FC2ブログ
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2018.10.26 *Fri*

はぁはぁ(;゚∀゚)=3

きく


け、景趣ゲト・・・

課金せず黙々と内番して遠征して戦場回りました・・・


ひとまずご報告でした。


そうそう、只今「昭和元禄落語心中」にはまっています。
原作はもとよりドラマもアニメもマーベラス。
私の人生で何度目かの落語ブームが来ている。

ではでは。ひとまず。

スポンサーサイト
category : モロモロ

2018.10.08 *Mon*

ゲット…

ひまわり


ハアッハアッハアッ・・・
やっと景趣ゲット・・・

なぜ太刀魚が必要なのかわからない(必要アイテムのひとつ)

ひまわり畑の景趣をゲットするため、本丸に入り浸っておりました。
期間限定でしたので・・・(;´д`)

そんなわけで、なかなか更新できませんでしたが、無事景趣も手に入れましたので、また書き込めればと思っております。

拍手も頂戴しております。ありがとうございます。
御礼は改めてさせて頂きます。お許しくださいませ。

しかし野菜の収穫が大変でした。
肥料使いまくりました。

立秋の景趣なので、かなり遅くに手に入れたわけですが、とりあえず満足。
大体、二週間で手に入れました。疲れた・・・

取り急ぎ、ご報告でした。

category : モロモロ

2018.09.27 *Thu*

安直な勧誘4モロ

だんだん何かがどうでもよくなってきたモロ・・・
何かとは・・・
よくわからないので、とりあえず書くモロ・・・


スコッチです。やっとスコッチまで辿り着きました。

スコッチとは、ライ、バーボンと同時期に組織にいた構成員で、ライとバーボンと一緒に行動していました。
三人ともウイスキーの名前なので、世間ではウイスキー・トリオと呼ばれています。

スコッチも潜入捜査官でした。
警視庁公安部の刑事です。
バーボンである降谷は警察庁の公安。バーボンの方が上です。

スコッチとバーボンは、実は小学校からの幼馴染で、警察学校の同期でもありました。
降谷の子供のころからのあだ名は「ゼロ」と言いまして、これもスコッチが付けました。
零がゼロのことだから、という意味らしい。
ふたりは親友同士でした。

ところが、スコッチが潜入捜査官だとバレてしまいます。
すぐに降谷へメールをし、逃亡しようとします。
そこへ真っ先に駆け付けたのがライ。
スコッチはライに飛び掛かり、ジャケット下の拳銃を奪います。
ライを銃で脅すか撃つかと思ったら、スコッチは自分の心臓に銃口を当てました。
拳銃自殺する気だったのです。

ライが冷静に声をかけて近寄り、隙をついてシリンダーを握りこみます。
スコッチに奪われた銃はリボルバーでした。

このシリンダーを握り込めば、人間の力では引金を引くことはできない、と教え、ライは、自分はFBIの赤井秀一と言い、きみと同じ潜入捜査官だ、君ひとりくらいどうにでも逃がせるから、早まるなと説得します。
ライの正体と申し出に、スコッチも落ち着きを取り戻したその瞬間。

勢いよく足音が近づいてきました。
組織の追手か、とライとスコッチに緊張が走ります。ライが足音の方向へ顔を向けた一瞬、その隙にスコッチは引金を引いてしまうのでした。

弾は心臓を撃ち抜き、スコッチは即死。
ライが近寄ると、左胸から穴の開いたスマホが出てきます。
スコッチはさまざまな情報が入っていたであろうこのスマホを処分するため、自分の心臓もろとも撃ち抜いたのでした。

足音の主が現場へ走りこんできます。
それがバーボン──降谷だったのです。
つまりスコッチは降谷の足音で自殺してしまったというわけです。
急いでいたとはいえ、足音を響かせて駆け付けたのは完全に降谷のミス。
しかし降谷はそのことにすら気づいていません。

降谷が駆け込んだ時、スコッチは壁に寄りかかって胸から大量出血、絶命しており、側にライが立っているという光景を目の当たりにします。
驚愕する降谷に、ライは「自分がスコッチを殺した」と言います。
「裏切者には死を──だろ?」

降谷は茫然としながら、冷静にスコッチの遺体を調べます。
はじめはライの言葉を真に受けていますが、遺体の状況から、自分で引金を引いたことを見抜きます。それはスマホを処分するためだったことも看破します。

ここで降谷は、ライほどの男がなぜスコッチをみすみす見殺しにした、と激しい憎しみを抱いてしまいます。
どうも降谷はライも潜入捜査官だと見破っていたようです。
つまり降谷は、ライがその気なら十分救えたかもしれないのに、故意にスコッチを見殺しにした、との結論を出してしまいます。
スコッチを殺したのは、ライだと。

ここからライへの憎悪がはじまり、ライが殺したいほど憎んでいる相手となるのでした。

ライがやはり潜入捜査官で、赤井秀一という名のFBI捜査官と知り、ますます憎しみが増したらしい。
公安にとってアメリカの組織は敵ですから。

つまり、真実は自分が原因でスコッチは自殺したのに、赤井のせいだと誤解して、一方的に憎んでいるというわけです。

赤井はこの誤解を解く気はなく、降谷に憎まれながらも、命がけで守ってやってる日々なのでした。
なぜ赤井が自らスコッチを殺したと言ったのかは、こちらも不明。

降谷は警察学校時代、同期で仲のいい友達が4人いました。
そのうちのひとりがスコッチ。降谷も含めた5人は大変仲がよく、ヤンチャばかりやっていた模様。
この5人のうち、現在生き残っているのは降谷ひとりだけでした。

降谷は赤井を憎むことによって、精神の均衡が保たれているような印象です。
親友の自殺の原因が自分だと知ったとき、降谷はどうなるのでしょうか。

スコッチは長いあいだ詳細が謎で、まずコードネームが明かされて、姿が出てきて、死の真相が明かされたまま幾星霜。
死の真相が明かされたときも名前はスコッチのまま。
それ前に、降谷の子供時代のあだ名がゼロ。このあだ名をつけたのが親友。ということが降谷によった語られていました。
そこで、スコッチと親友は同一人物ではないかと言われていたのです。ファンの大当たりでした。

そして最近なってようやくスコッチの名前は「景光(ひろみつ)」と公表されました。
しかし姓が伏せられたままで、やっとついこの間判明。
なんとずっと前から時々出ていた諸伏高明というキャラの弟だったということがわかったのでした~。

姓が伏せられていたのは兄の存在があったからで、ストーリーが進むことでスコッチの本名がわかるという、きちんとした演出が考えられていたからでありました。

諸伏高明はかなり個性的な35歳で、もちろん弟がいるという設定など出ていない。
ところが顔が似ていることから、一部のファンの間で、高明とスコッチは兄弟説が流れていたらしい。すごいです。
というわけでスコッチの本名は諸伏景光。

これがわかる過程が切なくてですね・・・
高明は長野県警の刑事で、キャラのモデルが諸葛孔明なので、かなりの変わり者ですが、大変頭の切れる人間です。
高明は「所轄の高明(こうめい)」と呼ばれていました・・・
何度かコナンたちと会って、鋭い推理を披露しています。

その高明がある日上京してきます。
ある刑事のロッカーに高明宛らしい封筒を見つけたので、確認してほしいということでした。
封筒を保管していた刑事の名前に心当たりはまったくないし、宛名も滲んでよくわからない状態です。
しかしどうやら、自分の名前が宛名になっているらしい。
封筒の裏には差出人の名前はない。
県警の同僚刑事たちが、東京の知り合いに確かめてもらえばいいじゃないかと言います。
確か警視庁に弟さんがいたのでは、と。
高明には年の離れた弟がいましたが、高校生のとき両親が事故死してしまい、弟は東京の親戚に引き取られることになりました。
その後、弟は警察官になり警視庁勤務となったものの、数年前に警察を辞めてから行方不明になっていると語ります。
今頃、どこでどうしているのやら・・・と弟の心配をする兄。
高明が上京すると、さっそく事件の巻き込まれるお約束があったものの、封筒を受け取ります。
中には穴の開いたスマホが入っていました。
高明は即座にこれが弟のスマホだとわかり、恐らく公安に移動になって潜入捜査に着き、残念ながら殉職したのだろうと見抜くのでした。
この兄の聡明さが悲しい・・・
高明は弟が他界したことで、家族全員失ったことになったのですね。この事実がまた切ないです。

スマホが入っていた封筒の裏を見ると、小さな丸が描かれてありました。
少し縦長の丸です。
高明はこの丸を、正しく「ゼロ」と識別します。
弟が東京に引き取られていったあと電話があり、「僕、友達ができたんだよ。ゼロっていうんだ。格好いいでしょう」と話していたのを思い出したのです。
ここでどうやら高明と降谷が繋がったらしい。近日中に会うのでありましょう。

封筒は降谷が送ったものですが、では誰にこのスマホが入った封筒を託したかというと、警察学校の同期で、その当時降谷のほかにただひとり生き残っていた伊達という友人でした。
伊達はこの封書を受け取ってすぐ事故死するのです。
「この封筒を諸伏高明という長野県警の刑事に渡してくれ」だったかな、封筒の表にこう書いてあるらしいのですが、字が滲んでいたのは伊達の涙だそう。
伊達もまた、スマホを見てすべてを悟ったのでありました。

伊達は刑事で、コナンのレギュラー、高木刑事の教育係だった刑事です。
いい刑事でした…。降谷のことも話していたんですよね。

そんなこんなで、只今連載は2カ月の休載に入っています。
どうも赤井と降谷の間に何かあったらしく、このふたり、和解したのではないかとささやかれています。
そろそろクライマックスが近いとのことで、連載がとても面白いので、ぜひぜひこの機会に読まれてみてはいかがでしょうか。

あと一回だけ、赤井について書きます。
赤井が明美さんに仕掛けたハニートラップが想像を絶するものなので・・・

いやー・・・しかし本当になにを書いているのでしょうか・・・
暇だな、私よ・・・

category : モロモロ

2018.09.26 *Wed*

安直な勧誘3モロ

私はいったい何をムキになって書いているのかな・・・
まあいいや。


赤井と降谷です。デュフフ


赤井が殉職しました。

その後、コナンの周辺に3人の人間が現れます。

まず私立探偵・安室透。

女子高生探偵・世羅真純。

東都大学大学院工学部博士課程の沖矢昴。

この時期、コナンたちの近くに「バーボン」という組織の人間がいるという情報がもたらされます。
そこから、上記3人がバーボン候補となっていました。
バーボンの正体がわかる過程が実にスリリングで面白かったです。

で、安室です。
彼は毛利探偵事務所が入っているビルの一階にある喫茶ポアロで起こった殺人事件で初登場しました。
私立探偵として依頼された案件がポアロでの事件と被り、コナンたちと出会います。
安室も推理を披露しますが、「眠りの小五郎」の方が勝っていました。
すっかり毛利小五郎探偵に心酔した安室は、弟子にしてほしいと頼み込み、小五郎もうっかり了承。
こうして安室は小五郎の弟子としての修業が始まり、さまざまな事件に同行することに。
そして、喫茶ポアロでアルバイトまでするのでした。

安室は超イケメンで接客も料理もなんでもこなし、あっという間にポアロの人気者に。
ポアロには榎本梓さんという同じくアルバイトの女性がいて、彼女がそれまでのポアロのアイドルだったのですが、そこに安室が加わってJKの客も増え、ポアロはいつも大人気となります。
まぁポアロはどうでもいい。

いつも爽やかな笑顔の好青年・安室ですが、だんだん怪しい行動をし始めます。
探偵事務所に忍び込んで小五郎のPCから情報を引き出したり、多少強引に事件に関わったりしてきます。
ただ推理では鋭いところを突きつつ、小五郎というかコナンに後塵を拝しますし、基本いい人です。

沖矢昴は大学院生で、突然、工藤新一の家に住みはじめます。
コナンである新一は毛利家に居候。
両親は基本アメリカ在住で、工藤邸は無人となっていました。
どうやら沖矢はコナンの知り合いらしく、住んでいた木馬荘というアパートが火事になって焼け出されたため、工藤家に間借りしているとのこと。
言葉遣いも丁寧で穏やかそうな青年ですが、夜はPC向かい、盗聴のようなことをしているっぽい?

世羅真純は新一の彼女、ご存じ蘭姉ちゃんのクラスに来た転校生。
一人称ボクで、ぱっと見、男子のボーイッシュな女子高生です。
なんと探偵で、いろいろ依頼されては事件を解決している模様。
バイクを乗り回し、意味ありげなセリフと行動を取っています。

この時、宮野夫妻の次女、志保(シェリー)は、組織から逃亡中で、逃げる際、APTX4869を服用して幼児化となり、今は灰原哀という名前の小学生となっていました。
コナンを助ける阿笠博士と一緒に暮らしています。
コナンたちと同じ小学校に通い、組織と戦うコナンの味方となっているのでした。
博士はそこらへんの事情をすべて承知しています。

哀ちゃんは幼児化する薬と、なんと一時期だけ元の姿に戻れる解毒薬も開発していました。

哀ちゃんは組織を極度に恐れており、自ら進んではあまり情報を話してはくれません。
両親のことや自分がしてきた、実は毒薬だった新薬の開発など葛藤があるみたいです。
それにかなり詳しい情報まで知っているらしいのですが、それについても今の段階では語ってはくれていません。

そんな哀ちゃんですから、組織にとっては情報を知りすぎているし、開発中の新薬も哀ちゃんというかシェリーが逃亡してから中断しているし、早いところ見つけて殺すか連れ戻すかしようとしているわけです。

そんなある日、蘭姉ちゃんの親友、鈴木財閥の令嬢である園子ちゃんがコナンたちを旅行に誘います。
オリエント急行を模した豪華列車、大人気のベルツリー急行で行く旅です。
この汽車は行先不明のミステリートレインなのでした。
もちろん哀ちゃんも乗ります。

ベルツリー急行に灰原哀が乗る。
つまりシェリーが乗る。
このことがベルモットという組織の女性にバレてしまいます。
ベルモットはシェリーが幼児化して灰原哀と名乗っていることまで知っています。
んが、なぜかその情報は組織に伏せているのでした。理由はまたまた不明。

ベルモットはシェリーがベルツリー急行に乗るとジンたちに報告。
逃げ場がない列車内でのシェリー殺害が決定。
殺害を実行するのはベルモット。
そしてもう一人が、バーボン。
ふたりはベルツリー急行に乗り込みます。

バーボンがベルツリー急行に乗るらしいとの情報はコナンにも伝わります。
奇しくもバーボンの疑いのある三人、安室、真純、沖矢のすべてがベルツリー急行に乗車することになりました。
果てしてバーボンの正体とは。
そしてベルツリー急行で度々目撃される赤井の姿。
彼は死んだはずではなかったのか・・・?

このシリーズはバーボンの正体がわかり、黒の組織も絡んで、他にも意外なキャラも出てくる、とても面白いシリーズでした。

で、ここでバーボンが安室だと判明しまして、ベルモットとふたりでシェリーを追い詰めていきます。
この後もバーボンはベルモットと組むことが多くなります。
いろいろな人物が交差して、ラストはあっと驚くトリックでコナンたちは哀ちゃんを守り抜くのでした。
列車内を徘徊していた赤井は、誰かの変装で、赤井本人ではなかった模様。(と見せかけて、実は最後に出てきた赤井だけは本物だったということが後でわかります)

コンナたちにバーボンだと正体がバレても、安室は何事もなかったようにポアロでバイトし、笑顔で接してきます。
したたかであります。
バーボンの狙いは何なのか。

バーボンの狙い。
それは──

赤井秀一でしたー! わーい(* ´ ▽ ` *)

赤井は死んだという組織の報告を、世界でただひとりだけ認めない人間。
それが安室透です。
絶対生きている筈だと信じ、生存の痕跡を探るため小五郎に近づき、ポアロでバイトしているのでした。

安室が赤井の生存を疑っていないのは、仲間の生存を信じるというものではなく、ジャン・バル・ジャンを追うジャベール警部といえばおわかりでしょうか。
罪を裁くというか、制裁を加えるために追う。
加えて、あれ程の男が簡単に死ぬはずがないとも信じています。

一緒につるむベルモットも、赤井が死ぬ時のビデオと音声をチェックしたけど、あれは間違いなく死んでいるわ、と言い切っているのに、死んでいないと確信し、あちらこちら調べていきます。

コナンは安室が切れ者だということを知っています。
わざと推理で小五郎に花を持たせていることも感づいています。
そして安室が赤井の死に疑問を持ち、探っていることに気づきます。

ここから偶然が重なり、安室のうっかりもあって、コナンは安室が公安のゼロではないかと疑い始めます。
公安は国が優先。
任務のためなら手段を選びません。
潜入捜査を成功させるために、赤井を見つけ出して組織に引き渡し、組織での地位を上げる材料にしようとしているのではないか。

赤井は、コナンのトリックで生きていました。
コナン、赤井、そしてキールが協力し、死亡を偽装して、沖矢昴という人間として正体を隠して生活していたのでした。
沖矢昴はシャアの本名、キャスバルが元ネタです~。

安室が遂にコナンのトリックに気づき、赤井は工藤邸にいる沖矢昴だと断定します。

安室は赤井を確保して組織へ引き渡すべく、バーボンではなく、本来の公安の立場で工藤邸に乗り込みます。

これらのストーリーが「緋色シリーズ」で、大傑作なのでよろしければぜひ。

安室は国家権力を使いまくり、大勢の作業班(警察庁の公安が使う実動部隊のこと。サッチョウの公安には実働部隊がないため)を引き連れ、工藤邸の外に待機させます。
そして自分ひとりで工藤邸に乗り込みます。
出迎えるのは、沖矢昴。

はたして沖矢昴は、安室と公安から逃げることができるのか──。

逃げられました。わーい。
ついでに沖矢昴と赤井が別人だという証拠も突きつけて、安室を煙に巻きました。
すべてコナンのトリックです。恐ろしい子・・・

このシリーズのラスト付近で、安室の本名が「降谷零」だとわかります。
赤井がPCで調べたら、出てきたらしい。
警察庁・・・

そして安室が、バーボン、安室透、降谷零のトリプルフェイスだということもわかったシリーズでした。
この時点でまだ降谷がコナンたちの味方なのかははっきりとせず、それがわかるのが映画「ゼロの執行人」というわけでした。

緋色シリーズで降谷と赤井が電話ではなすシーンがあります。
このとき赤井が、安室の正体だと公安のゼロである降谷零と言い当てるのです。
そう、赤井によって本名がわかったのでした。
ふたりは以前、組織に潜入していたとき、一緒に行動していました。
なので赤井は電話のとき「久しぶりだな、バーボン」と話しかけています。
それから、終わりのほうで、「彼のことは未だもすまなかったと思っている」と伝えます。
この一言で降谷は逆上します。

赤井が言った「彼」というのが、スコッチという人物のことなのでありますってようやく潜入そうさまでたどり着きました。
長かった・・・
今回はこれが限界なので、次こそは本題の潜入捜査です。
しつこくてすみませぬ。


以下は拍手御礼でございます。
いつもありがとうございます・゚・(つД`)・゚・

category : モロモロ

2018.09.23 *Sun*

安直な勧誘2モロ

欲望の赴くままに書くモロよ・・・


さて、赤井と降谷。
前回書いた通り、このふたりは同時期に組織へ潜入しています。
赤井はFBI、降谷は公安のゼロの任務として潜入しました。

赤井の場合は、父親が関係しています。
父・赤井務武(つとむ)は以前より組織の存在を知りっていたらしく、何かのトラブルに巻き込まれ失踪、その後死亡通知が来ます。
ただし遺体は見つかっていない。
この謎と、父を死へ追いやった組織と対決すべく、赤井はFBIへ入局したのでした。
なぜFBIを選んだのか、また父の死因、職業もまだ不明です。
FBIを選んだ理由はきちんとある、ことまではわかっています。
で、FBIに入局するため、イギリス国籍からアメリカ国籍へと変わったのでした。
そうそう赤井はイギリス育ちです。ゼントルメンです。

赤井の母はイギリス人と日本人のハーフで、メアリーという名の金髪の美女です。
ただ者ではない雰囲気ですが、過去はまだ不明。
組織の存在を知っており、現在追われている模様。
母も組織と何らかのトラブルがあったようで、今はコナンや灰原と同じく、体が幼児化しています。
そして娘の真純と一緒にホテルを転々として、組織に発見されないようにしています。

真純は赤井の年の離れた妹です。
真ん中に秀吉という次男がおり、赤井は弟、妹がいる三人兄弟なのでした。
降谷と灰原も守っていますが、妹もちゃんと守っていて、弟とはマメに連絡を取り合っているという、外見に似合わず、いいお兄ちゃんみたいです。
そうそう、弟の秀吉はプロの将棋棋士で、なんと七冠というふざけた設定です。

秀吉は師匠の羽田家へ養子に入っているので羽田秀吉。
真純ちゃんは母メアリーの旧姓、世羅を名乗っていて世羅真純(セイラ・マスにしたかった大人の事情)。
赤井だけ父の姓を継いで赤井秀一。
なので初めは三人が兄妹だとは気が付かなかったというナイス設定。
でもちゃんと伏線があったので、わかったとき感動ものでした。

ちなみに真純ちゃんは赤井に憧れていてJK探偵を名乗り、なんと蘭ちゃん、園子ちゃんのクラスメイトで、実は子供の頃、新一と会っているという見事な設定が組まれています。
真純ちゃんもどうやらコナンが新一だと気づいている模様。

話を戻しますと、赤井は父が原因で組織と関わり、FBIに入局したという経緯があったと。

降谷の経緯は今のところ何かあるみたいな伏線が出てきていないので、単純にゼロとして裏理事官から命じられて潜入したっぽいです。

降谷の潜入の前に、彼の過去をすこし。
殆ど謎な過去ですが、ハーフのため子供のときからイジメに遭っていました。
その子供の頃、イジメられたっぽいケガをして医院に行ったら、そこの女医さんを好きになります。初恋です。
先生もハーフでした。エレーナという名前でした。
宮野エレーナといい、日本への留学がきっかけで、日本人と結婚しました。
エレーナ先生会いたさに、わざとケガして通う降谷零くん。
エレーナ先生は零くんがハーフのためいじめられていることを察し、自分も同じハーフ、でもみんな同じ人間、いじめっ子なんかに負けないでやっつけちゃえ(意訳)と励まします。
たぶんですが、これがきっかけで降谷はクソガキになったと思います。
そう、降谷は小学校高学年あたりにはクソガキなっていました。

このエレーナ先生のいる医院は宮野医院といい、夫婦で開院していました。
ケガしたチビ降谷を宮野医院の診察室へとひっぱっていった少女がいまして、この少女が降谷とエレーナ先生を会わせたのかもしれません。まだわからない。
このときの少女が、宮野夫婦の長女、宮野明美だったのです。
同い年くらいだった模様。少し明美の方が下かな。

宮野明美は長じて、赤井に利用されて、組織に殺されるあの明美です。

この宮野家は降谷が子供の頃に引っ越します。いじめられて先生のもとへ通っていた頃です。
実はエレーナの夫がある研究をしており、黒ずくめの組織が目を付け、組織の研究所へ招聘されたのでした。
宮野夫妻が研究・開発していたのは新薬です。

新一をコナンへと変えたAPTX4869であります。

しかし夫妻は開発途中だったのかな? ある日、謎の死を遂げます。ラボが火事になったためです。
これも事故死なのか殺されたのか自死なのか不明。

薬の開発は終わったかに見えましたが、夫妻の次女、宮野志保が継ぎます。彼女は天才科学者でした。
赤井はこの志保から組織へと推薦してもらい、組織に入るという計画を立てたわけです。
繰り返しますが、この志保の姉が明美です。
明美ちゃんは子供の頃人見知りで、医院の患者さんと話すことなどありませんでしたが、母と同じハーフの降谷だけは積極的に話しかけたのでした。
降谷が大人になって、この明美との思い出を覚えているかどうかは不明。ですがたぶん覚えているばす・・・

明美は組織の末端の構成員でしたが、志保は組織内で優位な位置におり、シェリーというコードネームでした。

新一が飲まされた薬は、宮野夫妻が研究していたデータをもとに、シェリーが復元した開発中の薬です。

シェリーは両親の研究を継いで、APTX4869の開発と、他の新薬も開発していましたが、兵器にもなる薬だとは思っていなかったみたいなことを言っているので、これらの薬の目的が気になるところです。
さらにシェリーが開発していたのはAPTX4869ではなく、新薬だったとのこと。
APTX4869は何を目的とした薬だったのか、シェリーが新たに作っていた薬とは何なのか解明されるとき、組織の謎も解けるはず・・・

そして降谷の初恋、エレーナ先生ですが、このエレーナの姉が、赤井兄妹の母、メアリーなのでした。
大変面白いです。

このような背景が降谷零に関わっています。ウヒョヒョ

赤井と降谷の潜入のまえにもうひとつ。
赤井の事件、赤と黒のクラッシュというシリーズについて書いたほうがわかりやすいので、そちらをざーっと。
赤井が身バレして組織から逃亡し、FBIに戻り日本で組織の捜査をしている時の話です。
つまり最近の話。

重複になりますが、組織では幹部になるとお酒の名前から取ったコードネームが付きます。
その幹部で特にやばいヒャッハーがジン。
この人、組織のためなら何でもやる。銀の長髪、黒いコート姿と、かなり恰好いいのですが、とにかくヤバい奴です。
いつも弟分のウォッカを従えています。
ヤバい奴ではありますが、コナンの正体に気づく、あるいは気づきそうな組織の人間を片っ端から殺してくれたり、怪しい報告を簡単に信じてくれたりと、なんだかんだコナンたちをフォローしてくれる人でもあります。

そんなジンのアニキ、ジンニキ対赤井のストーリーが赤と黒のクラッシュ──かもしれない。

キールというコードネームの組織の女性がいました。
彼女は組織に潜入していたCIAでした。
表向きは女子アナの水無怜奈。本名は本堂瑛海。
父もCIAの諜報員で組織に潜入、身バレしそうになり自決しています。
そしてキールも身バレしそうになります。
この機に乗じて、身バレしてFBIに戻り、FBI捜査官として組織を追っていた赤井とFBIの面々、コナンが組織へと迫ろうとしました。
いろいろな事件が同時に起こる中、組織は事故で入院していたキールを奪還。
しかしキールのスパイ疑惑が晴れたわけではありませんでした。
「あの方」じきじきに、キールは赤井を殺せと命じられます。

キールは赤井を来葉峠(らいはとうげ。ホームズが宿敵モリアーティと争ったライヘンバッハの滝が由来)という場所へ呼び出します。
キールもCIA諜報員という正体がバレるわけにはいきません。
夜、赤井とキールは顔を合わせます。
遠くにはジンたちが監視しています。
で、赤井はキールに肺を撃ち抜かれてしまいます。
放っておけば死ぬわ、とキールは報告しますが、監視していたジンは頭を撃ってとどめを刺せと命令します。
キールは虫の息になっている赤井の頭を撃ち、証拠隠滅のため赤井が乗って来た車に爆弾を仕掛け、赤井の死体もろとも爆発炎上させます。
キールは組織へ戻ります。

赤井の遺体は激しく焼けており、辛うじて焼け残った右手から指紋照合をしたところ、赤井の指紋と合致。
こうして赤井の殉職が認められた。

という事件があったのでした。
コナンの中でも長いシリーズでアニメは全14話になりました。

降谷というか安室透が登場するのは、この後からです。
ここからふたりの話がガンガン進んでいくのでした。

いい加減長くなったので、今日はこの辺にて。
このシリーズずっとTVで見ていて、赤井が殉職したときは本当にショックでコナンを見るのをやめてしまったほどでした・・・

ではでは、また改めて。

category : モロモロ

Recent Entry

Category

くろこさん

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Thank you

Profile

いいじま

  • Author:いいじま
  • 地震に遭ったら、まずPSとPS2のメモリーカードとPS3を持って逃げようと思っている。FF7がリメイクされたらPS4を買う予定。相変わらずゲームをやるために生きている。

ブログ内検索

RSSフィード

Link

Copyright © The Holy of Holies All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)