しみにしていまして、今日、DVDで鑑賞しました。
やっぱり何度見てもいいです(T.T)
しつこく見返すシーンはOPとEDはもちろん、リデルの200ヤードのレースです。
スコットランドでのレースですね。
このときの音楽がまたいいんですよね。チャントというタイトルじゃなかったかな。
あとオリンピックでのリデルのレース。
彼が疾走する姿を見つめるエイブラハムの表情が胸を打ちます。
もちろんシャンパングラスのハードルも見ますよ。
個人的クライマックスですよ。ぐふふ。

もしまだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひ。
1924年のパリ・オリンピックで、陸上短距離のメダルを目指した若者たちの実話をもとにした物語です。
主人公は2人のイギリス人。(正確にはイギリス人とスコットランド人)
1人は、ユダヤ系であるため走ることで偏見を払拭し世間を見返そうとするケンブリッジの学生、エイブラハム。
もう1人は、自分の俊足は神から与えられた恩寵であり、走ることは神の愛を体現することだと考える宣教師、リデル。
奇しくも2人は、イギリス屈指の短距離ランナーであり、ともにオリンピックを目指すのですが・・・
ケンブリッジのカレッジ生活や、20年代のファッションも見所のひとつとなっています(。◠‿◠。)♡
なんといってもスローモーションを使ったレースシーンが素晴らしい。
速さをスローで表すのはこの映画から始まったのではないでしょうか。
そしてヴァンゲリスを世界に知らしめた、あの音楽。
何から何までカチッと嵌った、名作です。
・・・たぶん。

ちなみにこの映画は吹き替え版が秀逸なのでおじゃる。
訳が素晴らしい!
今は亡き声優陣の演技も素晴らしい!!
可能なら吹き替え版をぜひご覧下さい。

DVDを見直しながら、ロンドン・オリンピックの感動を新にした次第です。
これからちょこちょこ舞台裏の話が出てくるのでしょうね。

オリンピックで面白かった競技は、250㎞自転車ロードレースでした。
時速40㎞で走行ですよ。
こんな速さで乗れたら、どこへでもチャリンコで行く。

それにしても「炎のランナー」はいいですねぇ(T.T)
名作は何年経っても色褪せないものですね。


以下は拍手御礼です。
ありがとうございました(T^T)


・・・何か忘れていると思ったら、清盛でした。
閉会式のフレディに大感動して、すっかり飛んでしまいました。
今週中にはどうでもいい感想を書けたらと思います。
炎のランナーどころではなかった。うぬう。

 
 
 
 
 
 
 
 
8月14日 「終わりました」の記事に2拍手を頂戴いたしました。
しばらく放置プレイでしたのに、こうして拍手を戴けて、とても嬉しかったです(T^T)
オリンピックはご覧になりましたでしょうか。
私の周りではけっこう見ていまして、全員が解説者状態でした。
誰も相手の話を聞いておらず、勝手に話したいことを話し、なぜか感動をわかちあえるという不思議な空間が出来上がっていました。
そうそう、閉会式にUFOの編隊は現れませんでしたね。残念。
明日の8月15日を考えると、こうしてオリンピックを楽しめることに、しみじみ幸せを感じてしまうのでした。

まだまだ暑さが続きますが、どうかお体大切にお過ごしくださいませ。
拍手をありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1478-1fa9ae2c

| ホーム |