The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

商談の場面が面白かったです。
グラバー、いいなぁと感動しながら見ています。
ハゲタカのアランもよかったですけれど、グラバーはアランよりも物語にしっかり食い込む役のためか、見ごたえのあるシーンが多いですね。
外国の商人のしたたかさ、嫌らしさ、計算高さ、抜け目のなさ、煮ても焼いても食えない金魚族という一面をよく出しているなぁと思います。
アラン、やればできるじゃないの。
ここまでしっかりグラバーを描くとは(人物像はあくまで龍馬伝verでしょうけど)うれしいことをしてくれるなぁと感動しています。

長次郎、がんばっていましたね。
日本の商人(あきんど)vsエゲレスの商人といった図式がとても面白かったですし、長次郎がグラバー相手にぐいぐい商談を進めていくところなど、思わず胸がすく思いがしました。
ビジネスシーン、しびれたぜよ。
そんな大活躍の長次郎も、次の回で儚くなってしまう模様。
長次郎がなぜ切腹したのかは諸説あるそうですが、龍馬伝ではどう落とし前をつけるのか、納得できる理由になっているのか、興味深いところです。

そうそう、社中の白袴、次回に出てくるみたいですね。
そしてやはりカステイラを作っていたのですねん。
先週のけっこうノリノリな雰囲気がよかったわぁ。
また料理シーン出してくれないかなぁ。

お元のシーンはいいんだけど、しつこいですが私の人生にはあまり関係ないみたいです。
どうでもいい。
蒼井優ちゃんは好きだけど、それはそれだわよ。
お元とのシーンを数秒けずって、中岡慎太郎か、もう一度高杉晋作を出してほしかった。

ラストの砂浜に寝転ぶ龍馬はグッときました。
映画のシーンだと思いました。
ああいうシーンをはさむところが、今までの大河とは違うところですよね。

次回(もう明日ですが)は長次郎との別れの回みたいなので、しっかり鑑賞しようと思っています。
社中が海援隊になる前に、長次郎は天へ召されるんですね。
切ないですね。

そんなこんなで今回も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!!!!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1210-65296919

| ホーム |