The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

先日UPしたヤグディンの「仮面の男」を見たあと、どうしても見たくなるプログラムが、キャンデロロの「ダルタニアン」です。
長野オリンピックで銅メダルを取ったときのFSですね。
フィギュアスケート史上、燦然と輝く伝説のプログラム・・・

大好きなFSのプログラムです。

何度見ても感動する・゚・(つД`)・゚・
というわけで、ここにもダルタニアンの動画を貼っておきます。



映像が少し荒れていますが、カメラアングルはこちらのほうが好きなので・・・




こちらは綺麗な映像。実況がうるさい。

キャンデロロ、いいですよね。
ショーでも、このダルタニアンを滑ってくれるときがあるんですよね~。
いつか生で見たい・・・


だいたい「仮面の男」→「ダルタニアン」と鑑賞して、どうしようもなく盛り上がったときは、次に映画「仮面の男」が見たくなって、少しだけ見るつもりが結局最初から最後まで見てしまうということを何度かくり返しています。
最近はここに、まつやま様から頂戴した「マスケティアーズ」が加わり、三銃士サイコー! と1人で異様に盛り上がっているのでした・・・(まつやま様ありがとうございます(´;ω;`))

今年の四大陸、ワールドも楽しみですね。
ワールドは例年とは違った雰囲気が少し漂うかなと期待していたりします。
「チーム・ブライアン」を読んでいたら、こんなことが書いてありました。
オリンピックシーズンは、いつスタートするのか。それは前年のワールドのFSが終わった瞬間です、と。
今年はその瞬間を拝めそうですね。
楽しみです。
ちなみに「チーム・ブライアン」は、オーサーのコーチングや、羽生くん、フェルナンデス、ヨナ、そしてチーム・ブライアンがどう機能してコーチングしているのかが書かれた、とても面白い本でした。

ブライアン・オーサー、とてもかっこいい選手だったことを覚えています。
ジャンプが素晴らしくて、ハンサムで、とにかくステキだった。
でも銀メダルが多くてな・・・
その選手が今コーチとなって、教え子に金メダルを獲らせている。
人生の巡り合わせは不思議ですね。
キスクラでオーサーを見るたび胸熱になっているのでした。

スポンサーサイト
大寒波が大活躍ですが、みなさまのところはいかがでしょうか。
大した影響が出ていないことを念じております。

そういえば昨日、BSフジだったかな、映画「八甲田山」を放映していました。
なんというタイミング。
何度見ても恐ろしい。ホラー映画以上です。
わたくし、原作の「八甲田山死の彷徨」を、毎年実際に遭難した日程に併せて読み返すという儀式を行っておるのですが、今年もあと1週間後くらいに迫ってまいりました。
みなさまもいかがでしょうか。


さて・・・

ヤグディンです☆☆٩(ˊᗜˋ*)و

この方、大変イケメンですが、なにしろ世界の頂点を極めるくらいの人ですから、いろいろ突き抜けている方らしく、数々の伝説を生み出しています。

まとめはこちら↓

全盛期のヤグディンまとめ

・・・自由・・・?
こう・・・プルに同情を禁じ得ない・・・みたいな?
誠意がありすぎて、おかしな意味でオープン。
自分のやり方(世間とは微妙にズレでいる)で誠意を示そうとする、天然でやりたい放題な帝王様。
ある意味ヴィクトルに通じるものがある。

試合やアイスショーでは前髪を上げてセットしていますが、普段は前髪を下ろしていて、それがチョーーーーーすてきなのです(´;ω;`)
太りやすいみたいで、アメリカに行って太ったら、ミーシンに「そんな太った狼にジェーニャは倒せない」と言われるエピソードとかもすごい楽しい。
ミーシンはジェーニャのためにヤグディンの悪口を言いまくっていたんですよね。
それと、ヤグが頼ったコーチ、タラソワはミーシンの因縁の相手だったので、余計腹立たしく、なんとしてもプルに勝たせようとしたと。
ミーシンはプルを息子のように可愛がり、プルもミーシンを父のように慕い、コーチと弟子の枠を越えた信頼関係を築いていた。というか現在進行形でもあるのか?
疎外感を感じるヤグは余計暴れ、あげくはアメリカへ。
そしてミーシンとヤグの泥仕合が始まり、プルは2人に挟まれる。
なんかもうほんとに面白い。いえ、実際はとても深刻なのでしょうが、ロシアって面白いなと思わず高見の見物モードになってしまいます。
ソチのあとヤグとプルはマジで決裂したらしいが、そのあとどうなったのだろう。

