The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

そこから旅順港は見えるか。
これは児玉の有名な言葉なのだそうですね。


 受話器に山頂からの声がひびいた。
「見えます。各艦一望のうちにおさめることができます」
(『坂の上の雲』文庫版5巻)



ここらへんのシーンは目が黒部ダムの放水状態で発電ができるのではと思うほど感極まっていました。
ご覧になった方はいかがでしたでしょうか。


これでもかというくらい戦場のシーンが続いた回でしたね。
「プライベート・ライアン」や「バンド・オブ・ブラザース」に匹敵するのでは錯覚するような、圧倒された戦場シーンでした。(2作とも感銘と衝撃を受けた作品です。特にバンド・オブ・ブラザースはよかった。ラストが淡々と明るいところがアメリカ的で、なるほど戦勝国とはこういう視点に立てるのだなと感じ入った次第。リアルな戦闘シーンに耐えられる方には超オススメ。ちなみにTVシリーズです)

原作も非情で残酷なまでに淡々と戦争の事実を描いていくのですが、このドラマも原作に準じてかなり深く陸軍の戦いを描いたように感じます。
テレビではあれが限界なのではないでしょうか。
できればもう少し具体的な、数値化した事実などを盛り込んでほしかった・・・
28サンチ砲榴弾にしても、これがどういう攻撃力を備え、なぜ今まで第3軍が放置していたのかなどチクと入れてほしかったです。
で、戦いのシーンですが、旅順から203高地へ戦場が移り、戦況が深まるにつれ、BGMが止まって戦場の凄絶な音、声だけとなり、息をするのを忘れるような凄まじい迫力がTV画面に展開していき、ついに203高地が落ちたときは脱力するほど圧倒されていました。
屍の山を作って作って、何万人も亡くなったあげくの奪取か~と、涙まじりのため息をついてました。
相手は機関銃装備ですよ。そこにばかのひとつ覚えの突撃を繰り返していくんですよ。
相手のロシア兵もこの突撃に具合が悪くなったようなことが原作に書かれています。
殺しても殺しても突撃してくる。いったいどれだけ自分たちは相手を殺したらいいのだろうか、みたいな悪夢を感じたのではないでしょうか。
ロシア軍の指揮官はそんな兵たちに「人形だと思え」と命じたといいます。
どれほど死体ができたかというと、死体収容のために休戦したほどです。しかも数回。
嗚呼・・・
原作を読んでいたとき、ここらへんはあまりの死者の多さに私も気分が悪くなってどうしようもなくなったのを覚えとります。
司馬先生はよくここまで書いたなと思います・・・

日本兵の指揮官が「突撃~!」と命令すると、ちゃんと機関銃の雨に向かって突撃していく。これがどうにもわかりませんでした。
私だったら絶対逆走するか、その場に倒れて死んだふりする。
ただドラマではどういう意図があったのか、「突撃!」の命令から2、3秒間を置いてから突進していったんですよね。
あの間が、死を覚悟するというか、これから起こるであろうおのれの運命を呑み込むというか、そういう間に感じて、なんともいえない悲壮さを感じていました。

203高地を奪い、すぐに「砲兵の観測将校が有線電話をひっぱって駆けのぼる(文庫5巻)」シーンはとてもよかったですね。
そして電線を通じてあの「そこから旅順港は見えるか」「見えます。まる見えであります」という会話があり、28サンチ砲をどっかんどっかんぶっ放すと。
あそこは忘れられないシーンです。うむ
しつこいですが28サンチ砲について、児玉と攻城砲兵司令官・豊島少将とのバトルを入れてほしかった。
ついでに明石大佐をもっともっと出してほしかった。

なぜ明石大佐を黙殺するようなストーリー展開にしたのかNHK・・・(呪)
あの時代の日本の諜報活動ほど(「の」が3つも入って美しくない)素晴らしいものはなかったし、それをしっかり描いているから原作は面白いのに、なぜ。
明石大佐こそ坂の上の雲の裏キモだろうが。
明石大佐にネコを抱かせてこその坂の上の雲ではなかったのか。
文庫6巻の「大諜報」がたった数秒。しかも語りでほぼスルーとは。
いかにケン・ワタナベの語りだろうと、これではビッグマックのハンバーグ抜きと同じではないのか? 水戸黄門で印籠出ないのと同じではないのか。
あのスルーシーンだけは白けてしまった。
反論は一切認める。うむ。

