The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「船乗り侍」に1票でござる。
いいですよね。船乗り侍。
龍馬伝紀行でも触れていたように、社中の皆さんはお揃いの白袴を履いていたとかいないとか。
龍馬伝ではパスされたみたいで、ちょっと残念。

というわけでいよいよ亀山社中が誕生しました。
その割には芸者遊びしかしていませんが、いいのだろうか。
史実だとこの時期いろいろやっているのですが。
グラバーと取引も開始していたりとか、それはおいおいということなのか。
具体的な活動がなかったので、ちっくと物足りなかった。

さて、中岡慎太郎出ました。
やっぱり大地の子は存在感ありますね。
福山もいいのですが、演技と存在感の厚みが違うと感じてしまいました。
磁力が強いとでもいうのか。
なんて贅沢な中岡慎太郎なんだと、思わず「勿体ない」と思った次第・・・
いきなり初登場で「ひさしぶり」が微笑ましかったです(´∀`)
もう少し取り繕ってほしい。

今回は薩長同盟締結までカウントダウンが始まった回でもあります。
このドラマではどう描くのかなと思ったら、一応史実を踏まえていくみたいですね。
締結まで、だーらだらと時間が掛かり、同盟締結の場所、京都の小松帯刀邸に到着してからもだーらだらと無駄な時間が過ぎていくように記憶しているので、ぜひそのだらだら感を描いてほしいです。

ところで西郷を待っている桂や龍馬たちを見ながら、
「中岡に携帯を持たせい」
とか思ってしまいました。
ツイッターでつぶやいてくれたらよかったのに。
「薩摩なう」とかつぶやいてほしかったな~。

桂小五郎、なかなか見せ場がありましたね。
ただあまりに簡単に薩長同盟賛成となったので肩すかしを食らいました。
もう少し葛藤してもよかったのでは。
それとも三条実美の文書がとてつもないものだったのであろうか。

今回初めて実美スゲエと感動しました。
昨夜「日本のいちばん長い日」という番組を見ていたら実美が出演していて(池内万作さんが出ていた)、2夜連続で実美に謁見しようとは感慨深いものがありましたよ。うむ。
ただの「おじゃる」と言っている栄枯盛衰の公家ではなく、政治家としての鋭い嗅覚が備わっている人物という面が拝めてよかったです。
陸奥とお公家さんたちのシーン、よかったですよね~。
陸奥は陸奥でがんばって演じているのでしょうが、中岡、龍馬、陸奥の3ショットははっきりいってきついものがありましたわいなぁ。
演技も外見も若すぎて浮いてたわよゴッドハンド。
そこがまたいいんですけどね。

お慶さんと小曽根兄はさすがの貫禄で素晴らしかったです。
もっとこの2人を見たいです。

後藤さま、お久しぶりでした。
相変わらずでお元気そうで何より・・・
今のところ俺様ダントツ1位でしょうか。
このまま突っ走っていってほしい・・・
そういえば後藤役の青木崇高さんは、以蔵たちを拷問していたとき演じていてとても辛かったと言っていたそうです。
そうだよな~、そんなんだろうな~と激しく納得。

今後、薩長同盟がどうやって締結されていくのか、じっくりと見守りたいと思います。
池上遼一のマンガみたいに見つめあいで締結とかだったらヤだなぁ。

そんなこんなで今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!



以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。








7月30日
1拍手頂戴いたしました。
すみません、いただいたお時間を控えられませんでした。
お許しくださいませ。


7月31日
0時台 1拍手
23時台 1拍手
それぞれ頂戴いたました。


8月1日
9時台 1拍手頂戴いたしました。

すべて「無重力感がすごい」の記事へいただきました。
映画はご覧になりましたか?
もしご覧になられたら、ラストシーンの解釈をぜひお聞きしたいです。
映画といえば「ちょんまげプリン」を激しく見たいのですが、新潟ではいつ上映されるのか未定らしい。
このクソ暑いのに暴れ出したくなります。



皆さま、ありがとうございました。
「インセプション」、なかなか面白かったです。
映画ってやっぱりいいですね。
またいろいろな作品の感動を共有させていただければ嬉しいです。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1205-65e0f683

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。