The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

新年明けましておめでとうございます!
本年も欲望の赴くまま書き散らしていくものと思われますが、
どうかよろしくお願い申し上げます。


こちらは珍しく穏やかな元旦を迎えております。
皆さまのところはいかがでしたでしょうか。
雪で大変な地域もあるみたいで、
これ以上被害が大きくならないことを願っています。

昨夜の紅白、福山雅治は龍馬暗殺の再現ではありませんでしたね。
もうスポーツ新聞は信用しないわ。
ただシークレットゲストと聞いて、香川さんだったらいいなぁと思っていたので、画面に弥太郎殿が映った瞬間、思わず声を上げてしまいました。
武市先生も出てくれたら最高だったのですが、そうすると今年の大河「江」と上野樹里ちゃんが霞んでしまったか、と1人で勝手に納得した次第。
ただ今年の最後に、龍馬伝キャストの絆を見ることができて、けっこうじ~んとなりました。
なんだかんだと龍馬伝は素晴らしいドラマだったんじゃないかと思います。(断定できないところが辛い・・・)

今年の「江」は、戦国の世に平和をもたらしたのはお江、というミステリーなドラマになること決定なので、今からワクワクしています。フ・・・


それでは本年が皆さまにとって素晴らしい一年となりますように。
お互い楽しいことがたくさんある年になるといいですね。
私の目下の楽しみは、明日の箱根駅伝です。


以下は拍手御礼です。
元旦から御礼できるなんて、とても幸せです。
ありがとうございます(T.T)

 
 
 
 
 
12月31日 2拍手

1月1日 3拍手

すべて「良いお年を」の記事に頂戴いたしました。

大晦日と元旦に拍手をいただけるとは思ってもみませんでしたので、
嬉しさ倍率ドン! さらに倍!
何よりのお年玉でした。
ありがとうございます(T.T)


ここからはコメントへの御礼でございます。


なつみさま
明けましておめでとうございます!
昨年はいろいろありがとうございました。
なつみさんからのコメントが、今年戴いた最後のコメントでした。
お陰様で最高の締めくくりとなりました。
大感謝です(TДT)
今年がなつみさんにとって良い年になりますように、
お祈り申し上げます。
いつかゆっくり九州を回りたいです。


ニャロさま
明けましたおめでとうございます!
元旦にコメントを頂戴しまして、
素晴らしいスタートを切ることができました。
ありがとうございます。
昨年、初めてコメントを戴いたときの感動と感激は
今も忘れることができません。
本年もよろしくお願いいたします。
ところで田村正和の忠臣蔵。
もう凄まじかったです・・・
まずマサカズが家老に見えない、どう見ても素浪人。
加えて何を言っているのか聞き取れず、TVのボリュームを上げてしまいました。
おりくも岩下志摩で、これも良妻賢母どころか極妻です。
この大石夫妻2人で討ち入ればよかったのではないかと思いました。
で、吉良が西田某。これも見事に吉良には見えませんでした。
そして東下りの折り、内蔵助がある人物を騙って江戸へ行くではありませんか。
そして投宿先で、その騙っていた人物本人と内蔵助が顔を合わせてしまうシーンがありますよね。
北大路欣也版では藤田まことが、騙った人物を演じていました。
あのシーンは北大路欣也の目力が炸裂し、藤田まことの神演技により、名シーンになっていました。
この度はその藤田まことの役を、なんと北大路欣也が演じていたのです。
なんという、なんという・・・!!
見た瞬間、「役を代わって!!」と胸の中で叫んでしまいました。
さらに討ち入りの時、灯りをかざして手助けする吉良邸のお隣の土井殿が、なぜか暴れん坊将軍だったのです。
土井邸に言ったらいきなり暴れん坊将軍がいるのものですから、びっくりしましたよ。
暴れん坊将軍に土井殿を演じさせるのは、ちっくと無理が・・・
というか全てがミスキャストだったのであります。
ストーリーも端折りすぎていて、なぜ四十七士が討ち入るのか、よくわからないまま終わってしまったという、近来稀にみる謎と不条理に満ちた忠臣蔵でありました。
畳替えもなければ天野屋利兵衛も出てこない忠臣蔵なんて、
龍馬の出てこない龍馬伝みたいなものです。
以上、マサカズの忠臣蔵でした。
今年もいろいろ好き勝手に書いていくと思われますが、呆れながらもおつき合いいただけますと、本当に嬉しいです。
ニャロさまにとりまして、今年も善き年になりますよう、お祈り申し上げます。


皆さま、本当にありがとうございました。
心から御礼申し上げます! 

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1264-f15fa87c

| ホーム |