The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

まさか最後にすごいオチが待っているとは。

徳川幕府ナレ死。超高速幕末明治維新。
徳川の三百年が数秒で過ぎ去ってしまいました。

最後のナレーションで、無性に「新選組!」が見たくなってしまいました。
佐久間象山が河上彦斎に暗殺されたシーンを思い出します。
「『かわ』は三本川のかわか、それともさんずいのほうか」
悲惨な暗殺シーンだというのに、おかしみがあった、印象深いシーンでした。
ついつい先日、「犬神家の一族」の旧作、新作を見返したところだったので、まさか真田丸で石坂浩二を連想するとは思いませんでした。

真田丸、昌幸が出ていたころまでは面白く見ていたのですが、後半に入ってからどうも食い入るように見ることが少なくなっていきました。
特に冬の陣、夏の陣の描写が短かったし、短絡的だったと感じています。
もっと、じわじわ徳川に追い詰められていくさまが見たかった。
徳川側視点で描いた作品のほうが、豊臣が滅んでいく様子をしっかり描いている気がするので、ちょっと複雑。

それにしても豊臣側がバカすぎる・・・
大蔵卿がかなり憎まれ役に描かれていましたが、もっと豊臣側のブレーンのまずさ、徳川家臣団の優秀さを出してほしかったところです。
逃げ恥の秀忠はどうでもよかった、徳川の家臣たちをもっと出してほしかった・・・

最後の家康と信繁の語り合うシーンも、申し訳ないのですが、あまり入り込めなかった。
あのファンタジーなシーンは必要だったのだろうかとさえ思えた。
景勝、政宗主従のシーンは感動できたのですが。
もちろんあの家康とのシーンは最終回のキモだったわけで、たぶん私の感覚がおかしいとは思うのですが、見たかったのはこれじゃないと申しますか・・・
きっと私が戦国時代に大した思い入れを持っていないからなのでしょう・・・

最後まで従ったのが佐助だったのが意外でした。
安居神社で佐助が自分の年を明かし、体中が痛うございます、という台詞には泣けてしまいました。
あそこはよかったな(´;ω;`)
年齢と、たったひと言の台詞で、佐助という人物が辿った人生を想像させ、献身と辛さに打たれてしまいました。
てっきり作兵衛が付き従うものだとばかり思っていたので、おどろきでした。
でも佐助の最期が描かれなくてよかった・・・
なまじ戦闘能力が高いから、きっと壮絶な最期になるんだろうな・・・と想像していたので・・・。
佐助はあのあと生き延びていてほしい。

なんというか、合戦シーンのスケールが小さかったな、という印象があります。
予算が減らされて制作サイドは大変だったそうですが。

前半の北条家や、徳川と丁々発止の場面などはとても見応えがありました。
できることなら、もっとどす黒い血を流してほしかった。したたかで、陰惨な面を出してほしかったな~。せっかく戦国ものなのに勿体なかった。
前半が面白すぎぶん、後半にただならぬ期待を抱きすぎてしまったのかもしれません。
まぁいろいろ制約が多かったんだと思う。この時間帯って流血シーンが御法度だと聞いたことがあるので、大人の事情がある中、精一杯奮闘したのだろうと推察いたします。

1年間、楽しませていただきました。
久しぶりに楽しめた大河でした。あっという間の1年だった。
取り急ぎ、思いついたことのみ書きました。また総集編などで語ろうと思います。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!!

スポンサーサイト
ツイッターで「タイトル回収」か゜トレンド入りしていました。

というわけで、タイトル回収したあとにOP、しかもSE入りって、もう半泣きになるほど格好良かったですね(´;ω;`)
ここから、ここから真田丸の物語が始まるのですね!!