ヤグには俺様伝説がありまして、「スケオタあるある」という素晴らしい本に紹介されているので、引用させていただきますと・・・
※()内はわたくしのつぶやきです

俺様伝説その1
ホテルで騒ぐファン達を整列させてサイン攻めをすべてこなす

俺様伝説その2
外では誰も近寄らせず、ファンは指先にプレゼントをかけに行く。
(後ろ手の指ですな・・・)

俺様伝説その3
とあるショーで、勝手にファンサービスをして怒られる。
(客席にいろいろなものを投げ込んだらしい。花束とかペンラとか)

俺様伝説その4
ヤグディンを尊敬する選手(たぶんジュベのことだと思われる)がコーチを頼んだところ、
「すべてのジャンプをコンボで跳んでみろ! お前の身体能力ならできる!」
天才の指導は想像を超えていた・・・



ステキだわ・・・
ヤグのファンサは有名みたいですよね。
「スケオタあるある」にはファンの新年会ルポなる素敵すぎるマンガが載っているので、興味がおありの方はぜひ。(私はこのマンガのために買いました…)


現役を退いても、大変人気のあるヤグディンですが、並み居るファンを蹴散らして世界一のヤグオタと認定されている人物、それがジュベールです。
ジュベールといえばクワドの申し子。クワドが評価されず得点に大して結びつかない時代も、愚直なまでにクワドを跳び続けました。
現在の、クワドが正当に評価される時代は、ジュベールがクワドリプルを跳び続けていたからこそです。
彼の精密機械のようなジャンプは、今でもアイスショーが拝むことができます。

でまぁここまではいいのですが、この方ほんとにヤグが好きで、ヤグの動画や画像がUPされるたびジュベなんじゃないかと言われるほど有名でした。
あまりにヤグが好きで、恋人からあんたゲイなんじゃないのと言われる始末。
念願叶ってコーチまでしてもらいました。
が、ジュベは「ヤグの真似をしなければもっと成績が伸びるのに」と言われ続けていたので、人生過ったフシがあります。
ジュベはプルとも仲良し。
プルのアイスショーにも出ています。
いつだったかのプルへのインタビューで、「(ヤグヲタで世界的に有名な)ジュベと仲良いんですか? ショーに呼んでますけど」みたいなやつがあって、涙を禁じ得ませんでした・・・
このとき勇気あるインタビュアーは「ヤグについてはどうっすか」と訊いていて、プルは「あいつは自分にとってもういない人間」みたいなことを応えていましたよ・・・
ソチのあとだったかな・・・oh・・・

ジュベールはクワド、ヤグヲタで他の追随を許しませんが、もうひとつ、衣装があります。
彼の衣装は世界一。
今でこそアイスショーでまともな衣装でおでましですが、現役はジョジョでも拝めない衣装で滑っていました。
顔だけはLv.4とかよく言われていたな・・・

そんな彼の歴史をまとめた動画がありますので、よろしければご覧下さい。
私は辛いことがあったときに拝みます。
できましたら、上の「ジュベール変衣装まとめ改」をクリックしていただいて、ニコ生サイトでご試聴いただけると感動が濃いものになるかもです。
字幕がとても面白いので。



すごいわ。
いつも途中から息が出来なくなるわ。

ユーリ!!!だと、勇利がヴィクヲタという設定だったり、現実では羽生くんがプルのファンだったりしますが、ジュベには叶うまい・・・
ファンもよく心得ていて、ヤグとジュベ2ショット写真にヤグからメッセージをもらい、ジュベに渡した方もおられるとか。
素晴らしい・・・ファンの鑑ですな。

というわけで、ヤグディンやジュベール界隈の話題でした。
そうそう、前回載せたヤグの動画。このときのヤグは今の羽生くんとほぼ同い年です。
ううーむ。

もう少しフィギュアスケートの話が続きます。すみません(;゚ω゚)


