The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
すみません、今日も龍馬伝です・・・
我ながらしつこすぎる、ほんとにすみません。
でも語る・・・(TДT)


その前に、はやぶさの地球帰還が濃厚になった模様。

記事はこちら

あと少し、がんばれーがんばれー!
いかん、涙腺が・・・


ということで。
新キャストがまた発表になりました。
なんとハゲタカのアラン、キタ―――――(゚∀゚)――!!

こちらぜよ

グラバー役ですか!
すごいすごい!
これはぜひとも南朋さんを復活させて「グラバー、おまえは何もわかっていない」と言わせてほしい。
他の俳優さんでもよし。
ぜひ!
是非にッ!!
こうなったら玉鉄も出してくれないかなー。
五代友厚とか中江兆民とか、なんだったら上野彦馬でもいい。出ーしーてー。
(ハゲタカをご覧になっていない方には意味不明で申し訳ありません)

筧さんの三吉はいい人で几帳面で熱くて真面目で誠実でいい人で几帳面で熱くて真面目で誠実な人なので、そういう人に筧さんをキャスティングするということは、実物のようないい人で几帳面で(以下略)という人物に描かれるのではと楽しみにしています。
寺田屋の一件が後世に伝わったのも、この人がきちんと日記に書いてくれたお陰であります。
グッジョブ!


さて、3部の情報も入ってきましたよ。

3部の記事ぜよん

画像はよろしければ拡大してご覧ください。
高杉晋作が・・・確かに「あたし」と喋り始めても違和感ないワ~。
遊び人だったからチャラチャラ感出してますけど、2丁目あたりにいそうなカンジで怖いわよ。
放送が待ち遠しいわ~。

余貴美子さんの大浦慶が恐ろしく格好いいですね!
画像を見て、その人物造形に目を見張りました。
これはとても期待できそうですよね。

大浦慶という女性はオトコマエな才媛で、義理人情に厚く、そのために全てを失い、失意のうちに人生を閉じた人です。
長崎の大商人で、親交のあった倒幕派の志士たちを経済的に援助しました。
しかし財をなした日本茶貿易が陰りを見せた頃から転がるように運に見放されていきます。
日本茶の代わりに始めようとした商売で保証人になったことから莫大な借財を背負わされ、世間の信用も財産も店もすべて失うのでした。
彼女が背負った借金は、現在の金額に直すと約3億円ともいわれています。
明治17年(1884年)、慶が危篤だとの知らせを受け、やっと政府が彼女の功績を称える報奨金を贈るのですが、すでに時遅く、その一週間後に息を引き取ったのでした。
借金は生前すべて返済し終わっていたそうです。
彼女は恐ろしく人を信じ、恐ろしく人から裏切られた人です。
人間の裏と表を見尽くした人なのではないかなと想像します。
晩年はあまりに寂しいものでしたが、それすらこの女傑を形作る必要なエピソードのように思えてしまうほどです。
美貌を誇った彼女は一生独身だったとか。
大浦慶の名声がどれほどのものだったかを知るエピソードとして、明治12年(1879年)、元アメリカ大統領ユリシーズ・グラント将軍が長崎に寄港した際、各県令とともに国賓として艦に上がったという記録が残っています。
すでに事業は失敗していたにも関わらず、国賓として乗艦した女性は彼女ただ1人だけでした。
いかに彼女が当時の日本で屈指の豪商だったかわかるというものです。

龍馬伝の大浦慶はどういう人物として描かれるのでしょう。
この佇まいから見るに、かっこいいにも程がある女性になるのではないかと勝手にわくわくしています。
3部は7月18日からということは、11日頃に勤王党の皆サマは斬首+切腹かしらね・・・(T.T)

いや~今年の大河は盛り上がりますね。個人的に。
昨年のぶんまで盛り上がってますYO!ヽ(`Д´#)ノ

あ、明日の土曜スタジオパークは健くん決定らしいです。
今から準備しなきゃだわ!!(なにを)


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(TДT)


 
 
 
 
昨日27日、4拍手も頂戴しました。嬉しい限りです。

13時台 「幽霊とSWAT」に1拍手(なつみさんダンケシェーン)

23時台 「龍馬伝 第21回」「龍馬伝 しつこく第21回」「幽霊とSWAT」にそれぞれ1拍手ずつ頂戴しました。
最近、龍馬伝ばかりで申し訳ありません・・・
龍馬伝にはまっている上に、龍馬より10倍好きな新選組があのように登場したとあって、火に油を注ぐ状態と成り果ててしまっております。
当分騒ぎ続けると思われますが、どうか生暖かい目で見守っていただけるとありがたいです・・・
すみません、ほんとに。
たぶん、いつもポチッと拍手くださっているのではないでしょうか。
お心遣い、本当に嬉しい限りです。


ここからはコメントへの返信でございます。

☆なつみさま
「聖☆おにいさん」は読まれましたか?
新刊も相変わらず面白かったです。
あの福笑い、欲しくなってしまいました。
新刊はいろいろ訪問者があって賑やかな巻だったのでは。
あの和み加減と平和加減がすごく好きです~。
しゃばけの幸せ感と通じるところがあるような・・・


皆さま、このたびもありがとうございました。
心から御礼申し上げます。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1150-d9846b4a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。