The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

すごく感動した!!

龍馬伝の予告に!!!

なんか・・・なんか天地人とラベルじゃないレベルが違いすぎるぜよ。
鷲津がちゃんと武市半平太になっていた。
福山が龍馬に見えないところもよかった。
彼は誰を演じても福山雅治以外の何ものでもないみたいです。
福山は格好よすぎる。
髪型が天然パーマではなくて、パーマに見える。事実そうだろうし。

そんでもって「坂の上の雲」の予告にもエライ感動したぞなもし。
じゅんさんものぼさんも元気そうで、あしゃ感動したぞな。
2作品とも、ものすごく楽しみです!

ありがとうNHK!


あああ・・・本文に入る前に終わってしまいそうになりました。

そんなこんなで最終回でした。

人間、亡くなったらどんな人も仏様でございます。
ドラマとて同じこと。
すでに終わってしまった作品でございます。
これはこれで素晴らしかった(ところもあったかもしれない)と言って納めるのが上策かと。
ということで、まぁよろしかったのではないでしょうか。

お年を召したお船どのの演技が学芸会みたいで、微笑ましかったです。
年寄りの演技、清々しいほど下手でした。
演出家の指導がああだったのでしょうか。
お船さんはあのとき60代、これからあと20年は生きるのに、今からあんなにヨロヨロしていてはまずいだろう。

兼続は老けメイクをしても可愛かったですね。
正面の顔はそれでも老けていましたが、横顔がまるで若者。
ま、天地人はブッキーを鑑賞するドラマだったからいいのか。

初音が見事に老けていて、初めて初音に感動しました。
彼女はよかったな~。
最後の最後で美味しいところをさらっていきました。
よかったよかった。

最終回、中身はあんまりありませんでしたが、実はけっこうめそめそしながら見ていたりしました。
回想シーンは必ず怒濤のように出てくると予想はしていたのですが、挿入の仕方が上手かったな~と感動しました。
モニカ、秀吉殿、それぞれよかったです(T.T)
そして三成が出てきたところで、感極まってしまいました。
ただ兼続の語りに若手が感動した割には、その後の江戸時代における三成の扱いも、米沢での兼続の扱いも惨憺たるものであったことは明白なので(兼続の評価が復活したのは鷹山が登場してから)、見え見えバレバレの脚本と演出に、感動の涙も途中で引っ込んでしまいましたが、綺麗事を並べ立てるだけのドラマだったから、これでいいのだと納得しました。

そうそう、政宗が意外によかったです。
見慣れただけなのかもしれませんが、最終回の政宗はなかなかだったのでは。
秀忠はいい役でしたね。
こんなに聡明に描かれるのは初めてではないでしょうか。
演じた俳優さんの力も大きかったのでしょう。

ラスト、兼続がちゃんと自分で末期の水を飲んでからご臨終するところが天晴れだと感じ入りました。
そして、お船どのが側に寄り添っていましたが、死後硬直が気になって気になって、感動が半減したいました。
首とか口とか早く固定したほうが、とか心配しつつも、いや待てこの時代だと関節の外し方とかプロがたくさんいそうだからいいのか、とか、何より棺桶に体育座りで納棺するから、あのままでもいいのかしら、とか余計なことを考えていたのでした。
さらにあの死に方は、ご長寿の理想的な死に方なのです。
これをご覧になった方は、ヨダレをボタボタタラしていたであろう、とかさらに余計なことを考えていたのであります。
素直に鑑賞すれよ自分。

回想シーンに出てきたシーンが、個人的にツボだったり感動したシーンばかりだったので、嬉しかったです。
ただし「紅葉のような」はノーサンキュー。
これにはまっったくツメの先ほども感動も共感もできなかった。
篤姫の「女の道は一本道でございますよ」とは比べものにならないペラさだと思う。感動した方には申し訳ないのですが。
葉っぱのフレディに対しても失礼な例えである。
私がこの天地人を心の底から感動出来なかったのは、この感覚の違いにあったのじゃろう。
もはやどうでもいいが。

ああいけない。最後くらい褒めちぎりたいのに、これでは!

ええーと、ええーと、
家康はまぁあんなもんだろう、と。
実は好きでした、みたいなことになっいて、ああやっぱりね、でございました。
ただ兼続の「志はお教えできません」というセリフはよかったですね。
ここはグッときました。
それと息子の死を殿に語る兼続の笑顔が泣けてしまった。
あの寂しそうで、耐えに耐えている笑顔は胸が詰まりました(TДT)

なんだか知らないけど、涙が出る最終回でした。

兼続とお船どのが越後に里帰りするシーンは、県民の1人として、プレゼントみたいなシーンでもありました。
あそこは全収録の最後の最後に撮影したシーンで、こちらでロケしたシーンなのだそうです。
兼続が「あそこまでは、もう登れそうにないのう」みたいなことを言って仰いだ山は、八海山です。
OPでブッキーが立っていた頂上の山です。
ですから「もう登れそうもない」というセリフになるわけですね。
どうせなら、そこも説明してほしかったです。
ここらへんのサービスのなさ、内輪受けで済ませるところがまるで新潟県民そのもの。
天地人は県民の呪いでも掛かっていたのではないだろうか。