俳優陣はどなたも素晴らしかったです。
今まで陸軍など誰がどこに出ているのかさっぱりわからなかったのですが(特に第3軍司令部のメンメン)、児玉が乗り込んできたときの丁丁発止のシーンで、さりげなくそれぞれがアップになり、ああこの人がこの役だったのかとわかって感動していました。
最初からわかるより、感動が倍増。
またこのときのアップにするカメラワークがよかったですよね。
ちなみにこのドラマを手掛けたスタッフが清盛を担当するので、俄然楽しみです。

俳優陣ではヤハリ乃木の柄本明が1番印象的でした。
そして桃太郎侍。
冒頭の大山と児玉が語り合うシーンは深みがあって味わい深かったです。
アイラのシングル・モルトのようでした。
桃太郎侍の声が柄本明の背中にかぶさるシーン、「乃木は笑えんじゃろなあ」みたいなセリフが流れるところ、あのときの背中と地図を拡大鏡で見る佇まいがもう何ともいえない悲しさと滑稽さがあって、胸にくるものがありました。
近代、近代戦というものを理解できなかった悲劇が、体全体をタールのように取り巻いている。
柄本明が演じた乃木はそんな人物に見えます。
あと両軍の兵士を演じた皆様が素晴らしかった。
どんな世界でも名もなき人たちが支えているんだよなぁと改めて感じました。(一兵卒のなかになぜか勝野洋がいたのもよかった)

最後の203高地を占領したシーンから旅順港砲撃にかけてを見ながら、戦争は絶対にいかんと思ったぞな。
203高地にはためく血染めの日の丸、旭日旗が私は苦く虚しいものに見えてしまいました。
同時にもしこの戦争に負けていたら日本はどうなっていたんじゃろと考え、恐ろしくなります。
あのボリシェヴィキが日本にやってきたかもしれないと思うとギャース!

あああっと、第7師団を出してくれたことに大感謝。
北海道の軍となっていましたが、正確には旭川でございます。
旭川は母の棲息地だったところで、やつがれにとっても第1.5の故郷であります。(第2よりもっと身近)
この師団について、ちょこっと聞いていたので感無量でした。
第7師団司令部の面々が初めて旅順入りして戦況を見るシーンなど、不謹慎ながら格好いいと思ってしまいました。そして第7師団長大迫尚敏中将が「わしらが全員討ち死にすれば、203高地は落ちるじゃろうか」と涙ながらに語るシーンなど、その後第7師団がどうなるか知っているだけに、やつがれ、女ですけど男泣きしそうになりました
参戦したあと児玉に「北海道の兵は強いそうだな」と聞かれた大迫師団長が、「強うございました。1万5千いた兵が、今ではたった千人になりました」と答えるシーンもあって、これで第七師団も浮かばれるじゃろうと思ったのでした。ババ臭くてすみません。

次回はいよいよ日本海海戦ですね。
こちらもどう描かれているのか楽しみです。
というわけで今回も大変楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!!!!!


以下は拍手御礼でございます。
ありがとうございます(T.T)

スポンサーサイト
3部が始まりました!
第10回、きちんと本放送で見たのですが、旅順総攻撃より長岡外史の髭のほうがすごすぎました。
いきなりアレにするとは。
NHKの本気を見ました。

旅順ということで覚悟をして見たのですが、なかなかどうして、緊迫感が半端なかったです。
賛否両論あるとのことですが、私はとても感動しました。
戦地での映像が色味を抑えた、「硫黄島からの手紙」に似た色彩の画面で、戦場の緊迫感がビシビシ伝わってきたのがまずよかった。
全体が抑えられた色調なのに、爆発だけは鮮やかな色彩が炸裂するところも、問答無用の非情さや残酷さを感じることがました。(とはいえこれも「硫黄島…」と同じなのですが。ま、この演出は好きなので個人的にはあり)
それと、倦怠感すら感じてしまう悲惨な戦いと犠牲について、うまくナレーションを使って説明しているなと感じました。
それにしても、息が詰まりそうな戦争のシーンをよく描いてくれたと感動します。
もちろんあの「坂の上の雲」の映像化としてはベストではないのかもしれない。
けれど今のこの時代の映像化としては、これはもうベストなのではないかしら。
そんなふうな感動があるのでした。
とにかく、大感動の嵐です。

