The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

清盛の出世に伴って平氏から平家となりました。
そして衣装があからさまにレベルアップしていましたね!
始まった当初の、山賊の館みたいな雰囲気から、なんとりっぱに、雅やかになったものよと、袖で涙をぬぐう心境でした。
皆さん、本当にりっぱになって・・・(T.T)
1番びっくりしたのは、兎丸。
こいつまでりっぱになっているとは、申し訳ないですがキンキラキンの衣装を見たとき「ブハッ」と吹いてしまいました。
ときどき笑うシーンなのか違うのか、わからない演出があります・・・
このまま清盛が出世していくと、館の中がロココ調になっていそうで怖いです。

滋子、可愛かったですね!
今回は何も考えず、心配せずに、ただただ楽しめました。
久々にほっとできた、楽しい回でした(´ω`*)

滋子はチャーミングで可愛くて綺麗でした。
最初、人物紹介で見たときは、ふわふわした深窓のお姫様なのかと想像したのですが、まったく違うお姫様で、とても新鮮で魅力的な人物像に嬉しくなりました。
溌剌としていながら、人を見抜く鋭い目を持っていて、明快に行動していく、見ていて気持ちがいい人物です。
何より魅力的に思えたのは、自分にも他人にも敏感な聡いところでしょうか。
快活で聡明って、無敵なような気がします。加えて美しい。
ゴッシーが惹かれるのも頷けます。

後白河もかわいかったですよね。
滋子にゾッコンLOVEな姿がなんとも微笑ましかったです。
婚儀の指図をウキウキしているところや、フラれそうで魂が抜けているところや、結婚式でこの世の春みたいに浮かれているところなど、見ていてとても楽しかったです。
清盛が成親と一緒に影から様子を見て、「プッ(´◉◞౪◟◉)」としているところなんかも和みました。

あの後白河より、滋子が一枚上手というところも、とてもいいなと思いました。
後白河にやっと人間味が出て、この世に足が着いたといった感じがしたのでした。
たぶん幼い頃から埋められずにいた何かを、滋子が簡単に埋めてくれたんだろうなと勝手に想像しています。
滋子はバランサーだったのでしょうね。
後白河と清盛、平家のバランスを上手に保っていた存在。
その彼女がいなくなると、急に歴史が動き出しますよね。
滋子がもっと生きていたら、平家の運命も違ってきたのではないでしょうか。
大酒飲みとのことなので、これからそういうシーンが出てくるかもです。楽しみ楽しみ。

家貞と得子様が昇天しました。
大好きに2人だったので、とにかく寂しいです。
家貞、清浄歓喜団が好きだったんですね(´;ω;`)
一個525円です。
今度、京都へ行ったら買おう・・・ううう。
平治の乱の熊野詣での折、ちゃんと武具、武器一式を用意していたシーンは思い出すたび、胸が熱くなります。
これといった活躍のシーンはなく、ほとんどが座っているだけだったのに、この人が裏側の一切を取り仕切っているんだろうなと伺わせるものがありました。
梅雀、ひたすら素晴らしかったです。
得子様は最後まで誇り高く、威厳に満ちていて、りっぱでした。
女帝と呼ぶのに相応しかったです。
最後まで威厳を保って、誰もいなくなってから、ふぅっと息を吐いて、そのまま亡くなるといった、なんとも得子様らしい亡くなり方だったと思います。
鳥羽院のことを口に出していたとき、目に映っていたのが、鳥羽院との思い出の花、菊だったという、この人はずっと鳥羽院の心を添わせていたんだなとわかって、涙が出てしまいました(T.T)
今回は特に逝く人来る人といった感じで、時代の移り変わりを感じる回でした。
2人とも、もっとみていたかったです。
合掌。

そして次回は遂に崇徳院ともお別れ。
その前に清盛の次男ともお別れらしい。がーん。好きだったのに、次男。
しかし何といっても崇徳院です。
あの予告はなに。
せっかくの楽しい気分が、ブチ壊し。
ホラーでしたよホラー。
あの様子でいくと発狂、呪い発動、血の涙を流しながら悶絶死というトリプル・エフェクトを繰り出しながら怨霊化という道を歩みそうで、見るのが怖いです。
寝るとき、電気が消せなかったらどうしよう(((( ;゚д゚)))
とにかく楽しみです。

そんなこんなで、久しぶりに和んだ回でした。
ずっとこの平和な時間が続けばいいのにと感じた回でもありました。
今回、リビングに集った一門のうち、AAAと森田くん以外、悲しい末路が待っていますからね。
諸行無常なんて言葉が生まれるわけですよね・・・

ところで少し先の話になりますが、梶原景時って出るのでしょうか。
ここまで来たら出してほしい。
きっと義経の天才的な軍略というのは、清盛から教わったということになるんじゃないかなと予想しています。
その義経も頼朝に殺されるのですから、源氏ってワカラネー。

今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!

さあ、これからシャーロックです! ぶふふ。


ここからは拍手御礼でございます。
ありがとうございます(T.T)







7月20日 
「音楽ってやつは」の記事に2拍手を頂戴いたしました。
あの動画がとても好きなので、拍手が戴けてとても嬉しかったです。
私もこのメトロに乗り合わせたかった・・・
音楽って、本当に素晴らしいですね。
ピカソが「すべての芸術は音楽に憧れる」と言っていますが、いや~、その通りかもしれませんよね。


ここからは戴いたコメントへの御礼でございます。


まつやま様
動画、見てくださってありがとうございました!
中井英夫、いいですよねぇ(T.T)
サイン本を古本屋でゲットしまして、宝物になっています。
「虚無への供物」は2冊持っています。しかも文庫。ばかです。
初めて読んだとき、ラストに大変ショックを受けました。
結局はコレか!と。以来、バイブルになっております。ぐふふ。
「復讐するは…」は未読です。
現代のノンフィクションは生々しくて手を出せずにいるのですが、
この機会に読んでみようかなと思い直しています。
それにしても、九州に関係あるとはいえハードな本をチョイスなさいましたね。
すばらしいです・・・(T.T)
そのほかにもお勧めの本や映画など教えていただけると嬉しいです!


皆さま、ありがとうございました。
心から御礼申し上げます(´;ω;`)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1470-304a5476

| ホーム |