The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝ドラ「カーネーション」が最終回を迎えてしまいました。
こんなに夢中になった朝ドラは「ちりとてちん」以来でした。
面白かったし、何度も朝から号泣させられました。
やはりお父ちゃんの小林薫さんが最高で、このお父ちゃんが健在だった頃のストーリーが1番面白かったように感じます。
夏木マリさんに代わってから、ストーリーが失速したのが少し残念・・・
でも夏木マリさんは素敵でしたね。
オチが娘たちの背後霊というのは、いかがなものかと思いましたが。
ラスト、心斎橋百貨店が映ったときは、感極まってしまいました。(大丸だったらしいが・・・)

ところで最後の病院のシーン、「カーネーション」の放映を見ていた入院患者、あれは奈津なのだそうです。
わからなくて再放送の副音声で確認してしまった。
奈津だとわかった瞬間、再び感無量の感動がどば~んと湧き上がってきました。
その前のシーンというのが、娘の背後霊となった糸子(主人公)が、母を偲んで泣く娘に「泣くほどのことちゃう」と天の声で語りかけ、自分は森羅万象に姿を変えて存在してる、自然に宿ることに飽きたら、また面白いことを探しにいく、とナレーションで語ります。
そして病院のシーンとなるのですが、朝日をいっぱいに浴びた病院玄関の自動ドアが、誰もいないのにスーッと開くシーンがあり、そこから看護師さんが病室に患者を迎えにいくシーンへと繋がっていきます。
この患者が奈津だということは。
自動ドアが開いたのは、糸子がやってきたということではないでしょうか。
おもろいことを探しに。
そして奈津と一緒に「カーネーション」第1回を見ている、ということなのでは。
もしそうだとしたら、たまらん演出だ~・゚・(ノω;`)・゚・

主人公が生涯を閉じて物語が終わったので、主人公の一生にがっぷりと付き合ったような感慨と、旅立ってしまった(T.T)という寂しさがあります。(「死にました」というナレーションには爆笑しました。さすが糸子)
いいドラマでした。
おひさまの50倍はよかったよ・・・(´▽`)

主題歌もよかったです。

YouTubu

椎名林檎はいいですね。

というわけでカーネーションの感動に浸っています。
ご覧になっていらっしゃらない方には意味不明で申し訳ありませんm(__)m



以下は拍手御礼です。
ありがとうございます!








3月29日 3拍手

3月31日 1拍手

すべて「アンパン」の記事に頂戴いたしました。

4、5年前にこの空耳アワーを聴いてから、ずっと耳から離れず、今日を迎えております。
ご紹介できてヨカッタです。うむ。
この国歌のことを回りのヒトビト(50代後半~90代女子)に語ると、
誰も信じてはくれませんでした。
コロリ観音に3年続けて参拝するとコロリとあの世へいける、
という話は信じるのに、です。
私はこの旧リビア国歌を胸に鳴らし、戦い続けようと思います。
皆さまもぜひ、この国歌をココロの支えに・・・
ならないか。
このどうでもいい記事にまで拍手をくださって、
本当にありがとうございます(T.T)
いつも励ましていただいております。
大感謝いたします。

スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.04.02 22:35  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1423-dcc5b606

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。