The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

なぜいなくてもいい弥太郎がいて、いなくてはいけない中岡慎太郎がいないのか。
な~ぜ~。
弥太郎が龍馬のことをバラすのは、ちっくとムダに強引すぎなのでは。
しかも弥太郎はねずみ男みたいだったし。
ドラマとはいえ、こういう誰でも知っている「その時、歴史は動いた」的史実は、もう少し史実を踏まえて描いてほしかった気がします。
龍馬が武智先生や以蔵、長次郎の面影を胸に出ていくところとか、いいシーンがたくさんあっただけに、実に残念。
勿体なかったなぁと思います。
弥太郎は弥太郎で面白かったんですけどね。
同じ拷問でも、以蔵とこうまで違うとは。
悪いと思いつつ笑ってしまいました。
なぜか弥太郎の拷問はおかしいですよね。
龍馬の名前をチクるというどうしようもないエピソードさえなければ大満足だったのに。

お龍さんは凛々しくて美しくてよかったです。
来週は寺田屋事件とのことで、楽しみです。
何しろお龍さんはSPですから、大活躍するじゃろう。

大活躍といえば、三吉さん。
来週は無敵状態になるらしいです。
それはともかく、三吉さんよかったですねぇ。
いい人だ~。
期待していた以上にいい人だ~。
この人ほんとに実際もいい人なんすよ。
実直で、誠実で、こんな人がそばにいたらな~としみじみ感じる人です。
来週の活躍に激しく期待です。
ご念に入りました、よかったですね。

木戸もとい桂さんと西郷さんもよかった。
大河史上もっとも美しい桂は目の保養になります。
しかしこのたびの木戸は心のどん底から龍馬を愛しているのねん。

それにしても西郷ではないが「なぜ坂本なのか」と私も思った。
いまひとつスケールのでかさが伝わってこないのは、私の鑑賞力がないからなのだろう。

新選組と見廻組がなにやらガチになっていましたが、これはやりすぎだったのでは・・・
来週の寺田屋と龍馬暗殺への伏線が入っているのでしょうが、あれでは見廻組が不憫だろう。

冒頭のシーンで、お徳さんが龍馬ら背を向けていたときに一瞬見せた、涙を浮かべたゆがんだ表情に胸を締め付けられました。
そのあとすぐに龍馬のほうを振り向いて、笑顔になったときも、じわっとなってしまいました。

お登勢さんも意外によかったです。
ようやく見られる演技になってきました。
よかったべさ。

話は変わって、再来年の大河、平清盛ですが、脚本が「ちりとてちん」の方と聞いて俄然楽しみになってきました。
清盛は誰になるのじゃろう。
天地なんとかみたいな失敗(コラ)だけはしてほしくない。

来週はいよいよ寺田屋ですね。
公式HPをのぞいたら三吉さんしブルース・リー並みの無敵状態になるらしいです。
すっごいワクワクしています。
来週も楽しみです。
今週もいろいろ楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。

 
 
 
 
 
 
8月27日 2拍手

8月28日 2拍手

記事の詳細は追跡不能となってしまいました。
またもや恩アダになってしまって申し訳ありません・・・
桐谷がいいともに出るという、しょうもない記事へ拍手をいただいておりまして、嬉しい反面、大変恐縮しております・・・

皆様、いつも本当にありがとうございました。
今年は10月いっぱいくらいまで気温が高めという、鼻から魂が出そうな長期予報が出ていましたが、お互いなんとか元気に冬を迎えたいものです。(秋は期待できないらしい・・・)
拍手、嬉しかったです。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1215-82e05b56

| ホーム |