The Holy of Holies

ひたすら自分に優しい日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
紀州藩は龍馬に恨みを持っていましたからね!
それがまさか約150年経って復讐を果たすとは!
知事選のテロップに「こなくそ!」も入れておけばよかったのに。
なんて思っちゃいました。

というわけで最終回です。
テロップはある意味、奇跡的なタイミングでした。
愛媛、空気嫁・・・(TДT)
今夜はスタッフ・キャストが某所に集まって最終回を見たそうなのですが、
あのテロップが流れた瞬間、どのような空気だったのだろう。

冒頭の不吉すぎる夢は素直に感動してしまいました。
武市先生始め勤王党の皆さんとまさかこんな形で会えるとは。
こちらまで饅頭でカンパイしたくなったほどです。
それはそれで大変よろしかったのですが、

収二郎がいないことになっていました・・・

今は亡き仲間との杯のシーンでも、掠りもしなかったわ。
内蔵太もね・・・
亀弥太は冒頭のシーンで出てきたので、まぁよしとしますが、
ちょっと淋しかったです。

しかしあの夢は不吉すぎますよね。
あんな夢を見たら、普通気づくのでは。
黒ねこが100匹くらい前を横切るより、もっと不吉ではないですか。
あのシーンは感動しながらも、チクと複雑でした。

見廻組の3人はよかったですね。
存在感といい雰囲気といい圧倒的でした。
見廻組というのは旗本の子弟がほとんどを占めるガチガチの武士で、
エリートなわけです。
扮装がパリッとしているのも、そのためでしょう。
武家としての誇り高さというのが、よく現れていたなぁと思います。
今まで出てきた登場人物の中で、一番武士らしかったのではないでしょうか。
亀次郎はキセルのシーンが凄かった。
中村達也は貫禄ありましたね。
SIONは剣呑としていてよかったな~。
斬るには斬るだけの理由があったのだ、それが世間からはどう思われようと、本人達にとっては命を賭けた理由があったのだな、ということがわかる暗殺でした。

その暗殺シーンは迫力があって、息をするのも忘れそうでした。
その前から続く緊迫感も尋常ではありませんでした。
とにかくこのシーンは臨場感たっぷりで、よかったです。
見廻組が去ったあとの命が刻々と尽きていくまでのシーンもよかったと思います。
もう少し短ければもっとよかったです。

そう・・・最終回は暗殺シーン以外、間延びしたシーンが多かったように感じたのですが。
福山であれらの長いシーンはきついです。
ああいうシーンは芝居の密度が濃い俳優が演じてこそ見応えがあるのに、チクと見ていて辛くなってきたシーンがあったがぜよ。
最終回だからなのか、まったりモードで、じっくり龍馬伝を見納めよという気遣いなのでしょうが、ありがた迷惑でした。
しつこいがもっとほかに描くことがあるだろうと言いたかった。

そしてですね、やっぱり龍馬伝は上川隆也の無駄遣いだったと思います。
なんちゅう勿体ないことを・・・
もっとメインで出してほしかったです。
今回もあれだけ鮮烈な印象を残してくれたのに、出番が数回とは本当に勿体なかった。
せめて高杉と同じくらい出してもらいたかったです。

ラストはなんというか、もっとドーン!とくるかと思ったら、
弥太郎の告白だけだったという、いったいサブタイトルの「龍の魂」とは。
龍馬の魂が受け継がれていくシーンを入れなくてもよかったのか?
加えて暗殺の黒幕に関するミステリーとは結局なんだったでしょうか。
もしやあのテロップが答えとか? そんなバナナ。

結論からして最終回は冒頭のシーンと暗殺のシーンは良かったけれど
ほかは「う~ん」だったというのが率直な感想です。
2部のラストのほうがよっぽと最終回らしかった。
カタルシスがいまいち得られなかった。

一年間通して見た感想は、「惜しい」。
いろいろ惜しかった・・・
映像とキャストの熱演は素晴らしいの一言でした。素晴らしかった。
惜しいと思うのは、自分が幕末に対して異妖な情熱を抱いているせいかもしれません。
普通の感覚を持たれている方には、とても感動できる作品になっているみたいですので、それはそれでとても嬉しいことです。

もしかすると昨夜「坂の上の雲」の再放送を見たのがいけなかったのか。
もし見ていなければ今頃号泣していたかもしれない。
しかし期待していると必ずハズしてくれるドラマでもあった。
ラストシーン、もっとどうにかならなかったのか。
ああ一年見終わったという満足感があまり得られなかったので、この行き場のないパッションは「坂の上の雲」にぶつけようと思います。

それにしても、こんなにあっという間の大河は初めてでした。
脚本がなァ・・・(TДT)
脚本さえなぁ・・・
とてつもない傑作になっただろうに、残念。

この一年、欲望の赴くままに駄文を書き散らしてまいりました。
私的に最終回が不完全燃焼だったので、いつになくとりとめのない内容になっておりまして、お許し下さい。
なんだかんだと、毎週、映画を見ているような一年でした。
ダメダメな感想におつき合いくださった皆さま、ありがとうございました。
どう感謝の言葉を表していいのか、わかりません。
心から大感謝です。
来週から「坂の上の雲」ですので、またポチポチと感想など書けたらと思います。
「龍馬伝」をありがとうありがとうありがとうNHK!!!
問答無用のテロップもありがとうありがとうありがとう!!!!


拍手御礼は明日改めてさせていただこうと思っております。
我が儘申しまして、すみません(TДT)
スポンサーサイト
すごくあっさりした大政奉還でした。
旭川のこってりしょうゆラーメンを頼んだら、新潟のあっさりしょうゆラーメンが出てきて、なんじゃこりゃあ!まぁ美味しかったからいいけど何か物足りない、みたいな回だった、ような。
龍馬の視点で大政奉還を描きたいというその試みはわかりますが、それはそれで、慶喜はじめ幕府側がなぜ大政奉還へ踏み切ったのか、薩長、特に薩摩、加えて朝廷側との駆け引きを描かなければまったく面白くないわけで、結果なんの面白みもない大政奉還になってしまったと勝手に感じました。
この龍馬伝、もうチクと周りのヒトビトを描いてもよかったのではないでしょうか。
三条以外の、岩倉をはじめとするしたたかな朝廷のおじゃるたちをもっと見たかったです。
龍馬の雄叫びは感動的でしたが、感情的描写ばかりが目について、もう少し史実をきちんとクールに描いてほしかった。
もっと荘厳なイメージかと想像していたので、個人的に肩すかしをくらったのでした。
感動なさった方には本当に申し訳ありません・・・

鉄矢はもう何をしてもいいです。
なんかもう嬉しさというのか感無量っぷりが画面からあふれ出していて、「よかったね」と語りかけたくなりました。
赤いきつねと緑のたぬきを見ても「よかったね」と語りかけてしまいそうです。
鉄矢はこれでいつ天に召されてもいいであろう。

西郷が怖いことを言っていました。
薩摩黒幕説は司馬先生も唱えておられた説です。
幕府サイドや長州も不穏な空気になっていました。
さあ、来週の暗殺はどう描くのでしょうか。
感動させてくれ・・・頼む!

さり気に新選組が出ていたことに大感謝です。
龍馬伝の新選組は、近藤とお龍さんのシーン以外、ほとんど近藤・土方・沖田のバリューセットで行動してくれるファンサービスにあふれた新選組でした。
龍馬伝の新選組は本当にサービスだったと思います。
てっきり数回しか出てこないと思っていたので、まさかラストギリギリまで拝めるなんて、感謝状を送りつけたいくらいです。
今回の土方はよかったな~。

弥太郎のところは面白かったですけど、とにかくうるさいので感動3割減(T.T)
来週はついに最終回ですね。
あっという間でした。
どんなラストになっているのか楽しみでもあり淋しくもあります。
というわけで今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!
平清盛に西行を出してくださいNHK!!!!!!!


以下は拍手御礼です。
ありがとうございます(´;ω;`)

今回はしみじみと内側から熱く感動が沸き上がった、いい回でした(T.T)

なんといっても今回は後藤様ですろう。
容堂に龍馬との面会を嘆願したときのシーンにまず胸を打たれました。
「妬ましかったがです!」
と火を吐くように心情を吐露したシーンがとにかくよかったです。
誰にも知られたくない暗部といっていい己の感情をさらけ出し、恥も外聞もなく自分を投げ出して面会を乞う姿は、容堂でなくとも胸を動かされるものがありました。
私欲ではなく、土佐のために必死に頭を下げる姿に、画面から熱いものが伝わってくるようでした。
龍馬伝の後藤象二郎は熱い男でしたね。

後藤様というか後藤閣下からすれば、龍馬たち下士など人間ではない存在であって、そんな下士に尊敬する伯父を殺され、龍馬たちなど煮ようが焼こうがありとあらゆる手段で攻め殺してもまだ殺したりないくらいの存在だったはずです。
そんな奴等の意見を聞き、同意し、志を同じくするということは、閣下の中で大化改新とコペルニクス的回転とコンスタンティノープルの陥落とカノッサの屈辱とフランス革命が起こったようなものだったと推察しますよ・・・
武家の、しかも藩の重役クラスのプライドというものがどれほど高いかは私も少なからず知っているので、閣下の心中は察して余りあります。
長年のさまざまな葛藤の果てに、私情を捨て、世の中の動きを読み、歴史を変えていこうとするその姿に、歯ぎしりしながら、綺麗事だけを並べずなりふり構わず、けれど信念を持って前を向いて歩いていこうとする1人の人間の凝縮した姿を見た思いがしました。
龍馬伝の閣下は、弥太郎とは別の、実に人間くさい、清濁合わせた魅力ある人物だったように思います。

容堂と杯を交わすシーンは、覚悟を決めた静けさと悲しさが溶け合う何とも言えない感動がありましたね。
「武士の世を、終わらせるかえ(い?)」
と言ったときの容堂の、ほのかな笑みが浮かぶ表情に、思わずじわっとなりました。
代々守り抜いてきたものを、命より大切だと信じてきたものを自らの手で壊そうとしている。その巡り合わせのおかしみと残酷さ、寂寥感、そしてどこか他人事みたいな気がしながらも、腹を括った2人のシーンは、なぜかわかりませんが涙が滲んでしまいました。
龍馬サイドだけでなく、藩政サイドにも感情移入できる演出がいいです。

そして三者面談×2ですが、これはどちらも素晴らしかった。
ほとんど座ったままで動きがないシーンだというのに、ここまで見応えがあるとは。
龍馬がよかったですよね。
「日本人です」
と言ったシーンは、またもや意味不明の涙腺決壊が起こりました。
「異国と堂々と渡り合う日本人が残るがです」
これらのセリフは黄金のような輝きがあるがです。素晴らしい。
この作品のメッセージでもあるのでしょうか。
毎週龍馬伝を見ては泣いているというSBの孫正義(敬称略)などはきっと号泣したんじゃないだろうか。

そしてそして、そのあとの後藤様からのシェイクハンドはよかったですね。
上士も下士もない世の中が始まろうとしている、その象徴のような握手でした。
しかも後藤様からの握手というところが泣けるではないですか。
いや~、感動的でした。

弥太郎にも身分の垣根を超えた奇跡が起こっていましたね。
いよいよ偉大なる三菱が生まれるんですね。

久しぶりの坂本家は和みますよね。
家族っていいなぁといつも思います。
岩崎家との合同宴会も楽しかったです。
俳優陣が本当に楽しそうに演じていたので、見ているこちら側まで嬉しくなってしまいました。
この温かな家族を残して旅立つのか龍馬・・・と、チクと悲しい気持ちにもなるシーンでもありました。
あと2回ですか~。
今回みたいな神回を見ると、あと1年続いてくれとどうしても願ってしまいます。(だがこれ以上続けるとスタッフ・キャストが発狂するらしい・・・OH!)
江はけっこうどうでもいいんですよね・・・
戦国時代自体がどうでもいいいんで。関係者各位すみませんすみません。

福山龍馬は俄然カリスマ性を帯びてきて、あと2回しか拝めないのは本当に勿体ないです。
これからだろう、本格的な活躍はってところで終わるわけですから、まっこと龍馬そのものです。
しかし勿体ない・・・
それとやっぱり声がいいですよね。
あと、どんどん骨太な人物になっていくさまが、大変魅力的でした(すでに過去形)。
顔つきがだんだん変わっていきましたよね。
シーズンごとに背後霊が変わっていたんじゃないかと思うくらいでした。

来週はいよいよ大政奉還です。
慶喜がキレかかっていたので心配。
そうそう、後藤様役の青木宗高さんはクランクアップのとき、一緒に出演していた容堂役の近藤正臣さんにしがみついて号泣したそうです。
公式HPの記事を読んで、思わずもらい泣きしてしまいました。
あ、来週は鉄矢も出るみたいですよね。
ええじゃないかもあるみたいですし、楽しみです。
というわけで今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!!



拍手の御礼を書こうとしていたのですが、限界MAXとなってしまいました。
御礼を先に書くべきでした(TДT)
申し訳ありません。
明日改めて御礼させてくださいませ。
後藤閣下から斬って捨てられそうです・・・

何か前回よりも存在意義を問いたい回でした。
ヒロインそれぞれのラストに1回まるごと使うその気持ちは、とてもよくわかる・・・
わけがなかろう!!
ラストへ向けて大変盛り下がってきましたよ!!!
それにくらべて「坂の上の雲」の静かな盛り上がりはどうよ。
あと2回しかないのに、盛り上がるのでしょうか。
世間は広いですから、今回を素晴らしいと感動し、とても盛り上がった方もいらっしゃるでしょう。
そういう方には本当に申し訳ないのですが、やつがれは「99年の愛」のほうがまだマシに思えました。
それはどうでもいいか。
確か4部はミステリー仕立てと聞いていたのですが、どこがミステリー仕立てなのかさっぱりわからない。
そのわからないところがミステリーなのか。
これって今期竜王戦の羽生ちゃんと同じということなのだろうか。
第1局など、なぜそこで投了なのかと羽生ちゃん以外、全員が理解不能に陥ったという究極の羽生マジックが炸裂し、第2局はなぜそこで金を打つのかという、これも羽生ちゃん以外誰もその意味がわからなかったという、恐らく打った本人もわかっていなかったのではないかといわれる羽生マジックがまたもや炸裂。
つまり何がなんだかわからないまま終わってしまうということになるのだろうか。
龍馬伝はともかく羽生ちゃんにはせめて1勝くらいしてほしい。
このまま魔太郎の4タテというのは見たくない。
はっ、それこそどうでもいいか。

三吉さんが出てきました。
この人は本当にいい人です(T.T)
もしや三吉さんも今回で見納めなのでしょうか。
お龍はどうでもいいが、三吉さんは残念です。
加尾とお佐那さまはとても感情移入できたのですが、3部からのヒロイン2人はチクと感情移入できんかったぜよ。
残念じゃった。
ヒロインの描き方って難しいですねん。

来週は容堂に会って大政奉還を決意させる回みたいです。
緊迫感があって見応えがありそう。
なきゃ困るのですが。
いやしかし世の中は倒幕だ攘夷だと大変な時期なのに、お元とお龍のために1回ずつ使うなといいたい。
肝心なところで外すドラマじゃ。
このスタッフは株には手を出さないほうがいいわよ。
商人にも向かないわよ。

あと2回で終わりですね。
どう締めくくるのか興味津々であります。
今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!


ここからはお詫びとなります。
ただいまご長寿 in クリスマス会の準備に忙殺されております・・・
その準備に目を使う細かな仕事がありまして、眼精疲労がひどくなっています。
そのためPCをあまりいじれなくなっております。
いろいろな方に御迷惑をお掛けし、不義理をしていますこと、
どうかお許しください(T.T)
特に拍手とコメントを頂戴している方には、お詫びの仕様もありません。
情けない限りです・・・
一段落つき次第、通常営業に戻りますので、
今少し開店休業が続くと思われますが、
どうかご寛恕くださいますようお願い申し上げます。
皆さまもどうか目は大切になさってくださいませ。
それでは・・・

あと3回で終わりだというのに、頑ななまでにマイペースを貫いていた回でした。
44回ですが、43.5回くらいでよかったのでは・・・
お元ちゃんが大変なのは十分わかるけど、日本はもっと大変なのよぅ!
と思った回でした・・・
まぁお元も蒼井優ちゃんも好きなので、どうでもいいのですが。
お元にしろ悪徳奉行にしろエゲレス側にしろ海援隊にしろ、あと一歩踏み込んで描いてほしかった。
そうしたらもっと深みのある回になったのに。
特に弥太郎は惜しい・・・
もう少し内面を描いてもいいのでは。
最初からあまり変わっていないと思うのは気のせいか。
単調すぎて飽きてくる。商人として成り上がっていく人物には見えてこない・・・
せっかく香川照之をキャスティングしているのだから、もっともっと内面が複雑な人物にしてもよかったと思う。
ラストは成り上がった弥太郎がまた出てくると思うので、その時に期待。

ところで弥太郎がグラバーからミニエー銃を仕入れていましたが、グラバーってフリーメイソンリーなんですよククク。
グラバーはイギリス人です。
そのイギリスからフリーメイソンはヨーロッパやアメリカに広まりました。
そして幕末に現れた黒船が、日本にフリーメイソンの友愛をもたらしたのでありますククク。
つまりこの龍馬伝は、日本の歴史の転換期で暗躍するフリーメイソンリーの活躍を描いているドラマでもあるのですよクックックッ。
幕末に上陸した友愛団体はブラザーを着実に増やし、幕末以来の転換期、すなわち終戦に現れたコーンパイプの男もフリーメイソンリーだったのであります。
風前の灯火であった日本のフリーメイソンリーもこれで盛り返し、鳩兄の祖父以下名だたる人物が加入。
そして現代、郵便ポストを赤くしたり、相撲を廃退させるためにモンゴル人を送り込んだりといろいろ陰謀を画策しているみたいですよ。
ちなみにこのブログのタイトルもフリーメイソンリー用語なのでした。ここにも陰謀が。

というわけでグラバーを賞賛している弥太郎のシーンを見ながら、フリーメイソンリーの陰謀が着実に張り巡らされていく様を感じ、大変奥深い感動をさせていただきました。
龍馬暗殺の黒幕にもフリーメイソンリーが関わるっているかもしれなくてよ。

パックンが出ていました。
なかなか様になっていてよかったです。
イギリス公使がCHANGEとか言っていてバラクを彷彿とさせていたので、龍馬にはぜひYES、WE CANとか答えてほしかったかもです。

そうそう、別れと旅立ちのシーン、お元がこの国に戻ってくる頃には、龍馬はもういないのだなぁと想像させるところがありましたが、あそこは切なかったですね。
最終回にもう一度お元が出てくれないかなと思います。お佐那さまのように。

あと3回とは早いですね。
来週はお龍さんとの別れみたいですが、とりあえず期待しています。
そんなこんなで今週も楽しませていただきました。
ありがとうありがとうありがとうNHK!!!!!


拍手を頂戴しております。
ありがとうございます。
明日改めて御礼をさせていただければと思います。
今日はすでに頭が使い物にならなくなっているみたいです。(思考不可能)
大変申し訳ありませんが本日はこれにてドロン。
最近つくづく使えなくなってきている・・・
年は取りたくないものぢゃ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。