とはいえ、負けるんですよねぇ・・・
信繁、内記、作兵衛、この三人は同じ日に亡くなる。つまり討ち死するんだなぁと思うと、なんとも言われないものがこみ上げてきます。
真田丸で誇らしげにしているシーンを見ていると、こういう輝いているところをしつかり描くから、その死が何倍にも胸に迫るんだよなぁとか、なんで負けてしまったのかなぁとか、今回は豊臣側の勝利でいんじゃね? とか、早くも万感胸に迫るモードになっています。

今回は真田丸で盛り上がりましたが、このあと徳川の見事なしたたかさが炸裂していくわけなので、豊臣のほうに観じよう移入している身としては、ちと見続けるのがツライです。
もう次回が最終回でいいと思うの・・・

ところで豊臣のスパイですが、有楽斎か大野治長のどちらかだと思うのですが、誰なんだろう。
大野治長は徳川と結びつきがあるんですよね。
単純に考えると、有楽斎なのですが、うーむ。(有楽斎は、東京の有楽町の語源となりました。有楽斎の家、有楽ヶ原があったことから有楽町となったらしい)
家康へのお手紙には「お」と書かれてあった気がいたします。違っている気がぎゅんぎゅんしますが。
いったい誰なのでしょうね。
大野治長だとおもしろいんだけどな。
秀頼の除名嘆願のために情報を流し続けていた、みたいなことだとグッときます。

後藤又兵衛はしゃべらないほうがよろしいですね。
あんなに声が高い又兵衛初めて。
大河史上、もっとも声が高い又兵衛。
前回の三谷作品「新選組!」では、大河史上もっとも声が高い勝海舟が登場していまたしから、今回は又兵衛にその役が回ってきたと考えればよろしいのか。

さて毛利勝永。
格好いいのですが、それよりも頼むからあなたの部下っつーか家臣つーか手勢つーか兵を鍛錬して、合図が出るまで絶対出陣しないように固く固く固く固く言いきかせ、命令を徹底させろと叫びたい。
この方が映るたびに、こんなところに出なくていいから、兵たちの統制を取ってくれお願いと画面に向かって拝んでいます。
この方の兵が勝手に出陣してしまったために豊臣負けたのね・・・
まだ間に合う。
手下どもをなんとかしてくれ(;´・ω・)
と、祈っています。クゥゥ

まさか大河で男闘呼組と一世風靡セピアが拝めるとは。
あとは渡瀬恒彦が出てくれればいうことないのですが。

クランクアップのとき、最終回がバレるからと、確か写真などNGだった気がします。
いったいどんな最終回なのでしょうね・・・
残りもあとほんの数回となってきて、最終回が楽しみであり、寂しくもあり・・・
来年なんだったらまた再放送してくれてもいいのよ・・・
なんて思ってしまいます。

今回はラストでもう叫んでしまうほど感動させていただきました。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!!!!!

家康が化けの皮が剥がれてきました。
子供の頃から苦労し続け、今川義元の元でいろいろ学び、長男を切腹させるよう命じられ、妻も殺さざるを得ず、まぁさまざまな経験をしてきた狸オヤジにとって、三成など赤子の手をひねるようにねじ伏せられる相手だったのでありましょう。

後ろに控えて満足そうにほくそ笑む本多正信込みで、今までお笑い徳川家だったのが悪の枢軸へ変貌を遂げたのが今回だと。

家康と徳川家のしたたかさも見事でしたが、三成の浅はかさも感じられる脚本・演出で、決して単純ないいいヤツ悪いヤツという人物設定ではないところがよろしいです。

そして刑部どのの素晴らしいことよ・・・
今回も、刑部さえ元気だったらと、画面に映るたびに切なかったです。

信幸は弟の信繁よりニュートラルで、第三者的な視点で物事を捉えている印象。
この信幸だったら、徳川についたことも自然なことと受け入れられそうですが、どういう脚本が用意されているのでしょうか。

それにしてもあれだ、清正。
愛していたんだな三成を。
腰にしがみつくところが私的にグッッときたね
三成は犬を追い払うように邪険に突き飛ばしていましたが、あれも愛があるからこそ邪険にできるのだと思いたい。