旅順、次回は二百三高地ということで、冒頭から「早く28サンチ砲を送ってやれ!」とTVをつかんでゆさゆさ揺さぶりたい衝動に駆られていましたよ・・・
桃太郎侍、早くぶっ放すのだ!!みたいな。
その28サンチ砲が送られる経緯のシーンが、まさか漫才のような軽~いシーンになろうとは。
長岡と有坂のコントでしたよね。
暗くて重たいシーンばかりだったので、私はあそこのシーンが今回1番好きです。

次回、28サンチ砲をぶっ放す桃太郎侍なのですが、私の中ではけっこうミスキャストかもです・・・
威厳がありすぎる・・・
児玉はもっと小男であるべき。
柄本明の乃木は素晴らしいと思いました。
立っている姿だけで、この人物が背負っている、また背負うであろう悲劇が滲み出ていて、なんともいえない気分になるのでした。

ところで桃太郎侍といえば「花神」の河井継之助。
大山巌の米倉斉加年は桂小五郎を演じていたので、勝手に盛り上がっていました。
そんなわけで、桃太郎侍には28サンチ砲ではなくガトリング砲だろう、とまた勝手に妄想しながら見ておりました。(花神をご存じない方には申し訳ありません)

石原軍団は・・・どうなのだろう。
触れてはいけないような気がする。

二百三高地のあと、いよいよ奉天会戦となるわけですが、これをどう描いていくのか興味深いところです。
好古を描くにはこの奉天をしっかり描いてもらわにゃ。
そして日本海海戦がとても楽しみです。

一週間近く経つのにまだ興奮継続中で、いつにもましてとりとめのない文となってしまいました。
明日も気合を入れて見る予定です。


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(T.T)

1番感動したのは、淳さんがち○ぽをボリボリ掻いているシーンぞな!

いいじま、のっけから何を!
とドン引きされそうですが、これにはまっとうな理由が!!
このエピソードはノンフィクションぞな! まじ!

実はですね、真之の追悼集なるものがあってですね、豪華メンバーが寄稿しておるのですが、同郷で知り合いだった虚子と碧梧桐も寄稿しているのです。(たぶん)
で、虚子だったか碧梧桐だったかうろ覚えなのですが(たぶん虚子だったかと)、彼らのどちらかの追悼文が、

「淳さんの思い出といえば、ガキの頃、夏でみんなで泳ぎにいったとき、『ち○ぽが痒うてたまらん』と、ち○ぽほボリボリ掻きむしっていたことが思い出される」

という思ひ出を活写しているのであります。
ブラボー、おお・・・ブラボー。
普通、追悼集にこんな思い出書くか?
亡くなったことを悼む文集ぞな?

この内容を知ってからというもの、真之といえばち○ぽボリボリを思い浮かべるようになったあたくしにとって、まさかドラマでこのエピソードを取り上げてくれようとは、感極まりました。
つか、なぜ入れる?
追悼集に書く俳人も俳人だが、それを目ざとく拾って、110年後に映像化するほうもするほうだろう。
しかも褌、ケツ出し、加えてフル・モンティのバリューセット、入浴シーンのおまけ付きという、出ケツ大サービスときたものだ。
祭り?
ターゲットは誰?
回りは止めなかったのか?
わからない。わからなすぎる。
ただひとつわかっているのは、今夜奇跡が起こったということだ。
スゲー。

ちなみにドラマの池のシーンで、陸軍の2人とすったもんだしていた2人の少年が、虚子と碧梧桐だと思われます。
「きよし」と名前を呼ばれていたので(虚子の本名が清)、たぶんそうではないかと。
このシーンを見ながら、そうか、このドラマではこの場面が淳さんの追悼集へと繋がるのかと感慨無量MAXとなっていました。
NHK、やるなって感じでした。

褌の白が眩しくて目が霞んで動揺してしまったため、あとはあまりよく覚えていなかったのですが、大岡越前が素晴らしかったです。
越前の回りだけ清廉な風が吹いているようでした。
國村さんのしたたかさもよかった。
大杉漣さんと越前のシーンも見応えがあったな~。
この時代の政治家は凄まじくりっぱな人が多く、それが垣間見えるいいシーンだったと思います。
日露戦争の政治・外交の描き方にも期待が持ててきました。

