The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

あんつぁまによる八重改造計画が始まりました。

結局あんつぁまは、うらと時栄を一緒に住まわそうとしていたわけですか。
「覚馬は何も変わっていねぇ」
と言っていた母上の言葉がわがらねぇ。
そしてあんつぁまが故郷・会津ではなく京都を復興しようとしたのかも、わがらねぇ。
会津藩が戦場にした京都を復興したいという気持ちもわからないでもありませんが、まず会津をなんとかせにゃいけんと考えるのではなかろうか。
さまざまな事情が絡んでいたのでしょうが、今回を見た限りではよくわかりませんでした。
モヤッとボールがあったら投げていたかもと思いながらも、京都時代の会津藩本陣だった黒谷金戒光明寺のシーンはなかなか感ずるものがありました。
あんつぁまが上座へ一礼してから流れた回想シーンは、懐かしくもあり、切なくもあり、特に昨夜、思いでのメロディーでお見かけした神保修理どのの姿が映ったときは何ともいえない気持ちになりました。
修理どのの父上や田中土佐、梶原平馬たちの姿にもこみ上げるものがありました。
会津が朝敵となる前、誰も欠けず、誰もが藩のために必死で働いていた時代が、まるで夢のようでした。
そして殿。
ガッチャマン見に行きますよ(T.T)
シャニダールの花も見たいのですが、こっちで上映していないんですよ、バカァ!
八重が語った会津戦争の話も、重みがありましたね。いろいろ思い出して、目がしばたいてしまいました。

捨松が登場しました。
鹿鳴館の洋装がとても楽しみです。

時栄さんが、いろいろキョーレツな山本家に馴染んでよかったです。
気遣いが凄まじかったですね・・・
後に八重が時栄を追い出したのは、これ以上山本家に縛られず、好きな人生を歩ませるためだったのかもしれないと思いました。

それにしてもあんつぁまは京都の陰のフィクサーになっていましたね。
覚馬・・・恐ろしい子。
同志社大となる薩摩藩邸の土地をモニカが売りに来るという設定が面白かったです。
モニカを拝めるのもあとわずかとなりそうですね。

あとわずかといえば、尚之助様をおがめるのが次回でお終いらしいですよ!
予告を見た限りでは、BGMi森田童子の「僕たちの失敗」を流したくなるご様子でしたが、どのようなラストシーンが用意されているのか、見たくもあり、パスしたくもあり・・・
本当にあんつぁまとさえ出会わなければと思ってしまいます。

そんなこんなで、今週もいろいろ楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとう、NHK!!!


拍手を頂戴しております。
まことに申し訳ありませんが、後日改めて御礼させていただければと思います。
お許し下さい(T.T)


暑すぎる日が続いておりますが、どうかお体大切にお過ごしくださいませ。


スポンサーサイト
3組のご夫婦が離婚なさいました。
どの夫婦も「性格の不一致」ではなくて、やむにやまれぬ理由からというのが、見ていて切なかったです。

なんといっても今回は長谷川京子さん演じるうらが心に残ります。
桶に張った水に自分の姿を映しながら赤い櫛を挿す姿や、覚馬からの手紙が届いたとき、瞬時に覚馬を世話する女性の存在を悟る表情や、娘と別れるとき映ったあかぎれだらけの手とセリフなど、しみじみと1人の女性の悲しさが描かれておりました。
嫁として、母として、これだけ耐えて待ったのに、報われないまま身を引いていいのだろうかと、うらの理不尽な人生に目がしぱしぱしてしまいました。
潔すぎる身の引き方が余計哀れさを誘います。
娘の人生を思ってのこととはいえ、手放すのは辛かったろうなぁと思います。
もっともこの時代の感覚や、ましてや武家の考え方は現代とは違うので、あくまで現代の感覚で作られたドラマを、現代の感覚で鑑賞した感想となるわけですが。
子供を手放すということに限れば、娘のみねは一人娘だから山本家の跡取りとして父親の元へ行かせたという面もあったのでしょう。
娘のことを考えればきちんと生活できる父親の元にいたほうがいいし、子供は家のものという考え方をしていたはずですから、当たり前といえば当たり前の選択ですが、やはり娘と別れて一人きりになるというのは大変辛い選択だったに違いありません。
うらがこのあとどういう人生を送ったのか私はわからないのですが、ドラマでは会津で八重と再会するシーンがあるそうなので、幸せになっていてほしいと願っておりやす。
美しい姉さまだったな(T.T)

