The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

大好きな映画だとDVDなどのディスクを買って、しつこく見てしまいます。
作品全部ではなくて、大感動したシーンだけ繰り返し繰り返し何度も再生するという・・・

その中でも特にしつこく見るシーンのひとつに、アル・パチーノがオスカーを獲った「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」の中のタンゴを踊るシーンがあります。
とても有名なシーンなのでご存じの方が多いのでは・・・

ご存じない方のために少し説明しますと、盲目の退役軍人であるアル・パチーノがレストランで知り合った若い女性とタンゴを踊ります。
女性はタンゴを踊りたいけれど勇気がなくて踊ったことがないと言います。
アル・パチーノはそんな彼女を勇気づけ、自分が教えるから今このレストランのフロアで踊ろうと誘い、彼女も勇気を出して応じることにしたのでした。
アル・パチーノは連れの青年(実は彼が主人公)にフロアの広さなど説明をさらりと聞いて、女性とともにフロアに出るのでした。
そして、目が不自由なアル・パチーノと女性のタンゴが始まります。





何度見ても、不思議なことに涙腺が緩む・・・(年のせい・・・か?)
こんなに幸せな気分になって勇気づけられるタンゴは(今のところ)ないです。
こういう作品に触れるたび、映画っていなぁとしみじみ思うのでした。
もしこの映画をまだ見ておられないようでしたら、ぜひ。
心があったまる、いい作品・・・だと思うのですが。ううーむ。


以下は遅くなりましたが拍手御礼です。
いつもありがとうございます。

 
 
 
 
 
2月2日 3拍手

2月4日 1拍手

2月5日 2拍手

2月6日 1拍手

以上のように頂戴いたしました。
戴いた記事は「清盛4回」に1拍手、「真っ白な孤独だ」に5拍手、「清盛5回」に1拍手を頂戴しております。
清盛では、まさかの貴一がブレイク(で、ですよね?)。
あとパイレーツ・オブ・大地の子にも釣られています。
危ないわ・・・。私の思考が。
このドラマはスタッフがそれぞれ違ったベクトルでご自身の萌えを追求しているような気がします・・・
情け容赦ないスタッフのこだわりに視聴者までもが巻き込まれているのでは・・・
現場の熱気が伝わってくるようなドラマって、見ていても熱くなりますよね。
龍馬伝もよかったけど、私は清盛のほうがドラマとして面白いなぁと感じるのでした。
皆さまはいかがでしょうか。
「真っ白な…」の記事にまで拍手を頂戴して、かたじけない・・・(T_T)
この「真っ白な孤独だ」というセリフを近藤正臣がこの曲の中で語っていまして、ここらへんになるとカオスが発生しているのでした。
ぜひともこのカオスを聴いていただきたかったのに残念。
CDで復活してくれないかなと思います。


ここからは頂戴したコメントへの御礼となります。

ニャロ様
いつもコメントをありがとうございます(´;ω;`)
得子は美しかったですね!
こんな美しい人が戦の中心になるとは、なんというダークロマン。
これから大注目ですね。
今回の鱸丸もセクスィ~でした。
いぢめられると艶を出す。
船を漕ぐ姿も大変ステキ。
ただ平氏の養子になると上川デップの姿は見納めとなってしまうので、今のうちにしっかり堪能しておかねばなりません。
ずっと今のままの格好でもいいのに。うう~む。
「麒麟の翼」をご覧になったとか・・・
原作を読んでけっこう感動したので、見に行こうかどうしようか迷っていたところです。
もし都合がつけば見に行きますね。
貴一、素晴らしいのですね。楽しみです。
ところで頼朝の独演会で、最後は政子がキレて鞭を振り回すというお話に、大爆笑してしまいました。
裏清盛とか作ってほしいですよね~。
また今週半ばから寒くなるそうですので、お体大切にお過ごしくださいませ。


皆さま、この度もお心遣いをありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1390-1710a390

| ホーム |