あと長束がいい味出していましたね。
いるんですよね、ああいう言わなくてもいいことを言ってしまう奴。
しかもそういう奴って、いらないことをしたということに気がつかないんだよな。
ご長寿の方たちは、ほとんどそういう方がいないのがすごいです。
たとえ失言したとしても、さり気なくフォローしつつ、傷つけない言葉できちんと発言した人にそれを伝えるのですよね。
さすがは苔の生えるまで人間している方たちは違います。
まぁ全員、家康みたいなものです。
わたくし、いつも負け戦よ・・・

今回はオフロスキー始め毛利とかいろいろ出てきました。
長宗我部も出ましたし、あと三斎も出てきました。
歌仙を佩刀とするシーンとかないものでしょうかね。
あとお茶を点てるシーンもプリーズ!
江雪斎がもう一度出てきて、三斎と一緒にお茶をたしなむシーンとかあったら、わたくしマラソン走られるかもしれなくてよ。

あと○○漬けはインパクト大でしたよね(´;ω;`)
なぜ漬けるのか・・・
あの時代の思考と選択はわからん。

次回はまた三成が家康暗殺計画を実行するみたいですが、これも史実で、ことごとく失敗しています。
どたらかというと、家康の三成暗殺のほうが有名ですよね。
命を狙われた三成が逃げ込んだ先というのが、家康のもとだったというやつ。
このことがきっかけで三成は佐和山へ蟄居するわけですね。
ちなみに、いらないことを言った長束は、徳川側へ寝返ります。
やれやれでございます。

いろいろ登場人物が増えて、だんだん関ヶ原が近づいてまいりました。
どういうふうに登場人物を裁いていくのか楽しみです。
次回、島左近が出てくるみたいですよ。

10257247.jpg

こちらBASARAの左近。


c73fb087-s.jpg

こちらは無双。

なんにせよ盛り上がります。一部の人々が。


盛り上がるといえば、政宗がレッツパーリィしていましたね。
いやあ盛り下げていました。
あとお久しぶりの上杉主従。相変わらず直江は目で殿を制していましたね。
盛りだくさんの回で、見応えありました。

今回も大変楽しませていただきました!
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(*^ω^)

秀吉が無事、昇天なさいました。

今回は秀吉のセリフ、

「佐吉を支えてやってくれ。淋しい男でな」

これに尽きます。
こんなことを言われたら、もうこの人に忠義を尽くそうと思ってしまう。
たとえ自分のことではなくても、こんなふうに自分の家臣を思う殿様だったら、命を捧げようと思うのではないじゃろか。
このときの信繁の表情がまたよかったですね(´;ω;`)

ただ、こういうことを言われると、のちのち縛られますよね。
忠義だ恩義だと、枷になってしまいます。
枷にするかしないかは個人によって分かれるところで、これから関ヶ原へ向けて武将たちがどう動いていくのか、真田丸ではどういう解釈で攻めるのかしらと楽しみです。

史実だと出浦殿はあそこで死なないはずなのだが・・・
ただドラマですし、どうなるのでしょう。
次回、何ごともなかったように復活していたら笑う。
信幸、大大大大大大大大好きなのですが、今回は殺りたくなった。
おまえが斬られろとか一瞬思ってしまいましたわ。(∀`*ゞ)エヘヘ
ちなみに出浦殿が斬った忠勝の槍は、蜻蛉切ではないとのこと。
よかったですねん。

そして金吾・・・
これは、どういう過程で金吾が三成たちを裏切るのか、大変期待が持てます。
しかし金吾・・・
こういう素でしてはいけないことを平気でやっちゃうヤツいるよな。
と思ったら、ご長寿の皆さまだったじゃんよヽ(*´∀`)ノ
いやー、ロウソク、素晴らしいシーンでした。
出浦殿は家康より金吾へ出撃すべきだったと思いました。

今回も楽しませて頂きました!
いつにも増して短くて申し訳ありません。
オリンピック、早くも盛り上がってますね!
秀吉の小日向さんがもう拝めないと思うと淋しいです。
貫禄の演技で、毎回見入っては堪能していました。
真田丸は久しぶりに俳優さんたちの演技をガチで楽しめるドラマになっていますよね。
島左近も出るそうで、さらに盛り上がってきそうです。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!