この一連のできごとで、八重たちの母親、佐久の描かれ方も興味深かったです。
あくまで息子の生存を喜ぶ母親としての描かれ方がリアルでしたね。
息子が内縁の家族を作ったこと、そのことによって嫁が辛い立場に立ったことも、どれだけ大変なことか分かってはいるが、すべて些末なことでしかないといわんばかりに、ただただ息子の生存を喜んでいる姿に、母親の業のようなものを感じてしまいました。
確かに、母親ってこういうものかもしれませんね。
意図があったのかなかったのかはわかりませんが、内縁の家族を作られた嫁、義姉を思いやり兄に憤る妹、ひたすら息子の生存を喜ぶ母親という三者三様の違いが描かれていて、少し残酷なリアル感を感じました。

梶原平馬から離縁を告げられた二葉もよかったです。
いつもきりりとしている女性が、なんとか自分を保ちつつ、「私は梶原平馬様の妻でごぜぇやす!」と縋るように発した姿が痛々しかった。
この夫婦の別れは悲痛なものがありました(T.T)

八重たちも別れました。
ご長寿の方たちが「なんで八重は斗南藩へ行かなかったのかな~。私だったら這ってでも行ったのに。あんな格好いい旦那様、私だったら離さないYO!」とおっしゃっていました。
まさにその通り。
そんなご長寿の方たちは、覚馬あんつぁまの現地調達に関しては不問に付すそうです。
ワイドショー感覚で楽しんでいるらしい。
確かに、「じぇじぇじぇ!」と楽しむのが1番かもしれません。
ただあんつぁまが八重たちにどう説明するのかは興味津々です。

八重たちが仙台から京都に旅立った次のシーンがすぐ京都到着だったので、新幹線にでも乗ったのかと思いました。
ドラマでは致し方ない演出とわかっているとはいえ、何の疲れも苦労もなく到着している姿にどうしても突っこみたくなります。

そのあとの迎え入れた時栄と、八重たちの対比はよかったですね。
八重が時栄を一目見て絹の着物に気づくときの表情がよかったな~と。
覚馬の状態を知って驚いていましたが、それはそれこれはこれで八重は覚馬に怒りを爆発させる模様。
そんな八重に覚馬が何を話し、なぜ八重が覚馬の片腕になっていくのか、次回は面白そうですね。
大河では珍しく人間くさいドラマが見られるのかな?

ちなみに次回のタイトルを一瞬「兄の看取り図」だと勘違いして、こりゃまた壮大なスケールになるなと大喜びしてしまいました。
正しくは「見取り図」なのですね。

尚之助については哀れすぎて触れるのがためらわれます・・・
もしかして今回の不幸者MVPかもしれません。
この方は本当に救われないまま一生を終わるみたいですが、今回の大河に描かれることにより、少しは救われたのではないでしょうか。

そうそう、高嶋兄が登場しました。
弟さんともども、最近の高嶋兄弟の方向性には目を見張るものがあります。
こちらも触れるのがためらわれます・・・

というわけで、今回も楽しませていただきました。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!


