The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

遠山殿、やりました。
有名な法広寺の鐘銘、「国家安康」「君臣豊楽」へ言いがかりをつけたのが遠山殿だったとは、実に天晴れなお働き。
というか、この言いがかりみたいな解読をしたのは黒衣の宰相といわれた金地院崇伝じゃね?
林羅山もその1人だったはずよ。
火坂先生の著書で「黒衣の宰相」という作品があるんだから、崇伝を出してほしかったし、出すべきなのでは。
この鐘銘事件といえば金地院崇伝なのに、なぜ遠山殿にしたのかわからない。
ここへ来て、何わけのわからないフィクションを入れているのだ・・・

はっ。もしかしてこれがクライマックスなのでしょうか?
ケンカを売ると見せかけたクライマックス?
そうであってほしい・・・

大阪冬の陣へと至る回で、上杉が徳川方につくことを殿が決意した回だったわけですが、あまりにわかりやすすぎて「ネコでもわかる、大阪の陣へ」というタイトルにしたらよかったと思いました。
簡略化しすぎて、鶏ガラスープのガラをしゃぶっている感じだった。
この天地人って、歴史ドラマの面白さがほとんどないドラマだったんですよね。
それなのに毎回ないものを求めてしまって、見方が完全に間違っていました。
ブッキーを鑑賞すればいいドラマだったのよ・・・

あああっと、仙桃院さまがお隠れになりました。
最期まで美しかったですね。
合掌。
フー。

喜平次の回想シーンが出てきて、嬉しかったです。
なぜあんなに凛々しく可愛い喜平次が、長じてあのような悪人面になるのか理解不能。
殿も途中まではチャーミーでしたが、ヒゲを立ててからは単なる越後の山猿と化してしまって、フォローできなくなってしまいました。
ただもっと老けると品が出てくるみたいなので、最終回を待とうと思います。

来週は幸村が出てくるみたいですね。
予告を見て、思わず「アミーゴ!」と叫びたくなるような幸村になってました。
なぜあのヅラにあのヒゲ。
このたびの衣装さんのセンスは私の右斜め45度を駆け抜けていってしまうので、ついていくことができませんでした。
三成はよかったのになぁ。残念。

天地人もあと2回となりました。(2回もあるのか・・・)
頑張って最後まで見ようと思います。
今週もいろいろな意味で楽しませていただきました。
ありがとうございましたNHK!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kadesch.blog3.fc2.com/tb.php/1050-f83fb7b3

| ホーム |