ところで団長はどうなんでしょう。
団長はどう見ても団長にしか見えなかった・・・
このあと海軍で館ひろしも出て来るんですよね。
セットで徳重も出そうで、ひたすらいや~な予感。
海軍が軍団になるのだけはカンベン(TДT)
や~め~て~~~~。

謙さんの語りがいいなぁと思います。
謙さんはOPのナレーションを毎回、吹き込んだそうです。
話す内容は同じなのに、その回ごとの雰囲気があるからと、自ら吹き込むことを申し出られたとか。
謙さん・・・(TДT)
語りはほとんど原作の文章そのままなので、その点も感慨深いものがあるのでした。
あの語りが聞けるだけで、感動倍率ドン!といったかんじです。

感動といえば、脚本に野沢尚さんの名前を見るたびに何とも言えない思いがこみ上げてきます。
叶うなら、この人1人の手による脚本で見たかったです。

来週は日清か~。
ガンガン話が進みますね。
半島情勢の扱いとともに、どこまで描くのか非情に興味深いです。
あ、そういえば、ハゲタカのアランが出ていた模様。フフフ。

今週はとにかく褌+ケツ祭りで、衝撃と感謝で胸とおなかがいっぱいです。
NHK、いろいろありがとうございました!

ところで天地人はいったいなんだったのだろうか・・・


拍手をいただいております。
御礼は明日以降、改めてさせていただければと思っています。
ありがとうございます。
そして、申し訳ありません(T.T)

「やろうぞな! べーすぼーる!!」

「よいよいよいやさ!!」


青雲の輝きのごとき回だったぞな(T.T)
なんだか切なくなるような青春を描いた回でした。
香川照之が初めて可愛く見えました。
可愛いというか、切なくなるまでの明るさと天衣無縫さとでもいうのでしょうか。
のぼさん、よかったですね(T.T)

律さん、菅野美穂ちゃんも恐ろしくよかったです。
秘めていた淡い想いがところどころあふれ出して、同時に自分との、世の中とのせめぎ合いに揉まれながらも、懸命に上を向いて歩いていこうとする姿が、これまた切なくて、涙が出てしまいました。
浜での別れのシーンもよかったですが(志村、うしろ! がよかったぞな)、東京での別れのシーンも印象深かったです。
結婚を控え、自分の気持ちに区切りをつけようとしながら、どうしようもなく涙を滲ませる律と、そんな妹の気持ちをじゅうぶん理解し、黙って見守ってやる兄・子規の正岡兄妹が胸に沁みました。

兄といえば、好古のセリフがいちいちグサリときました。
兄さんはやっぱり凄い人ぞな・・・

真之と子規の青雲は輝くばかりでしたが、好古の青雲は清濁併せ呑み、なおも志高く、矜持を胸に秘め、己を奮い立たせて仰いだ雲でしたよね。
理不尽な選択を余儀なくされられても、自分を納得させ、その場その場で責任を果たしていくという、あの時代の人間の姿にとても感じるものがありました。
好古の場合は、今回のフランス行きがゆくゆくは日本の騎馬隊へと繋がっていくという胸の空く展開へとつながっていくわけですが、それもフランスで腐らず、努力と研鑽を積んだからで、これもグサリときました。
阿部ちゃんの姿が映るたび、無性に「すみませんすみません」と謝りたくなっていましたよ・・・

ラストの騎馬部隊がドドドドッと走りまくっているシーンは、迫力があって爽快でした。

そうそう、広瀬中佐が登場しましたね。
出た瞬間、合掌したくなりました。
爆死は来年の最後の回とのことです。それまで子規同様、元気な姿を拝もうと思います。

真之と子規の別れのシーンはよかったですよね。
雨というのがね、なんとも心憎い演出だと思いました。
日露戦争が終わったあと、原作では真之が子規の墓参りに行くシーンがあるんです。
そのシーンも雨なんですよね。
もの寂びた雨音が聞こえそうな、情感あふれるシーンで、大好きな場面です。
それが思い出されて、余計じ~んとなってしまいました。
淳さんが描いた升さんのうたた寝の体の線も泣けたし、手紙を読む升さんにも泣けました。
升さんの短歌、よかったですね。

