The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

何かが微妙に違っていた気がする今回。
醤油ラーメン頼んだら、盛りそばが出てきたみたいな回だった。

海賊船の回と同じく、器は大きいのに中身がショボいというのか、どうしてここまでスケール感が出ないのか、逆に感動していました。
普通これだけのセットを組んで役者の人数を揃えたら迫力が出そうなものですが、町内同士の喧嘩くらいにしか見えなかったのは私の感覚が破壊されているためか。
敗着は戦いを俯瞰で描かなかったことではないかな~と考えています。
せっかくの保元の乱なのに、なぜハンバーグ抜きのハンバーガーみたいな回にするのだろうか・・・
例えが食べ物ばかりですみません。

鎌田通清が亡くなりました。
が。
あの亡くなり方はどうなのだろう。
突然降って湧くというのがどうも・・・
しかも騎乗だし。
誰か通清がこの場にいると気づきそうなものですが、誰も気づかなかったというのは、本当に降って湧いたのかもしれない。
冷静に考えると、超常現象シーンなのかもしれない。

その通清を屠ったのが椿説弓張月、為朝となったわけですが、ほとんど化け物のような扱われ方でした。
マンガに出てくるキャラみたいだった。
北斗の拳の実写版に出したらいいと思う。
それにしても強かったです。
為朝VS後白河軍みたいなことになっていました。
為朝の矢は無限矢だったと思われます。
矢の上に∞マークがついていたのに違いありません。

源氏はよかったです。
玉木義朝の必死さが、戦の雰囲気を伝えていました。
この戦は源氏の戦のようでした。
ダメ義の崖っぷちさも痛いくらい伝わってきた。
通清の死に直面した当たりからは小日向さんの独壇場でしたね。
その前は玉木がとにかくよかった。
通清も亡くなり方はあれでしたが、ダメ義を置いて出陣していくさまなど、出番は数分だったのに、見事にさらっていくあたりが、ベテランの力なのでしょうね。
とにかく源氏にはシビれました。

あああああああッ、源氏といえば、正清の舅が出てきました。
出てきた瞬間、義朝に「その男を今すぐ斬れ!」と心の中で叫んでいました・・・
史実では、この正清の舅に、義朝と正清は殺されたという説があるのじゃ・・・
平治の乱で落ち延びて頼ったのがこの舅。
舅は匿ってやるふりをして闇討ちで殺してしまうのです。
この舅を出したということは、義朝主従の最期の伏線が張られたということなのか。

今回の見所のひとつは盛国ではなかったかと。
あの元漁師の落ち着きぶりと冷静さは異常。
しかも清盛と叔父上が戦うことになっていたら、二人とも喜々として戦っているでしょうみたいな意味のことを(少し違うか)悟りきった笑顔を浮かべて語っていました。
そう、盛国は悟っていましたよ!
あの何でもかんでもお見通しという笑顔が怖かった。
フォースをお持ちなのか。


すみません、ここらへんで燃料切れとなってしまいました(╬ಠ益ಠ)
つづきます・・・
頼長様、申し訳ありません。
あなたのオウムになりたかった・・・

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1446-1bcc1d51

| ホーム |