以下は拍手御礼です。
ありががとうございます(T.T)

萱野権兵衛の柳原慎悟がよかったです。
アップになったとき、目に涙が溜まっているのがわかって、その表情ひとつひとつに見入ってしまいました。
詰め腹を切らされるというのに、若い二人に気を遣うあたり、切なかったですね。
その二人が本当に無念な表情で頭を下げ、まるで腹の底から悔し涙を流して別れを惜しんでいるみたいで、さらに悲しさ2倍。
殿と(正しくは大殿か)照姫からの書状を見るときの権兵衛の表情がたまらなかったです。
死に装束とメイクのためか、その佇まいがどこか透明に見えました。
死に装束というのはこの世ならざる存在感を与えるものなのだなと感じた次第です。

土方副長が散華しました。
しましたが、ほぼ瞬殺。
五稜郭ファッションがとても格好よかったのに、あれでは空気です。

格好いいといえば榎本武揚が異様にかっちょよくてびっくりしました。
年取ったキャプテン・ハーロックみたいでした。
新政府の役人になっても、ずっと今回の扮装で出てきてほしい。

そんな榎本と頼母の2ショットにもおどろきました。
世界ふしぎ発見です。
五稜郭はワンダーランドだったのか。

八重が米沢で出会った千代さまのエピソードは辛いものがありましたね。
いつの時代にもこうしたことはあったのでしょうね。
千代さまはこのあと出てくるのでしょうか。
どういう人生を送ったのか気になります。

梶原平馬が落とし前をつけ、職を辞しました。
この人はひとかどの人物なのに、会津戦争では八重に厳しい目を向けたり、頼母の意見を足蹴にしたりと、いったいどうしたのじゃろと不思議だったのですが、己の行いを悔いるシーンを見て、そうだったのか~、このシーンのための伏線だったのか~と納得しました。
このときの池内さんの表情がまたよかったですね。

そして玉鉄がよかったです。
今回は玉鉄の回みたいでした。
しみじみと格好いい大蔵どのを堪能できました。
今までは青い軍服姿でしたが、こたびは久々の和装。渋さが加わってよし。
大蔵の八重に寄せる思いがまた切なく、どこか郷愁にも似たものを感じます。
藤沢周平の作品みたいですよね。
このドラマの大蔵は、ずっと八重への秘めた思いを胸に抱き続けるのだろうなぁと思います。
以前、大蔵が上洛するときに「あなたは、会津そのものだから」と八重に言うシーンがとても鮮やかに印象ら残っていて、なんて繊細な場面を作るんだろうと感動しました。
大蔵はこれからも八重と会うことになると思うので、二人のシーンを楽しみに待ちたいです。

八重が斗南藩へ行くのを断った理由がかなり曖昧だったので、もう少しましな言い訳を考えてほしかった。
あれでは政治家の国会答弁だべ。

いよいよ物語は京都編へと入っていきますね。
ガラッと雰囲気が変わると思うので、東北復興支援と京都編をどうこじつけていくのかが見どころでしょうか。
京都編はいっそのこと「覚馬の桜」にしても私はいっこうに差し支えないのだが。

というわけで今回もいろいろ楽しませていただきました。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!

ところで半沢直樹、面白いっすね。
うっかり見てしまってUPが遅くなってしまいました。
すみません・・・


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(´ノω;`)

会津が落城しやした。
「降参」という言葉がこんなに重く、屈辱と脱力を孕むものだったのかと初めて知りました。
墨で照姫が書いていましたが、あれは血文字のようなものでしたね。

冒頭の父上出陣のシーンが出色でした。
これが家族との根性の別れになると知っていたので、いちいち悲しかったです。
最先端をいく砲術家が時代遅れの鎧兜で身を固めているのが何とも切なく思えました。
予告にあった戦闘シーン(「弾がねえ!」と叫ぶシーンなど)はカットされたのでしょうか。勿体ないべ。
(☆追記…根性ではなく今生でした。見せしめのために根性の別れを残しておきもす。ムキィ)

父上役の松重豊さんといえば、2007年に放映された民放ドラマ「白虎隊」で山本覚馬を演じておられました。
今回はその覚馬の父親役とは、不思議な巡り合わせですね~。
このドラマ、私は大変感動しまして、白虎隊関連では1番なのではないかと勝手に決めつけています。
ただ史実よりドラマ性を重視した作りになっていた記憶があるので、歴史に詳しい方にとってはイエローカード連発かもしれません。
ちなみにこのドラマ、メイサちゃんも出演していまして、役は中野竹子をモデルにした娘子隊の役でありました。
ここでは市街戦で額を撃ち抜かれ、母親が介錯して首を持ち帰っておりました。
八重の桜では竹子本人を演じたわけですから、これも何やら縁のようなものを感じてしまうのでした。

