The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

やー、小曽根さまが「覚悟を決めました」というシーン、忠臣蔵の天野屋利兵衛を思い浮かべてしまいました。
わたしが1番好きな忠臣蔵(北大路欣也が大石のやつ)に、本田博太郎さんが片岡源五右衛門役で出ていたこともあり、ついだぶってしまいました。
ちなみに天野屋は丹波哲郎でした。
もう最高の天野屋でした。

忠臣蔵といえばキアヌ主演で忠臣蔵の映画を撮るそうで・・・
こちら
ニンジャも出るそうですよ。
吉良方のアサシンとして大石の命を狙い続けるらしい。
ま、昨年の天地なんとかとか今年の三味線無敵状態を体験した我々にとっては、こんなもの屁でもないわよね。


というわけで、清風亭でした。
龍馬と後藤さまのガチンコ勝負、緊迫感があってよかったです。
18分長回しの一発撮りだったそうです。
途中、龍馬が泣いていましたが、あれは一発撮りならではの化学反応だったのでしょう。
2人のやりとりが、とにかく見応えがありました。

後藤さま役の青木崇高さん、草々兄さんですね、この役のため体重を10㎏増やしたそうです。
どうりで貫禄があったわけですね。
それも内面を表しているかのような、厭らしい貫禄が出ていたのでは。
キレキレ寸前の演技は本当に素晴らしいと思いました。

龍馬も格好よかったです。
やっと龍馬に見えてきました・・・
このたびの龍馬は、龍馬以前に格好よすぎるという印象がまず先に出るので、かっこいいというもけっこう枷になるのかもしれぬと勝手に思ってしまいました。

上士を必死に止めている弥太郎にも感動です。
なんだかんだとギリギリのところで弥太郎は龍馬を助けようとするんですよね。
鼻水たらしながらの演技は相変わらず見入ってしまいます。

実際の清風亭の会談はもちろんドラマのような賑やかなものではなかった模様。
ただし、お元はいたらしい。
蒼井優ちゃんはいいですよね。
お元は可愛いという感じの芸妓なので、なかなかぴったりだと思います。

芸妓といえば、晋作の妾、おうのが出ていましたね。
おうのといえば秋吉久美子。
この人のおうのは芸術的でさえありました。
未だかつて秋吉久美子のおうの以上の芸妓を見たことはありゃしません。
そのくらい魅力的でしたよ。
ただ龍馬伝では晋作の愛妾まで手が回らないだろうと思っていたので、おうのを出してくれただけで嬉しかったです。
いや~感激しました(T.T)

話が逸れましたが、とにかく清風亭の会談はとても見応えがあったということで。

OPに武市先生と以蔵が回想シーンで出ると知り、どんなシーンかしらとドキドキしていたら、一番キツいシーンでしたイヤン(TДT)
もうちょっとソフトなシーンにしてほしかったかもよ・・・
武市先生のアレは何度見ても痛そうです・・・

慶喜が将軍にレベルアップしていましたが、もしかしなくても龍馬伝の慶喜って、実物と真逆にしているのでは?
わざとああいうキレキレ直情型の、慶喜と正反対のバカ殿に設定しているのではかなろうか。
ただ大政奉還を決意するシーンをどうするのかがとても気になります。
いつものようにマジ切れするのか、憑き物が落ちたように別人になるのか、とても気になるところです。
史実では、大政奉還を受け入れたことで龍馬は慶喜に大して感銘を受けたと伝えられています。うう~む。
龍馬伝の慶喜だと三日三晩暴れそうですけど・・・

来週は海援隊誕生みたいなサブタイトルだったのが、高杉晋作に取って代わられていましたねん。
視聴率が今ひとつらしく、もうなりふり構わなくなってきました。
がんばれ。
予告を見るとまたファンタジックなシーンがあるみたいで、楽しみ半分、いいのかという心配半分。
あの高杉晋作が、龍馬のことを思いながら昇天というのは、いくらドラマとはいえちょっとイヤかも~。
とはいえどういう最期になっているのか、今から感動する気マンマンで待とうと思います。

後藤さまと龍馬、よかったなということで。
今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。

 
 
 
 
 
拍手+コメントへの御礼となります。

りくこ様
ご無沙汰してしまいました。
コメントをいただけて、大感激でした。
大村益次郎というか村田蔵六先生は出てこないみたいですね。
あっさりスルーされたようで、少し悲しいです・・・
長崎龍馬ツアー、なんて羨ましい!
花月にも行かれたそうで、さすがりくちゃん、押さえるポイントが素晴らしいです。
私も行きたいです!
来週は晋作昇天ですので、お互いしっかりじっくり見定めましょう。

りくちゃん、いつもありがとうございます。
気温が上がったり下がったりですので、お体大切にお過ごしくださいませ。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1229-5b2fd7f4

| ホーム |