The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

アカデミー賞が発表されましたね!
作品賞はやっぱりの「アーティスト」。
主演女優賞はまたかのストリープ。
助演女優賞では感動のスピーチとなったみたいです。
助演男優賞はトラップ大佐が受賞したとか。御年82歳! サウンド・オブ・ミュージックは何回見たかわからないです。
今回もいろいろ感動的なスピーチがあったそうで、そういうニュースを見る度に仕事を休んでWOWOW見ればよかったと激しく後悔しています。
来年こそは・・・!

作品賞は「アーティストだろうなと予想していたら、その通りになってしまいました。
スコセッシはヘタレ映画「ディパーテッド」で受賞しているし(これは功労賞といっていい)、どう見ても「アーティスト」のほうがアカデミーの会員が好みそうな気がしたのでした。
ただ私はスコセッシに受賞してほしかった・・・

スコセッシの次回作が、あの「沈黙」だという話ですが、本当なのでしょうか。
遠藤周作の代表作「沈黙」です。

「沈黙」を読まれていない方で、今すぐ内容を知りたい方はこちらをどうぞ。
あらすじのまとめ方が素晴らしい。

もう数十年前から(30年?)映画化したいと発言しまくっていて、2009年頃にも一時話題になったのですが、いよいよ本格的に撮影が始まるとネットで見かけました。
公開は来年を目指しているとのこと。
信じていいのか?

キャストの噂がまたえらい豪華で、ダニエル・デイ=ルイス、ベニチオ・デル・トロのオスカー俳優に加えて、若手のガエル・ガルシア・ベルナルの名前も挙がっています。
ジョニデやプリ夫もちよろっと見かけます。
すごすぎる・・・
ダニエル・デイ=ルイスやデル・トロがもし本当に出てくれるのなら、スコセッシのDVDを全部買ってもいい。

気になるのは日本人のキャストで、特にキチジローを誰が演じるのかがとても気になります。
香川照之にやってもらいたいのですが。
彼にぴっったりだと思うんですよね。
もう少ししたらキャストが発表されるという話です。
どうかすべて事実でありますように。
スコセッシの長年の夢が叶うことを心から祈っています。
日本の俳優もこの映画で世界に羽ばたいてほしいです。

スコセッシが「沈黙」に感動して映画化まで考えてくれたことが、なんだか無性に嬉しいです。
この機会に狐狸庵先生の本を読み直そうかなぁと思っています。
そして、映画って本当にいいものですね。(シベ超もまた見よう・・・)


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(T.T)

 
 
 
 
 
 
 
2月26日
20時台 1拍手
「卒業アルバム」の記事に頂戴いたしました


2月27日
3時台 1拍手
7時台 2拍手
「卒業アルバム」の記事に1拍手、「清盛8回」の記事に2拍手を頂戴いたしました。

あのアルバムは本当に素敵ですよね。
アイデアが秀逸すぎる・・・
ロシアは芸術の国なのだ~と勝手に盛り上がってしまいました。
日本にも面白いアルバムがありそうですよね。

清盛は次回で駒が揃うといったところでしょうか。
清盛はもうそろそろ賢くなってもいい頃かと・・・
書くのをうっかり忘れていたのですが、義朝がワイルドになっていましたね。
大変格好よかったです。
ああいう玉木もありなのかと、感動してしまいました。
このドラマは登場人物の外見が時と場合によって変わるのが何とも楽しいです。
次回は面白くなりそうなので、早くもカウントダウンなのでした。


皆さま、この度もありがとうございました。
とても励みになっています(T.T)
心から御礼申し上げます。

 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1404-006bf6a2

| ホーム |