The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

平成大河のグラウンドゼロ、江もやっと最終回を迎えました。
とにかくよかった。
内容はともかく、今月にはいってからの江はとても美しかったです。
セリフ回しや演技も上野樹里という個性を消して、江になりきっていたように見受けました。
NHKのメイクと衣装の力も大きかったのだろうと思います。
今日の江は、しっとりした美しさが備わっていて、とても綺麗でした。
が。
回想シーンで出てきたガキの頃とまったく別人になっていて、あのガキの時代はなんだったのかとイライラモヤモヤが湧いてきましたよ。
伏線だったのではないんか・・・
というか、後半はほとんど江抜きで話が進んでいたからな・・・
これも、前半の歴史的事件に何でもかんでも江が首を突っ込み、関わっていったストーリーだったのにガラリと変わってしまって、ますます前半が謎になってしまった。
まぁ終わってみればこれもい思い出かもだわ。

このたびの江で1番感動したのは、

江と家康が一緒に伊賀越えをした

ということでしょうか。

ラストもびっくりしました。
市が江の背後霊になっていたとは。ヒィィッ。
あそこは市ではなくて、信長を出すべきだったであろう。
とはいえ、母は娘をずっと見守っていたんだなと、じわっとしてしまったのですが(T.T)

最終回は怒濤の端折りとスルー攻撃でしたね。
これももしかしたら、当初のストーリーとは違ったのかな、とも考えてしまいました。
このドラマは残酷な事件や戦のシーンを悉くスルーしてきましたが、もしかしたら震災の影響があったのかもしれませんね。
ラストも確か江の最期を描くはずが、元気に馬で駆け抜けていくシーンで終わっていましたし。
怒濤の進行でしたけど、とても穏やかで平和な雰囲気が流れていて、大晦日みたいなほっこりとしみじみした幸せを感じていました。
盛り上がりには欠けましたけど、今年はこういう終わり方でいいのかもしれませんね。
最終回はなんだかとても優しい気持ちになれた回でした。

昨年の龍馬伝は第2部がクライマックスでしたが(でしたよね?)、今年のクライマックスとはいったい。
伊賀越えでゴザルか? やはり?
ある意味、全回クライマックスではあったが・・・

回想シーンで出てきた北村有起哉は本当に素晴らしかった。
回想シーンに出してくれてありがとうです。
平岳大さんが再登場しましたが、すみません、これといって盛り上がりませんでした(TДT)
ちっこい保科正之が出てきたときのほうが盛り上がってしまいました。
幹二郎、息子さんに盛り上がれずにすまん。
竹千代、国松、保科正之(幸松と書け)が仲良く遊ぶの図は、その後のことを思うと切なかったです。
そうそう、あんなに可愛かった竹千代が、家光になるとなぜ劣化してしまったのか、ショックでした。

あと、もう少し、りえちゃんを回想してほしかった。
浅井三姉妹の物語という側面はどこへいったという最終回でしたよ。
最後までピントが合わずに終わったな。

高台院の死ぬ死ぬ詐欺はよかったですね。
さすが夫婦。

途中、挫折して見ない期間がありましたが、なんとかここまで漕ぎ着けました。
今年は・・・キツかった・・・
これでやっと坂の上の雲が見られる・・・

来年の清盛は、ドロドロしそうで面白そうです。
というか、登場人物のメイクが怖すぎる(T.T)
シェイクスピアのような人間模様が描かれることを期待しています。

今年も何だかんだといろいろ楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!


拍手を頂戴しております。ありがとうございます。
御礼は明日改めてさせていただければと思います。
ご無礼を何とぞお許しくださいませ。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1372-95ea475e

| ホーム |