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

素晴らしいフィギュアスケーターはたくさんいますが、その中でも帝王と称されるヤグディンは特別な存在なのではないでしょうか。
残念ながら先天性の股関節疾患で、現役が短かったことが悔やまれます。
ライバルだったプルシェンコと、世界を舞台にした一騎打ちを覚えておられる方も多いでしょう。
プルシェンコが皇帝と呼ばれているのに対し、ヤグディンは帝王と呼ばれていました。
北斗の拳ですよね・・・(ヤグディンはラオウとも呼ばれている)


ご存じの方には申し訳ないのですが、少しだけ補足しますと、この2人、ジュニア時代からのリンクメイトだったのであります。
ミーシンという超有名なコーチの門下生でした。(ヤコフのモデルらしい)

2人がジュニアだったころ、ロシアにはエースのウルマノフがいました。
現在、ユリオのモデルとされるリプニツカヤのコーチをしています(´ω`)
ミーシンはもちろんエースであるウルマノフにかかりきり。リレハンメルで金メダルを獲る選手ですから当たり前といえば当たり前。
ウルマノフが引退すると、ヤグディンも練習を見てもらえたみたいですが、年下のプルシェンコがめきめき実力アップしてきて、ミーシンはプルのほうを可愛がるようになります。
ヤグディンはやりたい放題で言うこと聞かない、一方プルは素直な優等生、という理由もあったのかもしれません・・・(。pω-。)
リョーシャ(ヤグの愛称)は面白いわけがなく、ジェーニャ(プル)をいじめながらがんばる。ジャーニャもいじめに耐えながら、もっともっとがんばる。
そして血みどろの戦いが幕を開けるのでした・・・

このジュニアのときから2人のあいだには確執があったようで(そりゃそうだ)、シニアになるとますます2人の実力は拮抗し、相手が大技のジャンプを跳ぶば、こちらも負けじとものにして跳ぶ、みたいな抜きつ抜かれつをくり返し、気がつくと男子フィギュアはこの2人がいつも金銀を独占、ロシアの黄金期となっていました。

ソ連が崩壊してロシアになったばかりの時代、2人が置かれた状況はなかなか激動の時代で、2人とも10代の頃から家族を背負っていたそうです。
スケートに生活がかかる10代の男の子2人、金メダルと銀メダルの差は歴然としていますから、2人のライバル関係はすごかったらしい。
性格も合わなかったとヤグディンがおっしゃっていますから、本当に敵だったんだなと思います・・・
普通は友情が芽生えそうなものですが、だめだったらしい・・・

そして、長野オリンピックで、どうしようもない理由でヤグが風邪をひいて成績が振るわず、怒ったミーシンがキスクラにヤグをおいてけぼりにするという事件が勃発。
ヤグディンは子供のころに両親が離婚、父親が家を出て行っているので、ミーシンに父性を求めていたのでしょうが、その彼から見放されたと感じたらしく、喧嘩別れのようにしてミーシンのもとを離れます。
さらに母国ロシアからも離れ、当時アメリカにいたタラソワのもとへ行ったのでした。

これが大正解で、ヤグディンはタラソワの指導のもと、見事な復活を遂げます。
このときタラソワのアシスタントをしていたのが、のちに語り継がれるSP「ウィンター」を振り付けるモロゾフでした。

タラソワはロシアスケ連の方針に疑問を感じ渡米した反骨の人です。
ヤグディンもまた少なからず疑問を感じていたようです。プログラムも衣装も、すべて上から命じられるままで、当時はそれが当たり前とされてきました。けれど、すべて押しつけは野生児にとって窮屈だったらしい。
ミーシンとも上手くいかず、ロシアの方針とも会わないと感じた彼は、外の世界へ出ることを決意したのですが、もしタラソワのもとへ行くなら一切サポートはしないとロシア側から通告があったそうな。
それでもヤグディンは勝つためになりふりかまわずタラソワの手を取ったのでした。