籠城はもっと悲惨な状況を描くのかと予想していたら、それほどでもなく(鬼畜か、わしは)、もっと突っこんで描いてもよかったのではと思いました。
昨夜、タイムスクープハンターを見たのですが、こちらの臨場感がハンパなくて、いい感じで補完していただきました。
相変わらずこの番組はリアルだ・・・
リアルすぎて怖い・・・
落武者の回なんてホラーでした・・・(>ω<、)

恭順を決め、降参、開城までも、もう少しドラマチックに突っこんで描いてほしかったかもです。
八重の連続5、6人射殺百発百中なんてのはいいから(強すぎる…)、家臣たちのそれぞれの胸中や行動を映すシーンをもっと見たかったです。
特に全面降伏するときの、降伏の条件を伝えられ、それを飲むシーンや、降伏式についてももう少し詳しく説明してほしかった。
殿が家臣たちに恭順を伝え、八重の魂の叫びのシーンはとても感動的でしたが、そのあと史実に基づいて降伏式までのいきさつを粛々と描いてほしかったところです。
個人的に、情で描くより理性で描くほうを見てみたかったです。

とはいえ八重の「日本中に言いてえ!」という下りは、ドラマ前半のキモでしたね。
誰もが思っていることを、八重が叫んでくれました。
あそこは泣けたべ(T.T)
みんな歯を食いしばって嗚咽を堪えていた姿にまた涙。
あの時代、会津藩の誰もが思ったことなのではなかったのかなぁと考えながら見ていました。

そして八重はあろうことか殿に向かって「生きよ!」とか申しておりましたが、一体何様。
八重様か。
なら仕方ないべ。

「生きよ」といえば殿の「生きよ」はよかったですね。
あそこも泣けました。
頭を下げる殿にも涙。
また家臣たちも、そんな殿をどれだけ慕っていたかがひしひしと伝わり、主従の絆と信頼の堅さ、深さにやはり目が決壊いたしました。
いい主従だ・・・(´ノω;`)
あの場にJOJOのキャラがいたら「 う~~ううう あんまりだ…HEEEEYYY あァァァんまりだァァアァァァ!!」と泣け叫び、「会津の主従は世界一ィィィィィッッ!!」と叫んだであろう。
このシーンでさりげに何度か萱野権兵衛をアップに映しているあたり、伏線に余念がありませんな。

板垣が出てきましたが、降伏の条件を提示したのが板垣だったとか。
しかし今回の土佐藩の描き方で、高知県民を敵に回さねばよいがと心配しちょります。
大丈夫かな・・・
板垣が異様にかっこいいから許してくれるか。

見ている側も、やっと戦が終わったかとようやく力が抜けるような回でした。
会津の矜持、誇り高さがしっかりと伝わってきました。
ただ悲劇はここからが本番ですね。
斗南藩に移ってから本当の苦労が始まります。
八重様ご一行は京都へ行きますが、斗南藩のこともきちんで描かれていたらいいなと思います。苦労が少しでも報われると思うので・・・

残念なのは殿の出番がこれでほぼ終わりということです。
殿・・・よかったよ殿。
綾野剛見たさに非科学忍者隊ゲッチャマンを見に行くと決めた夏。
暑い日が続いておりますが、どうかお体大切にお過ごしくださいませ。
今回も堪能させていただきました。
ありがとう、ありがとう、ありがとうNHK!!!


