The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
佐渡にいるトキの雛が巣立ったそうです。
関係者の方たちにとっては、忘れられない日になったことでしょう。
雛たちはこれからが勝負ですね。
とりあえずがんばれ。
そのうち佐渡がトキだらけになる日が来そうで怖い。

先日、8羽の雛に愛称なるものがつけられました。

こちら
感動された方には大変申し訳ないのですが、もっと拈ってもよかったのではと思います。

どうせなら佐渡にちなんで「世阿弥」「日蓮」「順徳天皇」くらいの愛称をつけてほしかった。
「北一輝」とかもいい。佐渡のトキを従えて決起を促しそうだ。
「流罪」とかもよし。
結構どうでもいい愛称がつけられてしまったので、「面白くないのう」とボヤいています。
というかトキはすべてトッキーでいいじゃんと思うのですが。

ちなみに私のまわりのご長寿の皆さまは、まったく関心がないご様子。
佐渡にいるトキより、ご町内の誰それさんのほうに関心があるらしい。
鳥より人なんですね。


追記の訂正
申し訳ありません。
トッキーの雛は巣立ったのではなく「巣立ち」をしたのだそうです。

正しい情報

ご迷惑おかけしました。
ここに訂正してお詫びいたします。
きちんと調べてからUPすることを改めて学びました。
そしてこの年になって「巣立ち」という言葉を学んだ次第。
無知は罪だ・・・
頼長様に粛正されたい・・・


以下は拍手御礼です。
ありがとうございました(´;ω;`)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月20日 5拍手
 
5月21日 6拍手

5月22日 5拍手

以上を頂戴いたしました。
記事は「清盛18回」に5拍手、「清盛19回」に3拍手、「清盛20回」に8拍手頂いております。
毎回毎回、どうでもいい感想しか書けないのに拍手を頂戴しまして、ありがたくてうれしくて勿体なくて、じわ~っと感謝と感激を噛みしめています。
もう少しまともなことが書けるといいのですが(´;ω;`)
次回はいよいよ保元の乱。
楽しみですね~(´ω`*)


ここからは頂戴したコメントへの御礼でございます。


りくこ様
りくちゃん、このたびもありがとうございますε(*╹◡╹*)з
トランスアレンジのアヴェ・マリア聴きました。
面白かった! エネルギッシュなアレンジで、血が騒ぎます。
ゲームのラスボス戦みたいな興奮を覚えます。
まさかこの曲でこんなに熱くなれるとは。
教えてくださって感謝です。
京都の方たちは未だに崇徳院さん(あちらさんは何でもかんでも「さん」づけどすえ)の祟りに怯えているのですか。
そういえば明治天皇も昭和天皇も讃岐に勅使を遣わしましたしね。
具体的に魔除けとか何かしているのでしょうか。
崇徳院は讃岐に流されてからも登場してほしいものです。
怨霊化ではなく史実通りに穏やかな仏教生活を送るお姿を拝見したいのでした。
恨み辛みのまま退場では本当に救われなくて・・・(T.T)
7月のフェルメールですが、何ということか愚母と行くことになってしまいました。
ですので、お会いするのは難しく相成りました。
申し訳ありません(;>_<;)
お会いしていろいろお話したかったのですが・・・
もしまた機会がありましたら、そのときこそはお会いしてくださいますと嬉しいです。
返す返すも残念(´∩`。)


まつやま様
こんなに楽しいコメントを頂いて大感激です(´ω`。)
18回について先にご連絡くださったyuki様から「DVDをご用意しておられたのではないでしょうか、失礼しました」という旨の伝言を申し遣っております。
まつやま様、その節は本当にありがとうございました。
そして、見られたことに対して、早急にコメントを下さいまして・・・(T.T)
お心遣いに感動しますとともに、ただただ感謝いたします。
感想、なるほど~と頷いたり吹き出したりしながら何度も拝読しています!
橋本さとしさんの情報、ありがたかったです。
ジャン・バルジャンを演じられているとは。
三銃士のアトスは想像しただけでも素敵ですね。う~ん、いつか舞台を拝見したい。
叔父上の「お前とわしの間には」の言葉を、清盛が額面通り受け取る説、なるほどと思いました。
あとで叔父上の真意を知ったときの清盛の心境など、盛り上がりますよね。
これは見てみたいシーンです。
ドラマはどう描いているのでしょうか。
次回は源氏方でドラマがありそうですね。
まつやま様もご覧になると思えば楽しさも倍増しそうです。


ニャロ様
この度もありがとうございます!
セクスィ~、戦に同行しませんでした。
清盛ったら、家のことは頼んだぞみたいなことを言うものですから(以下自粛)
ええ、そうなんですよ、はい。(自粛部分はニャロさまなら想像していただけるハズ!ハァハァ)
清盛、盛国主従は満ち足りた思いで鑑賞できるのですが、義朝、政清主従は見るのが辛いです。
さて頼長様。
次回はセリフのほとんどが「ヒィ~ッ」だそうです。
どこまでも外さないお方・・・
あと少しで頼長様とお別れだと思うと、寂しい限りです。
趣味の粛正に、自らも粛正されてしまうとは、どこまでも憎めないお方。
どのような御最期になるのか、見守りましょう、見守りましょう。
気温が安定しませんが、お風邪などひかれませんように。


yuki様
改めまして18回では奇跡を起こして頂きまして、厚く御礼申し上げます。
あの「理に叶っておる」は今年1番の名シーンとなりそうな予感です。
頼長様と崇徳院のシーンの深読み、感服つかまつりました。
そうですよね!そういう心配がありましたよね!!
yukiさまの深い読みは、羽生二冠のようです。
そしてやはり清盛と盛国のシーンで、背後に見え隠れする信頼以上のものも読まれたご様子・・・
深読みしたいくらいあの二人の信頼関係は厚いですね。
揺るぎないというのか・・・
昔は実際、生死を共にした主従がいたんだなぁと思うと、その信頼関係がとても美しいものに思えます(T.T)
清盛はそこらへんを描いてくれるので、胸が熱くなるのでした。
保元の乱、楽しみですね。
yukiさまのお言づけを、18回の件でご連絡頂いたまつやま様にお伝えいたしました。
このようなお気遣いを私はまったく出来ないので、学ばせていただきました。
ご不快な思いをなさっていらっしゃいましたら、お許し下さい。
yukiさまのような気遣いができるようになりたいものです。
それでは、また感想など交換させていただけたら嬉しいです。


皆さま、ありがとうございました。
胸に沁みます(T.T)
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1445-f545d47a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。