タラソワはすべてにおいて最高レベルを要求するコーチで、音の拾い方、指先まで厳しく指導することで有名でした。
ヤグディンはといえば、野生動物みたいなヤンチャ坊主でしたから、タラソワも苦労したようで、彼をコーチした4年間はすげー苦労したみたいなことをボヤいています。

鬼軍曹のごとくシゴき、生活面でも口うるさく注意する反面、病気になったら付きっきりで看病するという母親みたいな愛情を示すタラソワは、ヤグディンにとって厳しいけれど、あふれんばかりの愛情も注いでくれる、理想のコーチだったのでしょう。
少なくともミーシンのように傷つけられることないと感じたのではないでしょうか。

このエピソード、そう・・・、ユリオとリリアを彷彿とさせるのは私だけだろうか・・・
もしかするとヤグディンとタラソワのエピソードを参考にしたのかな? と想像しています。そうだったらとても嬉しい(>ω<、)
もうひとつ、10代のころから家計を助けていたみたいなところもユリオを彷彿とさせます・・・
ユリオもお父さんがいないんじゃないかなと想像している。
それはともかく・・・

ロシアでは振り付けでも衣装でも一方的に与えられるものでしたが、タラソワのもとではアシスタントのモロゾフも交えてお互い話しあい、共同作業でプログラムを作り上げていきます。
それはとても新鮮で興奮する作業だったはずです。

ソルトレイクの前年、ことごとくプルシェンコに敗れますが、グランプリファイナル、ユーロでは王座を奪還。
ヤグディンとプルシェンコの戦いは、ついにオリンピックという最高の舞台で決着がつくことになりました。
ジュニア時代も含めて、2人の決着にオリンピックが用意されるあたり、まるでマンガか映画。

で、オリンピックはヤグディンの完全勝利!!!
SPでプルがまさかのミスで4位と出遅れ。
プルは練習のしすぎで脚を痛めていたのですよね・・・
FSでオニの追い上げをしますが、ほぼ完璧に滑りきったヤグディンが念願の金メダルを手にします。
おめでとうおめでとう・゚・(ノω;`)・゚・
ただこのとき、ヤグディンの体は限界だったのであります。
帝王はソルトレイクの翌年、リンクに別れを告げます。

それでは、今も語り継がれるソルトレイクでの伝説の演技を見てみましょう。
SP「ウィンター」は、世界でもっとも短いSPと言われています。
あっという間に終わってしまう、という意味。



ああ、素晴らしい・・・
今の採点方式だとステップなんてLv.1らしいですが、それは今の方式が間違っている。
音楽の表現、シンクロ、音の捉え方。パーフェクト。
バタフライの見事さ。
そして3A。
これは今でも加点がつくジャンプと言われています。
振り付けはモロゾフ。


次にFS「仮面の男」。
振りがナゾですが、それも含めて伝説です。衣装もな。
刈屋アナの神実況も併せてお楽しみください。



ハラショー!!!!!!!!
オーチンハラショー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
なにもいうことない。

今は採点基準がまったく変わってしまい、ジャンプ合戦みたいになってしまっていますが、この時代はスケーティングで魅せる選手が評価された、素晴らしい時代だったと思います。
ヤグディンはとても色気のあるスケーティングをします。
それはシナや媚びといった、色っぽい仕草や振りからくるものではなく、存在だったり肉体だったり雰囲気からくる、腕を動かすだけでえもいわれぬ艶が出る、バレエダンサーに通じる色気があったように! 思うのです!!
男の色気ですな!!!
ユーリ!!!だとヴィクトルとは対極にある色気です。
振りまくのではなく、滲みでるもの。
日本だと町田くんの美しさが近いかな・・・

インタビューで「フィギュアスケートはバレエに似ている。演じる人物にいかになりきるか、それが大切だ」みたいなことを語っています。
今でこそスケーターたちが氷の上でさまざまな人物を表現するのが当たり前になっていますが、それはヤグディンとタラソワからはじまったのであります。


なんだか今回は真面目な記事となってしまいました・・・
大変男前なヤグディンですが、数々の伝説を持つ氷上のDQNでもあります。
また彼を慕いすぎる若手の存在を忘れてはなりません。
やはり伝説と若手については書かねば
というわけで、つづく。


以下は拍手御礼でございます。
いつもありがとうございます(´;ω;`)

guanghong_640_1136.jpg


今日は季光虹(ジ・グァンホン)くんの誕生日です!
ハピバ!!!!!
グァンホンくんはアイドル枠というかヒロイン枠ですよね。
とにかくかわいい。そして結構、冷静。
FSの曲にツッコミながら滑るシーンが大好きです。
グランプリシリーズでは今ひとつでしたが、ワールドでの活躍を期待しています!