秀吉は、要介護1か要支援2かどちらかでしょうね。
まだ自分のことが自分でできるし、一人暮らしではないから、要介護2はつかないよなーとか想像しながら見ていました。

秀吉を認知症にするとは、まさに現代を反映していて上手いですよね。
ただ寧さまがなんでも秀吉にさせるからだと怒りを爆発させていましたが、仕事がある現役のほうが認知症にはならないのだがな・・・

とはいえ、秀吉の老いをあのように描くのは初めてではないでしょうか。
われわれの身近な老いを持ってくるところが凄いです。

きりちゃんが秀次から渡された聖母マリアの絵は、フィリッポ・リッピの絵ですな。違ったらすまぬ。
綺麗なマリア様ですが、描いた本人は破戒僧でしたな。
やりたい放題やったからこそ、人間の清らかさや聖性を表すことができたのか、それとも作品と作者の人間性は関係ないのか。
まぁ両方なのでしょうね。
真田丸の時代はルネサンスですから、この時代にはもうプリマヴェーラ、モナリザ、システィナ礼拝堂の天井画が完成していました。
そしてエル・グレコがちょうど『受胎告知』を描いていました。
世界的な名画がヨーロッパで生産されていた頃、日本でも大きな転換期を迎えていたわけですね。
リッピの絵が出てきたことで、文化や宗教の交流が垣間見えて、世界が広がりますね。

細川ガラシャが出てきました。美しかったです・・・
この時はまだキリスト教の弾圧は行われていなかったみたいですね。
あと少しすると26聖人の殉教が起こりますが、これは扱わないのでしょうね。
長崎に26聖人の祈念碑がありますが、この碑を手がけた船越保武氏が大好きなので、いつかこの碑を拝みに行きたいと思って幾星霜。
この方の彫刻を見ていると、ただただ懺悔したくります。
いつもホモまもれですみません、ゲームばかりしてすみません(>ω<、)
すみませんすみませんみたいな・・・
あまりに清らかで精神性が高すぎて、ホモまみれの私にとっては神々しすぎて、もうひれ伏すしかないのであります。
興味ある方はぐぐってみてくださいませ・・・
この方の人生は、実に数奇なのでありました。


↓こんな作品を作られました

812d0f2267c0ea1c2b676d3a191e74d8.jpg

これは「聖セシリア」という作品です。この美しさ、静謐さ・・・
もっと真面目に生きよう、と一瞬思うものの、やっぱり煩悩は捨てられません、ごんなさいごめんなさいとコメツキバッタになるしかない自分を自覚させられる彫刻でございます・・・


信繁と、兄・信幸の考え方、道がこれから先わかれていくのだろうなと予感させるシーンがありましたね。
この二人が辿る道は歴史が示す通りではありますが、なんともやるせなかったです。

刑部どのの病気は、よくいわれているハンセン氏病とはしない方向でいくそうです。
先日ラブリンがクランクアップしたそうで、関ヶ原の収録が終わったんだなと知り、淋しかったです。
金吾の解釈も含め、どういう関ヶ原になるのか楽しみでもあり、淋しくもあり、複雑であります。

あと相変わらずの出浦さまと、信幸の振り回されっぷりが救いでした。
次回はついに秀吉がお隠れ遊ばすみたいで、三成がどんどん崖っぷちへ追い込まれ、豊臣が自滅していくのを見守るわけですね。
しんどくなりそうです(´;ω;`)

今回も細かいところまで面白かったです。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!
そして、いつにもまして感想が支離滅裂で申し訳ありません。


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます!