The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

本能寺の変でした。
ある意味、大変楽しめました。

トヨエツの信長はよかったです。
最期の白袴は神々しくもありました。
あの白装束に髪を下ろした姿を見られただけでもTVの前に座った甲斐があったというものです。
それと森3兄弟もよかったです。
惜しむらくは、信長が手元に置く精鋭の小姓達が、明智勢に囲まれたとき、短時間で完璧といっていい防御態勢を敷いていく様子が描かれなかったことが残念です。
畳を返して防壁を作ったりするくらいの描写は欲しかった。
せっかく史上最強の森3兄弟だったのに、もっと活躍させてほしかったです。
トヨエツの微笑みはとても心に残る笑みでした。
最後、涙を伝わせながら笑みを浮かべ、「自分は生ききった」と吐露するシーンは思わずほろりとなったのですが、そこに江の生霊が!!

あの生霊は、ほ ん と う に イ ラ ネ 。

その前に、息子か妻か妹を思い浮かべるものだろうが信長よ。

生霊は勝手に飛んでくるものだから仕方ないとしても、何も自分が姪っ子の背後霊にならなくてもよかろうものを。
背後霊というか死霊か・・・
そして背後霊の背後では、本多忠勝の銭投げが炸裂。
大河でFFシリーズの必殺技が拝めるとは思ってもみなかったクポ。
あれは3000ギルくらい投げたクポか?

さらにまさかの、江の伊賀越えなう。
なぜ家康の伊賀越えに江がいるのか。
来週の予告を見ると明智光秀とも会うみたいだし、こういう歴史的事件に何でもかんでも主人公を絡ませるというのは、ものすごく楽しいぞ。
楽しすぎて見たくなくなるぞ。
いやそれにしても、あの伊賀越えに江が同行するとは、その厚かましい設定にとてもおどろいてしまいました。
服部半蔵と影の軍団が出てくるほうが、まだ自然に見えたと思われます。
こうなったらありとあらゆる場面に江を絡ませてほしい。
関ヶ原も必ずどこかにいるね。
利休の切腹にも立ち合うね。
淀と秀頼自刃のときも生霊飛ばすね。
秀吉臨終のときも飛ばすね。
うーむ、このぶんでいくとオカルトになりそうです。

欣也の家康は今週も素晴らしかった。
主役にしてほしいくらいです。
無性に山岡荘八の「徳川家康」が読みたくなってきたので、今夜あたりから読み返そうと思っています。
徳川家の家臣団がいいんですよね。

そういえば春日局の父ちゃんが出ていました。
きちんと氏名がテロップで出てたということは、春日局も出てくるのでしょうか。
原作を読んでいないのでわからないのですが、まぁ出ても出なくてもどうでもいいです。

出てくるといえば、天海は出てくるのでしょうか。
これは興味があります。
もし出るとして、天海の右手が震えていたらどうしましょう。
ぜひ右手が震える天海を出してほしい。

なかなか江も楽しくなってきました。
ただ来週から信長がいないので、虚しくなりそうです。
それとも本当に背後霊として時々顔を出すのでしょうか。
いっそ出してほしい。

はっ、あんまり好き勝手なことを言うと、
「贅沢言うんじゃない!!」
と武市先生と鷲津に怒られますね。

そんなこんなで面白かったです。
ありがとうありがとうありがとうNHK。



遅くなりましたが、以下は拍手御礼です。
いつもありがとうございます(T.T)

 
 
 
 
 
 
1月29日 2拍手
「ユアン・マクレガーの美しさを堪能すべし」の記事に頂戴いたしました。

昔の記事に拍手を下さって、ありがとうございます。
この機会に記事を読み返したのですが、改めて自分はバカだと思いました。
ただあの映画のユアン・マクレガーは本当に美しかったので、今も原作やDVDを見かけるたび、必ず手にとっては撫でくりまわしているのでした。
「天使と悪魔」素敵な映画でしたね。
もう一度見ようと思います。


1月30日 4拍手
「逆境イレブン」の記事に頂戴いたしました。

決勝まで勝ち進んだだけでも奇跡だと思ったのに、まさか優勝するとは。
とはいえ怪我人大量生産で、故障した選手たちが心配です。
特に香川。
私も小指の付け根を骨折したことがあります。
おまけに薬指の付け根も同時に骨折したので、彼がどういう状態か少しはわかります。
あれは・・・痛い。
痛い上になかなか治りきらないので、とにかく焦らずしっかりと治していただきたいです。
そうそう、松木は「ふざけたロスタイム」とも発言していましたね。
よくぞ言ってくれたと、みんな感じているのではないでしょうか。
松木はいい仕事しましたね。


1月31日 3拍手
「江 4回」に2拍手、「逆境」に1拍手頂戴いたしました。

江はとにかくあのヅラを取ってほしい。
あの扮装で母上の市より背がでかくて、しかもヅラが大きいから、水木しげるのマンガに出てくる妖怪みたいです。
まぁファンタジーを描こうとしているようなので、文句をつけるのはヤボかもしれませんが。

長友、インテルに移籍ですね。
ずっとマイコンの靴磨きをしているような気がして心配です。
試合に使ってもらえるといいですね。


2月1日 4拍手
「江 4回」に頂戴いたしました。
トヨエツの信長は笑顔がいいなぁと思います。
嬉しそうだったり寂しそうだったり、諦念のようなものが漂っていたり。
その信長がまさか背後霊や死霊に成り下がろうとは。
いつぞやの爆死よりはましかもしれませんが、背後霊というものねえ・・・
最近の大河の信長はみんなどこか大変なことになっていて、それこそ右手がぷるぷるしてしまいます。
今回の信長は、演出の方が言うにはキリストに見えたそうです。
言うよね~・・・




ここからは戴いたコメントへの御礼となります。


ニャロ様
峰隆太の劉備と良純の張飛、慄然となりました。
凄まじく破壊力のあるキャスティングです・・・
峰隆太は草履作りが怖ろしく似合いそうですね!
そして天気予報ができる張飛。でも外れる、みたいな。(そしてキレる)
団長のサングラス装備も大賛成です。
素晴らしいキャスティングをありがとうございます!
先日アジア杯決勝をBSの再放送でもう一度見たのですが、
同じ試合でこうも印象が違うものかと感動していました。
松木の肩書きは解説者ではなく、サポ代表とすべきだとも確信した次第。
ところでニャロさまがこちらのご出身だと伺い、大感激しています。
嬉しくてどうしようもありません(TДT)
私は新潟市に棲息中。
今日も空は灰色です、ええ・・・
新潟市はほとんど雪の被害がないので、助かっています。
山沿いのほうは大変で、古民家が遂に雪で倒壊しました。
自衛隊が来ているので、これ以上の被害が出ないことを祈るのみです。
新潟県は一年の殆どが曇ってるか何かが降っていますよね。フ・・・
湿度も絶好調です。
ニャロさまはどちらのご出身なのでしょうか。
わーりろも教えてくんねろっかね~。
(以前、渡辺謙さんがバリバリの新潟弁で話した姿は感動ものでした)


なつみ様
新燃岳が予断を許さない状況ですが、大丈夫でしょうか。
お知り合いの方も含め、
どなたにも被害がないことを祈っています。
今年はそちらも寒い様子ですが、いかがですか?
にゃんこさんたちも丸くとぐろを巻いているのでは・・・
どうかお体をご自愛くださいませ。
私の棲息している新潟市は海沿いで風が強いため、
雪があまり積もらないのです。
ですから雪の被害はほとんどありませので、ご安心ください。
お心遣いありがとうございます(T.T)
アジア杯、優勝しましたね~。
そして長友がまさかのインテル。
使ってもらえるのか早くも心配です。
GKの川島ですが、W杯の中継で世界中のゲイの心を
鷲掴みにしたそうですよ。
自分のゴールも守らなきゃですわよ。


永田雄之様
「心の野球」を読んでくださったとのことで、感激しました。
この本を読んだことで、改めて野球の魅力を感じた次第です。
サッカーも好きなのですが、野球が一番馴染みのあるスポーツですので、プロ野球もまた盛り上がってくれればいいなと期待しています。
今年はハンカチくんも入ったし、面白くなりそうですね。
ところで最近の子供たちが野球をする機会がないため、ルールを知らない子供が大勢いるんですよね。
私たちのときはサッカーなんて超マイナーで、男子は野球に夢中になっていたものですが、変わったものだなぁとしみじみと実感しています。
逆に選択肢が増えたということなのでしょうから、いい時代になったなとも思います。
スポーツどころではなかった時代のことを考えると、幸せだなぁと実感します。
コメントに書いてくださった政治(家)に対する興味の底辺が狭まっていることへの危惧ですが、拝見して「そうか」と気づかされ、いろいろ考えさせられました。
幕末、戦前から戦後にかけて、確かに若者は今よりもっと政治や国家、国に対して真剣に考えていましたね。
奇しくも今日、永田氏の死亡を知り、手段は完全に間違っていたとはいえ、あの時代の若者も今よりももっと政治に対して真剣に取り組んでいたのだと再認識します。
少し前までは日本と先進国の差が明らかで、そのため国民が国や国家というものを意識せざるを得なかったと思います。
先進国となった今、本当にのほほんとした平和ボケ状態になってしまっています。
危機感がないとだめなのでしょうか。
先日、エジプトの青年が世界へ向けて書いた手紙を読みまして、彼らと、日本人の自分の現実に対する認識の違いを実感しました。
もっと世界に目を向けるべきだなと感じます。
そうすると自ずから政治にも目がいくと思うのですが。
それと、身近なことにもっと積極的に取り組むと、いろいろ変わってくるのではないかなとも考えています。
いろいろ無関心な人が多すぎます。他人事ですましていることも多すぎます。私も含めてですが。
政治家の先生がたも一応は頑張ってくれていると思うので、われわれもがんばらないとですね。
永田さんのコメントを何度も拝読しながら、今は本当に転換期なのかもしれないと感じた次第です。
なんというか個人個人の考え方が大切になってくるというのか。
幕末はどういう雰囲気だったのでしょうか。
タイムスリップできたら松下村塾を覗きにいってみたいです。
ところで奥様のセルジオ越後説には大爆笑させていただきました。
奥様のファンになってしまいそうです。



皆さま、本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます。
春まであと少し、お体くれぐれも大切にお過ごしくださいますように。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1286-c1020c7b

| ホーム |