拍手を戴いております。
大変申し訳ありませんが、御礼は日を改めてさせてくださいませ。
我が儘申します(T.T)


「やっべ、寝坊したッッ!!!」
という回でした。
勘兵衛・・・。にしは何をやっとるのか・・・
あのシーンはいったいどう反応すればいいシーンなのか今日まで悩んでいたのですが、「笑うシーンだろう」と知り合いの方から啓示を受けまして、ああなるほど、笑うシーンでいいのかと・・・

笑えねェ。

寝坊で戦(いくさ)に負けたんだぜ?
しかも史実らしいんだぜ?
笑えねぇだろうが、フツー。
寝坊する前のシーンでやたら間延びした不自然な殿と勘兵衛のアップがあったと思ったら、寝坊の伏線だったのでしょうか。
フィクションだったら笑えますが、史実だとしたら悪趣味だフォイ。でも殿の「生きて戻れ」は感動したフォイ。あの演出はマルフォイ。(すみません)

サブタイトルが「自慢の娘」だったので、てっきり父上がご他界あそばすものと思っていたら、ほんとにただの自慢でした。
ご他界は次回に持ち越しのようです。

八重が殿に謁見しました。
ほんとにこのドラマの殿はいい殿だなぁとしみじみ思います。
維新の戦いで多くの藩の殿が逃げ出してしまったのに、容保公は陣頭指揮を執り、兵たちと一緒に戦ったという面が描かれていて、そのことだけでもじ~んと胸を打たれます。
ただこの聡明な殿のたったひとつの選択が、会津を滅ぼす結果を招いたと思うと、これこそ悲劇というほかないのではないでしょうか。
予告でいよいよ降伏、開城のシーンが映りましたが、おら、あの予告だけでこみ上げるものがありました。
後年、八重さんが当時を回想して、「降伏したときは今思い出しても悔しくて仕方ない」というようなことを語っておられて、会津の武士たちはどれだけ悔しかったのだろうなと考えてしまいます。
予告にあった降伏だか和議だかの場に赴くのでしょうか、殿を先頭に家臣たちが歩み行くシーン。
あれは万感迫るシーンになるのだろうなぁ。
籠城も限界に達している現実にも関わらず、ぴんと張った裃に身なりを整え、威厳すら感じる態度で進んでいく一行の姿、あれは思わず見入ってしまいました。
本編よりあのシーンが心に残りました。
次回は見どころが多そうですね。

頼母が会津を去りました。
殿が頼母を放逐した理由は「生きよ」ということなのだと想像します。
頼母の、途方に暮れた悲しさを背負いながら、なお前を向いて歩いていく姿に、希望よりも辛さや重さを感じてしまいました。
いっそ出家したほうがよかったのではないか。
頼母の出演はこれで一区切りだと思うのですが、これから出ることはあるのでしょうか。

玉鉄というか大蔵の嫁、登勢さまが他界しました。
てっきり爆発を防いだと思ったのに、あそこはびっくりしました。
なんかハリウッド映画みたいでした。
登勢さまのように焼き玉押さえに失敗して亡くなった女性は何人もいたのでしょうね。
どんなに苦しんだことかと思います。
合掌。

前回の彼岸獅子のシーン、あのシーンを思い出す度、こう考える。
あのとき玉鉄と一緒に入城したのが、300人のスパルタ兵だったら、と。
絶対、会津が勝っていたと思う。
スピンオフで作ってくれないだろうか。
「300 Road to Aizu」みたいな。だめか。

ところで、八重の桜のサントラですが、おら、「輝かしい未来へのエール」という曲が好きだ。
悲しいシーンに流れることが多い曲ですね。
普通は悲しいシーンには悲しみを盛り上げる短調なBGMを流すことが多いと思うのですが、八重の桜ではこの「輝かしい~」のような明るい曲を流すことが多いですよね。
この演出がとてもいいなぁと思います。
悲しいシーンに明るい曲を流すと、まるで画面の中の悲しさが日の光に晒されて、よりくっきりと浮かび上がる気がするのです。
悲しみをこらえて微笑む人を見ているようで、登場人物が抱える悲しみが一層伝わってきて、深まるというような。
この「輝かしい~」1曲のためだけにサントラを買おうとしているバカがここに1人・・・
でも、八重の桜の楽曲は最近の中でも出色なのではないでしょうか。
・・・誰かそうだと言ってくれ・・・

そんなこんなで今回も楽しめました。
ありがとうありがとうありがとう、NHK!!!
次回は目がしょぼしょぼになりそうです(´ノω;`)


以下は拍手御礼です。
遅くなって申し訳ありません(T.T)