The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

武市先生、史実どおり横三文字(あるいは三文字腹)の切腹でした。
いっ、いいい、痛そうでした。・゚・(ノД`)・゚・。
ほんとに痛そうでした。
今夜も目が間歇泉だったのですが、あのシーンだけは「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁッ!!」と悲鳴を上げてしまいました。
撮影スタッフの方々が「本当に痛そう・・・」とブルブルしていた訳がわかりました。
まず一文字に斬ってから介錯人に待ったを掛けていましたが、実際は腹に力が入らないと思うので、あそこまではっきりとは叫べなかったのではと思います。
ただどう考えても途中で失神するであろう三文字割腹をした人ですから、じゅうぶんアリなのでは。
下から上へ三の字を書くように切っていくわけですが(左から右へ×3なのか1往復半なのかは、きちんと調べていないのでわからないのでした)、どう考えても不可能。
ちなみに一文字の場合は臍の下を切るそうです。
上だと胃の内容物が出るのでみっともないからだとか。
また時代によっては切ったあと臓物を引きずり出して見せるという作法もあったそうで、これは腹黒くないという身の潔白を証明するためだったそうです。
なんだかよくわからない方向へ話が進んでいきそうなので、もうやめます。
ああああっと! 今回の切腹では、武市先生(もう最期なのであえて先生)が正式な浅黄色の裃を着けていましたね。
よく時代劇に出てくる白の裃は間違い。白の裃は葬式用です。
髷の結い方も決められているのですが、ちょっと確認できませんでした。
今、BSで再放送をやっていますが、辛くて見られないので、興味のある方は確認してみてくださいませ。
髷が高めで、逆(下)に折り曲げるのが正式です。
まぁ切腹はもういい。

今回は第2部のラスト、そして前半のクライマックスということで、盛り上がりました。
まず容堂が「腹を切りや」と言って、武市先生に脇差しを差し出すシーンに感動。
この脇差しはアドリブだったそうです。
ますます近藤正臣のファンになってしまいました。

そして1番感動したのが、切腹に向かうとき、武市先生が牢番の和助に掛けた言葉です。
あのセリフ、よかったですね。
これは史料に残っている言葉なのだそうです。
本当に武市先生が牢番に掛けた言葉なのです。
この言葉が武市という人物の素晴らしさ、また武士という階級の気高さを物語っていると思います。
なんでも南朋さんがこの牢番に掛けた言葉を知り、感銘を受けて、脚本に加えてほしいと頼んだと雑誌に書いてありました。
南朋さんGB!
またこのシーンを引いてロングで撮っているところが憎い演出でした。

次に感動したのが、武市先生の最期を告げる和助と冨夫人のシーンです。
小市慢太郎さんの、嗚咽する背中にこちらもむせび泣き。
あの背中、喉から洩れる声、壮絶によかったです。

龍馬、弥太郎、武市先生の別れのシーンはまったくのフィクションですが、だからこそ胸に沁みました。
フィクションでしか語ることのできないものがあると思うのです。
あえて、3人の別れのシーンを入れた演出は、私はとてもよかったと思います。
牢ごしに武市の手を取る龍馬の手と、その2人の手が離されるシーンとか、縋るような龍馬の目とか、穏やかで澄んだ武市先生の表情とか、傍観することしかできない自分の無力さへの憤りと、絶望と悲しさがごちゃまぜになった弥太郎の歪んだ顔とか、いちいちいちいち涙腺が反応して困りました。
この別れは果てしなく切なかったです。

以蔵も散りました。
最期に恋人を思い浮かべるところが悲しかった・・・
のですが、ちと物足りなかったかもだわ。
なつもいいが武市と龍馬もね。
やはりあそこは映像バックトゥがほしかったような・・・
それは最期のアップで各自試みよというメッセージなのか。
以蔵ともこれでお別れかと思うと、寂しい限りです。
来週からは高杉で埋め合わせをしろって感じですか。
設定がソウルメイトってとこからしてドン引きなんですけど。
予告を見る限り、かなりかっこいいですが、わたしは小動物が好き。
また出てくれないかなぁと未練たらしく期待しています。

それにしても、今日、「日本を洗濯する」というセリフをぶつけるあたり、ものすごいタイミングですよね。
狙っていたのでしょうか。

とにかく感動ダダ漏れ、見応えのある回でした。
次週からは新しいキャストがいろいろ出てきますし、歴史が急速に動き出していくでしょうし、今まで以上に楽しみです。
亀山社中の結成をどう描くのでしようか。

とにかく今回は濃かったです。
武市先生と以蔵ての別れは本当にツライです。
アデュウでございます。
今週もがっつり感動させていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!
来年の大河、トヨエツを信長にしてくれて、こちらもありがとうありがとうありがとう!!!!
さあ、W杯決勝ですね!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。

 
 
 
 
7月10日
0時台 1拍手
1時台 1拍手

7月11日
8時台 1拍手

すぺて「パウルくん・・・」の記事へ頂戴しました。
パウルくんはスペイン優勝と占いましたね。
3位のドイツも当てたし。
本当にタコなのか?
これが古代日本だったら完全に神ですよね。
どこかのインコはオランダが優勝と占ったそうで、どちらが当たっているのかという意味でも決勝が楽しみです。
このまえの決勝みたいに阿鼻叫喚な事件が起こらなければいいのですが。
決勝が楽しみでもあり寂しくもあり・・・
一緒に最後まで楽しめればうれしいです。

皆さま、ありがとうございました!
こうして御礼できる幸せを噛みしめています。
心から感謝いたします。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1191-7199721d

| ホーム |