OPの棚田も実際にある風景なので、よろしければぜひお越し下さい。
新潟はお米が有名ですが、野菜の産地でもありまして、野菜の消費は全国1位なのです。
海も山もあるので、山海の珍味がてんこ盛り。
雪深いですが、とても豊かな土地です。
四季がはっきりしていて、春は爆発したみたいに花がいっせいに咲きます。

今回、天地人が大河になったお陰で、新潟の豊かな自然が全国に流れたことが何よりありがたく、嬉しかったです。
水田を風が渡る景色をご覧になった方もいるかと思いますが、実際に田圃に立ってみなければ稲穂の匂いはわからないものです。
あの匂いこそ、実りの匂い。
兼続たちが愛した越後の土地へ、よろしければお出でくださいね。
ただし新潟市は見るところが皆無なので、お出でになるのは新潟市以外を推奨。

さて。
家康は上杉を米沢へ追いやったものの、まだまだ越後勢が怖かったのでしょう。
越後勢を一致団結させないために、家康は越後に小さい藩をたくさん作り、わざと諍いを起こすようにし向けたのでした。
やっぱり徳川家は恐ろしいです。

殿を鑑賞した一年でしたが、最終回の馬の真似に、久しぶりにチャーミーな殿を拝見できて満足。
回想シーンで喜平次が出てきたときはうれしかったです。
そして殿へと変身したシーンを見て、なぜこうまで悪人面になるのかと、改めて涙しました。

三成はやっぱりよかったな~。
友達がいなかった彼・・・
兼続を友としたのが運の尽きでした。

そういえば、天地人の地元では大型スクリーンで最終回を見る催しが開催されました。
なんと放送が終わると、ブッキーの特別な映像が出て、「今まで応援ありがとう」というスペシャルメッセージが流れたそうです。

「坂の上の雲」の関係で、放送が2回カットされましたが、どうせなら20回カットすればよかったと思う。
半年の放送にすればよかったのではないか。
どだいあの原作、あの脚本家で一年持たせようというのが間違いだった。
逆にいえば、ここまでツッコミができる大河も稀である。
ツッコミ度第1位に輝く作品決定だろう。

ある意味、面白かった作品でした。
スポットライトも今となっては懐かしい。
一年間、楽しませていただきました。
「炎立つ」「琉球の風」と並び立つ作品でした。

ちなみに「愛を掲げよ」というタイトルは、現代に生きる我々に向けられたメッセージなのではないでしょうか。
と、最後は真面目にシメ。

以上、思いつくまま書き殴りました。(ああ、ちょこっと司馬先生っぽいわ。じ~ん)

一年間、ありがとうございましたNHK!

きっと「坂の上の雲」と「龍馬伝」を見て、その差に愕然とするんだろうなぁ(TДT)


以下は拍手御礼です。

 
 
 
 
 
御礼が遅くなり、大変失礼したしました。


16日 「天地人 第46回」へ拍手くださいまして、ありがとうございました。
今となっては、懐かしい思い出です・・・
やはり関ヶ原はよかったな~と。
あそこがクライマックスみたいでしたよね。
なかなか楽しませてもらった一年でした。


16日 「天地人 第38回」へ拍手くださいまして、ありがとうございます(T.T)
この記事は刑部のことが書けて、とても嬉しかったので、拍手いただけたことは何よりの感激でした。
大感謝です!
西軍をけっこうしっかり描いたことは、天地人の大きな功績ではないでしょうか。



なつみさま
「ちはやふる」読んでくださってありがとうございます!
新と太一、なつみさまはどちらがお好きでしょうか。
脚の具合はいかがですか?
私もバッキリやったことがあるので、不自由さはよくわかります(T.T)
どうかしっかり治してくださいませ。
やっぱり温泉がいいみたいですよねん。


せなさま
やはり金木犀は2度咲きでしたか。
2度咲いたけれど、花の付きはよくなかったらしいですね。
それでも金木犀が大好きなので、
今年は2回もあの香りが体験できて嬉しい年でした。
とはいえ今年は昆虫が少なかったりと、
いろいろ例年とは違った現象が起こっているみたいです。
やはり我々、2012年に・・・?
そうなったらどこかのバカップルの運命が!!!


せにゃさま
ライザチャックのあとに幸村とは、
ステーキのあとに焼肉食べるようなものでしたね。
天地人はカプコンのレベルまでは逝ってないと思うんですよね。
その中途半端さが片腹痛し。
こんなことなら、ずっとスポットライト演出をしてほしかったかもです。


皆さま、本当にありがとうございました!
とても励ましていただきました。
心から御礼申し上げます(TДT)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1057-137b23a9

| ホーム |