ヤグディンについて書き殴ろうと思っていたのですが、連隊戦の疲れがまだ抜けず(´;ω;`)
本日は彼の超有名な動画だけ貼っておくことにいたしました。
17歳のときのエキシですね。
ヤグディンを語る上で避けて通れない伝説のエキシです。




プルといい、ロシアの方のエキシは超越した何かがあります。
ロシア人とは何て豊かで寛容な民族なのでしょうか。
われわれ日本人はまったく叶いますまい。

というわけで、体調を整えてリョーシャについて語りたいと思います。
明日は仕事なのですが、きっとユーリ!!!のことを考えては顔面崩壊するに決まっているので、伊達マスクで乗り切ることにいたします。


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

連隊戦は相変わらず苦戦続きです(´ノω;`)
やっと7万個まできました。
ノルマの10万個まであと3万個か・・・( ゚ ρ ゚ )ボー
うちは極短刀ちゃんがあまり育っていないので、苦労しています。1番上の平野でもLv.43・・・
みんながんばってくれ・・・


このところユーリ!!!にはまってからフィギュアスケート熱がぶりかえして、ますます大変なことになっています。
ユーリ!!!については大包平が来たら(誰も読みたくはないだろうが)語るとして、最近惚けたように見ている動画を無理やりご紹介いたします・・・

こちら↓



んんんんんんんんんんんんんッッッッ
す て き ッ ッ!!!!!!!!!!
もしよろしければ大きな画面でご覧になってくださいませ・・・

この演技、ユーリ!!!のOPを連想させるのですが、それもそのはず、振り付けは賢二先生。
そしてヴィクトルはランビエールが多少入っているし(町田くんとのエピソードや、なんといってもヴィクトルのスケート靴のブレードがゴールドなのはランビエールがモデル)、勇利もほとんどが町田くんとはいえ大ちゃんも入っているので、大ちゃんとランビエールだけでもユートピアなのに、ユーリ!!!まで被ってもうもうもうもうもうもう地球すべてを祝福したくなるほどの恩寵が爆発するアイスショーでございました。ハレルヤ!!!(何書いているか自分でもわからん)

もうひとつは、敬愛してやまないまつやま様(突然、お名前を出してお許し下さい)が贈ってくださったアイスショーのBD。
特に町田くんの演技ばかり繰り返し見ています。
町田くん、相変わらずでうれしかったです。
もう、町田くんの世界というか、なぜ松田聖子? なぜ「あなたに会いたくて」? という根本的なツッコミさえ脳内に浮かべる隙を与えず、圧倒的な演技で感動の渦に引きずり込んでいました。
お芝居を観ているようでした・・・
いつか町田くんの「エデンの東」を生で見たいものです。
(まつやま様、改めてメールいたしますが、ありがとうございした(´;ω;`))

ところで大ちゃんといえば、元日のウルトラマンDASH「ユキリ!!!on ICE」、ご覧になりましたでしょうか。
もう泣いたね(´;ω;`)
日本の至宝になにをさせるの・・・
大ちゃんも仕事選べよ。また完璧にこなすところが泣ける。というか大笑いだった。
でもこれで大ちゃんの素晴らしさやスケーターの凄さが伝わればいいや・・・( ノД`)


大ちゃん、町田くん、ランビエールなどなど、好きなスケーターはたくさんいるのですが、特に好きなのがヤグディンです。
というわけで、次回は誰にも聞かれてないけどヤグディン(とジュベールも加えておくか…)について語ろうと思います。
今、ヤグディンが現役だったら絶対ワールド優勝していたと思う。
10年前に4-3-2跳んでいたくらいだからな。


それでは連隊戦に戻ります。
明日から仕事なんてどうでもいい。玉集めしていたい・・・


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(´;ω;`)