いくさをも いとわぬ君が 船路には 風ふかばふけ波たゝばたて

どんなことがあろうと、俺の友は乗り越えていくのだという(TДT)
この時代の友情っていいなぁとしみじみしました。
漱石と子規の友情も、どう描かれるのか楽しみです。
そういえば、真之たちのご学友には南方熊楠もいたそうです。
同窓生スゲェ!(;゚Д゚)

同窓生といえば漱石。
予想していた通り、ロンドンに行って鬱になるとは思えない漱石でした。
江戸っ子にも見えなかった。
あれはどう見ても、西郷(せご)どんだろう。
漱石隊、全滅!

いや~、全滅うけました。
今日、ご長寿たちがおかしなことを言うたびに、
「ご長寿Mさま隊、全滅!」
「ご長寿Tさま隊、全滅!」
と言ってやろうかとホクホクしていたのですが、500%通じないことが明白すぎたので断念しました。
残念・・・

メッケルは置いていて、児玉桃太郎が出てきました。
イメージがまったく合わないところが桃太郎の偉大なところなのかしら。
それはともかく、早く大砲を二百三高地に据えるよう、今から命令を出していてほしいところです。

菊本もいいですね。
まさかこんなところで菊本と再会できるとは。
女の道は一本道でございますよ!

今回は青春劇と、若者たちがそれぞれの道へと進み始める、別れと始まりを描いた回でした。
原作の雰囲気とは微妙に違いますが、ドラマはドラマで大変よろしいかと。
これから時代がうねりを見せ、真之たちの人生をどう描き出すのか、楽しみです。
今週はしみじみよかったな~と思いました。
来週の(褌も)楽しみにしています。
(ケツ出しとか)いろいろありがとうございましたNHK!


以下は拍手御礼です。

ついに「坂の上の雲」が始まりました。
第1回目を見ながら、本当にドラマ化されたのかと、夢を見ているようでありました。
原作を聖書のように崇めていることと、もうひとつ、原作者の司馬遼太郎先生が生前、この小説だけは頑なに映像化を拒んでいたという事実があったからです。
みどり夫人が「もういいでしょう」と決断されて、映像化を許可なさったと知ったときから、今日のこのときをどれだけ待ったことか。
タイトルが映った瞬間、けっこうじ~んとなって、勝手に盛り上がってしまいました。

自分語りで申し訳ないのですが、私にとって神が2人いまして、1人が井上靖先生で(先生は作家というより私にとっては詩人です)、もう1人が司馬遼太郎先生です。
特に「坂の上の雲」は大好きな作品で、5月の日本海海戦の時期は最終巻を読み返しては浸っているほどです。

勝手な思い入れがある原作なので、映像化してくれただけでオッケー。
すべて許す状態です。
今日の第1回目も面白いのか、面白くないのか、冷静に判断できませんでした。
まぁ面白いとはいえないのかもしれませんが、面白くないともいえないといったところでしょうか。
やっぱり原作の漲る熱気というか、明治という熱に浮かされた切実な空気というものはまだ現していないし伝わってこない気がしたものの、繰り返しになりますが、映像化してくれだだけで、もうなんでもいいといった感じです。
失礼を承知で書くと、原作のあのどえらいスケールを描き出すことは恐らくできないと思うので(本当に失礼です・・・)、ドラマはドラマでがんばっていただきたい。
私的には日露戦争だけでも半年間は放送してほしいくらいなのですが。

物語が加速的に飛躍し、ドラマチックにうねり出すのが、たぶん来年放送ぶんからだと思うので、今年放送ぶんでどれだけ視聴者を引っぱることができるのか、その描き方に興味津々です。

今回は、えーと。新さん、好古ですね。少年時代あれだけ可愛かったのに、成長したらなぜあんなに軽い大口ばかり叩きそうな上田教授になり果ててしまったのか、軽くショックでした。
これでは天地人の殿だわよ・・・
こんなところでしょうか。(淳さん、のぼさんがとても16歳に見えないとかは言わないお約束)

来週は文豪も出てくるだろうし、前半は青春真っ盛りのシーンになるでしょう。
元気で走り回っている子規をしっかり目に焼き付けたいです。

というわけで、次回も楽しみにしています。
NHKさん、ありがとうございました!!

| ホーム |