The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

ペプシバオバブを飲みました。
ううーむ。
爽ヤカ・・・なのか?
バオバブ果汁0%なので、どこがどうバオバブなのかよくわからないのですが(第一バオバブの実なんか食べたことなくってよ)、爽やかといえば爽やか。
飲みやすいことは飲みやすかったです。
しゅわしゅわ~、ごくごく~と飲みながら、どこかで飲んだことがある味だと考えていたら、コーラに氷を浮かべて少したったあとに飲んだコーラの味、であるような気がしました。
つまり普通のコーラが絶妙に薄くなった味といえばよいのか。
とてつもない期待をいろいろと抱いていたので、あまりスケールの大きさは感じませんでしたが、無難に飲みやすかったので、あずきよりは断然好きかもです。
ところでリンク先の無意味にゴージャスなCMページですが、なぜこの中にキング・カズがいないのか。
大変遺憾に思いました。プンプン。



さて~。
すみませんまたしても龍馬伝なのですが~(TДT)
そして新選組の話題なのですが~。

泰造が何を言っているのかわからないと以前書きました。
土方と沖田に「行けぇ~っ!」と叫んだのは聞き取れたのですが、そのあと、龍馬に向かって吐き捨てたセリフがわからなかったのです。

私の腐った耳には、

「おまえは好きだ!」

と聞こえたのであります。
えっ、泰造、今なんて? とTVの前で固まっていました。
OPの歌といい龍馬伝は空耳アワー推奨なのか。
いやそれにしても「好きだ」はないだろうと自分で自分を叱咤していたところ、あのセリフは、

「おまえは次だ!」

だったのだと今頃気がつきました。
な~んだそうだったのかとほっとした反面、気月書きたくなかったとちょっぴり後悔。

ところでずっと書こうと思っていたのですが、まず沖田。
以蔵を発見したとき、笑みを浮かべながら近づいて行ったところが実に沖田らしいと感動しました。
沖田はこうでなくてはいかん。
そして以蔵を土方と沖田が追いつめるシーンは、よくよく気がついてみると、ライダー揃い踏みだったのですね。(沖田は変身しなかったが)
もしや今回のキャスティングはこのシーンのためのキャスティングだったのか?と疑ってしまうほど、バッチリはまったシーンでした。
泰造もいいのですが、土方がたまらなく格好いい。
美声の松田くんが喋らないというところが、またいい。

龍馬伝の新選組は見れば見るほど格好いいです。
いっそのこと、今のスタッフとキャストで新選組のドラマを作ってくれないだろうか。
そんな妄想を抱くくらいツボでした。
まじで作ってくれないかな。

あまりに私が龍馬伝だ幕末だと叫ぶもので、今日、ご長寿のお一人が龍馬関係の本を貸してくださいました。
ご長寿といっても70代前半の、素敵な奥様なのですが。

この本↓

坂本龍馬のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)坂本龍馬のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
(2009/09/17)
津田 太愚

商品詳細を見る


「3時間でわかるそうだから、まぁがんばってください」
とカマボコ目で励ましていただきました。
パラリとめくると、なかなかよくまとめられた面白い本です。
ありがとうございます。
しっかり勉強させていただこうと思います。
それにしても、皆さん、興味を持ったらちゃんとこういう読みやすい本を見つけて、知識を身につけているんだなぁと大感動しました。
読み終わったらたま龍馬伝について語り合わせていただこうと思っています。フフフフ。

ちなみに今日は沖田総司の誕生日でした。
やっぱり新選組は好きだなぁ。


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます。

 
 
 
 
昨日31日、2拍手頂戴しました。

0時台 「龍馬伝 第22回」へ1拍手いただきました。
時代の明暗が分かれてきましたね。
龍馬がいるところは新しい時代の息吹が感じられるところですが、武市や以蔵たちの現実はまるっきり正反対になってしまいました。
この対比がまっこと切ないです。
以蔵が捕まるシーン、傘の色が哀しいくらい鮮やかでしたよね。
映画みたいなシーンでしたね。


15時台 「菊一文字」へ1拍手いただきました。
幕末を好きになったのは新選組を知ったからなので、もうブレーキが壊れた状態となっています。
「新選組!」もよかったですが、私は今回の新選組の描き方のほうがしっくりきました。
ただこれは脇役だからこそできた描き方だと思うので、主役に据えたらまた違う描き方になるんだろうなと想像しいます。
それにしてもこのたびの新選組はヤバイくらいいいです。
と、こんなふうに1人で盛り上がっていたところへ拍手をいただけて、とても嬉しかったです。


お二方とも、まことにありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1156-b8fbed11

| ホーム |